「ちゃっかりマインド」を持つと成功する。

皆さん、こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

今日は、私が最近まじめに取り組んでいる、
ちょっと変わった「努力」を、
ご披露しますね。

私が最近、心がけている「努力」は、
ちゃっかりマインド
を持つということです。

私にとって、これは、
努力なくして、
持てないものだったのです。

なぜなら本当につい最近まで、
ちゃっかりした人」が
嫌でたまらなかったからです。

情勢を見て、
人に対する態度を変える風見鶏、

言うことをコロコロ変える政治家、

「しらす(小)」を
「くじら(巨大)」みたいに表現する、
何か売ろうとする人、

人のまねっこばっかりする人、

人のものをパクる人、

人からアイデアを取る人、

頭脳犯、策略家、

会社でも社会でも、
人間関係の政治で、
何か策を練る人、

勘違いしてるんじゃないか、
そんな風に思えるような、
いい気になっている人、

こういうタイプが、
受け入れられませんでした。

こういうタイプの
ちゃっかりしてる」という言葉に
あてはまる要素が、嫌だったのです。

「こんなにずるい人、
全くもって許せないよ。」

「なんとお下品な精神性なんだ。」

このように考えていました。

私は、一度自分が言ったことは、
一本筋を通して絶対に曲げないで、

損得勘定抜きで、
正しいことをするのが
苦しくても大事なことだと
長年、信じていました。

それは、まるで、
とらえ方によっては、
武士のような気持ちでした。

ですが・・・

なんとなく、
この考え方ではいけないな、と
思ってきたのは、つい最近です。

周りを見渡してみたときに、
ちゃっかりしている人」が
上手くいっているケースが
やけに多かったからです。

そういう視点で見ていると、
なるほど、と思うことも出てきて、
一歩ずつ、
受け入れられる方向に
動いてきました。

それでも、やはり、
長年、嫌いだと思っていた事なので、
また、元の考えに戻ってしまうことも
ありました。

99999999999999999

それが変わったのは、実は
とても些細な一場面がきっかけです。

ある私の尊敬する男の方が、
若い人に「はい。」と
気持ちよく答えていたのを見たとき、
「頑張っているなあ。」と
とても思ったのです。

意地をはったりしないで、
そうやって、
頑張ってちゃっかりしているところが
とっても素敵に見えて、
こだわりなく上手くいつでもやっていく、
いつでも運を手に入れていく素質なんだ、
そんな風に私は感じました。

その瞬間、
頑張ってちゃっかりしている」ことが、
急に受け入れられるようになってきました。

私が今まである意味、武士のように
考えて行動していたこと。
それは裏を返すと、
柔軟性を欠いた、
自分勝手な狭い考え方であること、
それに気が付きました。

どんな人も受け入れる気持ちがないから
利害関係で損をしてでも、
ちゃっかりしながら人と話すなんて
絶対できないと思っていたのです。

ちゃっかり
それまでと違う考えや行動をとることを、
自分に許し、
ちゃっかりマインドの他の人も
受け入れ始めていたら、
無理をしなくても、
ちゃっかりした人
嫌でなくなりました。

人のいいところが見えるようになって
人と一緒にいるのも好きになってきました。

ちゃっかりしていい、という設定に
シフトチェンジしたので、
人の目や評価を気にしすぎずに、
自分でやった方がいいことは
やるように変わってきました。

 

ちゃっかりマインド」は、

私を寛容にして、
自分自身も他の人々も、
許したり受け入れたりする心を
もたらしてくれました。

あなた様がするべき努力は、
何ですか?

私のように、
変わった「努力」が
必要な場合もあるかもしれませんね。

私のこの「少し変わった努力」は、
とても大きな成果をあげました。


↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA