「コンプライアンス」という言葉の魔法

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

私は、コンプライアンスという言葉が

流行ってから、

日本に勢いがなくなったと感じているのです。

 

無題

コンプライアンスという言葉は、

とても便利だな、と、

痛感することが多いです。

 

法令遵守はもちろん、

国としても、企業としても、大事な部分です。

 

ただ、それが、本来の意味と違って、

怠けて何もしたくない人々に、

大変に都合よく使われている場面が多すぎる、

そんな風に、皆さまは、感じられたことは

ないでしょうか?????

 

 

例えば、ちょっと新しいことをするときに、

「それはコンプライアンス上、問題があるのでできない」

という発言があります。

 

でも、実際は、単に、新しい壁を乗り越える、

工夫と努力、やる気、がないだけの時も

多くはないでしょうか??

ですが、

「コンプライアンス」という魔法の言葉を散りばめると、

障害を乗り越える手間をかけたくないという、

単なる「現状維持」、「怠惰」を、

隠すことができます。

 

 

「怠惰」を隠して、努力をしなくていいどころか、

隠してから、

その人を知的に見せることさえもできてしまう、

とってもとっても便利な

魔法の言葉「コンプライアンス」。

 

 

法令は、既存の事例や、

予測し得る事柄に対してできているので、

新しいことに関しては、

出来上がっていないことがあります。

 

ですので、そこだけにフォーカスしていくと

新しいことに踏み出すことは、

人の解釈によっては、

すべてに渡り、NGになりますね。

 

「コンプライアンス」、

こういう意味が本当はわかっていない

英単語に振り回されている日本。

 

この言葉は、どこか、

欧米の「とってもSuper頭のいい人」が、

日本人のやる気をそぐ為に

日本に解き放った、

ブラックマーケティングだったりして~!

なんて考え始めたら、

オカルトみたいになってきました。

 

ちょっと、そこまでは、

考えすぎですね(笑)。

冗談でございます。

 

でも、こういう便利な言葉は多いですよね。

チームワークが大事、という人に限って、

チームにぶら下がっている場合も多いですね。(汗)

 

8:2の法則で、2割しか通常働かないです。

よく働く方の2割の方は、

チームワークが大事というフレーズは

あまり使わないですね。

 

なぜか、

働かない残り8割の人が、

よくこの言葉を声高に使っていたりします。

 

自分は働かずして、

まるで、協調性を重んじているかのように

見せることができる魔法の言葉、

「チームワーク」。

 

「チームワークが大事です」と連呼する、

「働かない人達」は、「働く人」におんぶされながら、

こよなく、この魔法の言葉を愛するでしょう。

 

 

こういう風に、

いつもいつもいつもいつも、

弱さを武器にした人が一番強くなる。

怠けたもの勝ちに、してしまう。

それどころか、

強くて努力した人は、悪者になる。

 

お金持ちが全員、

日本から脱出しちゃう理由が、

とってもわかる気がします。

 

私はお仕事柄、いわゆる成功者の方々と

お付き合いさせていただくことも多いですが、

本当に皆さま、忍耐強く行動しています。

その方々の周りだけ、物事がスムーズに

流れているわけでは全然ないです。

 

成功者と言われる方々が、

いつもいい時ばっかりで、何をやっても

自動的に上手くいくと感じているかもしれませんが、

全然、そんなことはなくて、

問題もたくさん起きるけれど、

それを言い訳しないで乗り越えています。

 

 

さて、東南アジアも、

経済成長して、安定してくると同時に、

様々な法令・規制が増えてくると思います。

円安のこともありますので、進出するときの

費用や手間が、日に日に増えてくるかと思います。

 

ゲリラ的に攻められる期間は、

残りわずかかもしれません。

海外進出をする際には、

スピードを持って、スムーズに

走りながら修正していくのが

コツかもしれませんね。

 

 

アジア進出の際のサポート全般を

させて頂いております。

お気軽にご相談下さいませね。

↓ ↓ ↓

ご相談内容

 

 

 

最後に、

海外でコンプライアンス以上に大事なのが、

危機管理ですね。

 

この国が熱い!と思っていても、

それは、様々なことも起こりますし、

言葉の関係もあって、

危機を察知するのが遅れる場合も

ありますね。

 

あなた様は、勘がいいですか?

なんだか、最近、

この国のこの会社のメール、

ちょっと言い訳がましいかんじだけど

大丈夫かな、どうだろう?

 

こんな風にアンテナをはっているのも

大事だと思います。

 

ネット検索をしても、

怪しいニュースはまだ出ていないな、

でも、なんか感じるんだよな~、なんて

思ったことはないですか?

 

何かが起こった時に、

「それが外国に進出する時のリスクですので。」

なんて、言葉ひとつで終わってしまうことが

あります。

 

誰もわざわざ、リスクを教えて

くれないかもしれないのですので、

なるべく、自分で考えて感じることが

大事ですね。

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA