もうひと花?

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

シンガポールの地下鉄の優先席は、
すべてのシートの端っこ2席なんです。

photo (8)

そう、あの、みんなが好んで
座りたがるあの端っこのところ。

そうすると1両に、20席近くを確保でき、
お年寄りが車両の隅の優先席まで歩かなくていいですし、
他の人に特に負担もなく効率的だと思いませんか?

なんでも効率的なシンガポールらしいと思いました。

 

 

さて、

アジア各国の平均寿命と定年の年齢は
下記のとおりです。

国名    平均寿命  定年

日本     83.7      60(~65)
シンガポール  83.1    62(~65)
韓国     82.3    60
ベトナム     76.0    60
マレーシア    75.0    60
タイ       74.9    60
インドネシア     69.1    50~58
フィリピン    68.5    60
インド       68.3    56~60

 

そういうわけで、
自分がだいたい
経済活動のどの辺まで来てしまったか、
生命活動のどの辺まできてしまったか、
一瞬だけ考えてみました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

その人の生涯の表舞台となる年代というのは、
女の人の場合は20代~30代であって、
40を過ぎたらそれはおまけのように感じてしまう傾向も
日本ではありがちですね。
男の人は60歳くらいまでで、
あとはおまけみたいに。

2,30年をおまけでは生きたくない、
いつまでもお花を咲かせる。

みっともなくない花の咲かせ方を模索する。

 

白い菊もこんなに渋くてきれいだ。

(@フォーシーズンズホテル、ジャカルタ)

DSC_2758

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA