シンガポールの銀行口座のオンライン操作

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

88888888888888888888888888

シンガポールの銀行口座で

自動引落し設定を

オンライン上でする場合の

説明動画を添付致しました。

(この投稿の最終尾)

88888888888888888888888888

88888888888888888888888888

 

先日、日本年金機構の情報漏洩が

問題になっていましたね。

国民総番号制度になったら、

こういった情報漏洩が起きた時、

すべての情報が漏れてしまうのではないか、

という議論も、そこでまた起こっていました。

 

 

私は、シンガポールに10年以上住んでいましたが、

シンガポールはすべて番号制で、

何をするにも番号制。

 

オフィスビルに入るのも、

友達のコンドミニアムに入るのも、

銀行口座作るのも、

免許取得するのも、

税金払うのも、

料理教室に入るのも、

家の賃貸契約するのも、

不動産を買うのも、

自動車(所有権利)買うのも、

病院行くのも、

薬を買うのも、

何から何まで番号が必要。

 

もちろんみんな自分のID番号は

名前と同じくらい暗記しています。

 

それこそ、何から何まで、

IDは、書きまくり、入力しまくります。

 

よく日本で議論が出る、

「どこまで番号に紐づけすべきか?」

「情報漏洩の時に、その個人の情報がどこまで

でるのか?」

「資産状況・病歴などどこまで」

等の憂慮をする「発想」すら出ないほどの、

ID命!!

国民総番号制です。

 

感想ですか?

 

なんだか、整理されてて非常に便利でした!!

何をするにも、

問い合わせをするにも、

ネットでE TAX (イータックス、オンラインで支払い)するのも、

なんでも、とりあえずIDを言えば、

システムで情報がささっと出てきて、

非常に便利に感じました。

 

ここに、<恐怖>ではなく、

<便利さ・効率性>を感じる私は、

根っから、愚民教育をされた証拠でしょうか?

 

やはり、シンガポールの

「明るいプチ社会主義」に染まったのでしょうか。

 

それとも・・・

 

支配されることに疑問を感じない、

根っからのサラリーマンなのでしょうか??

 

さて・・・

 

私は今後は、支配されて生きるのは

嫌です。

 

でも、番号制であっても、なくても、

国家権力には、支配されるときは、

支配されますよ。

 

「番号」をつけられるかどうか、

そんなことじゃなくて、

「目」を付けられるかどうか、

そう思います。

 

 

ホリエモン騒動の時に、

強く感じました。

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA