シンガポールPR(永住権)取得のメリット・デメリット

皆さま、こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

シンガポールで、PR (Permanent Resident、永住権)を持つ

メリットデメリットは何でしょうか?

簡単にまとめてみます。

 

 【メリット】88888888888888888

■ シンガポールで格段に職を得るチャンスが増える

シンガポールでは、企業が外国人を雇用する際に、

Quata(クォ-タ)と呼ばれる割合限度を守らないといけないです。

シンガポール人の雇用を守るために

敷かれているルールです。

 

それについては、こちらで解説させていただいております。

→ 雇用可能な外国国籍スタッフ数

 

このように厳しく管理されているので、

外国人の場合は、

その就職希望者の能力に関係なく、

企業側のQuotaの事情で、

雇えない場合もあります。

 

PRの場合はQuotaを気にすることがないので

歓迎されます。

 

 

■ CPFというシンガポールの年金制度に入ることができる

CPFというのは、

シンガポール政府が、毎月

CPF加入者と企業から払われるお金を回して、

投資して増やし、

その加入者たちの年金を支払うという、

とてもよくできた制度です。

リタイヤ前に、家を買う時や、医療費が必要な時、

子供の教育のために必要な時、など

この自分のCPF口座から支払うことができます。

 

働いている間、毎月、

 

お給料の20%がCPFへ差し引かれ入金されます。

それに加えて!

お給料の金額の17%が、

会社からCPFに払われます。

 

例)

お給料が5,000シンガポールドルだとします。

5000ドルX20%=1000シンガポールドルが

自分のお給料から引かれて、

CPF口座に入金され、さらに

5000SドルX17%=850シンガポールドルが

会社が上乗せして、CPFに払ってくれます。

1か月に、つまり1,850シンガポールドルが

貯まっていきます。

 

つまり、毎月毎月、お給料の37%が

自分のCPF口座に貯まっていくのです。

 

これは、すぐお金を使ってしまう人には、

とてもよくできたスキームです。

将来のための貯金に向けて、

強い意志を持たなくても、

個人の意思にかかわらず、

強制的に貯金させられている感覚です。

 

5,000シンガポールを円換算したら、

425,000円です。

425,000円のお給料の人が、

毎月157,200円をきっかり貯金している

という意味です。

 

注)

CPFのルールは、時によって、どんどん

変化します。

以前は外国人も強制的に入らなければ

いけない時期もありました。

CPF利率が年利8%の、いい時代もありました。

この利率は、3か月ごとに変化しまして、

2015年12月現在では、

年利3.5%にまで下がっています。

 

■ HDB(公団)を買うことができる

シンガポール人の多くが、

HDBという公団に住んでいます。

 

(HDB外観画像↓)

HDB

 

PRが購入できるのは、

新築ではなく中古のHDB物件です。

HDBが投資目的によって、

その価格が高騰しすぎないようにと、

居住ルールや、賃貸ルールが

敷かれています。

そのルール内で、

賃貸に出すことも可能です。

 

■ 税金面での優遇

EP(就労パス)などの他のビザと比べて、

低い税率になります。

 

 【デメリット】88888888888888888

 

■ 申請の手間

政府が年間あたり許可するPRの数は、

決まっています。

それ以上の申請者が多くいるため、

取得までに2~3年かかることがあります。

どういった条件を見られるかというと、

* 年齢

(若い方がいい。

国に貢献する可能性が高いので)、

* 個人の能力、資質

* 仕事の業種、

* シンガポール滞在年数

(お給料が8,000Sドル以上のP1ビザ所持者も、

2年以上滞在してから

申請した方が、望ましい、

それ以外の場合は、

4年以上滞在してから申請した方が

望ましい。

PEPという18,000ドル以上の

月額所得のある特別なビザの場合は

6か月の滞在後でも取得しやすい。)

などや、シンガポール人の親戚がいるか、

寄付や推薦状など、が考慮されます。

 

それから・・・最後に・・・

 

■ 徴兵制の義務!

無題

PRを取得すると、男性の場合、

年間40日のナショナルサービスという

徴兵訓練に従事しないといけないです。

(投資家用の長期滞在スキームの場合は

免除など、例外はあり)

 

PRをとったご本人の息子さんも、

同じくPRを取得した場合、

2年以上の徴兵制度に従事しないといけないです。

 

 

それを放棄すると、

その後、シンガポールで働くことが

できなくなります。

 

 

以上が、シンガポールのPR取得の

メリット・デメリットの概略です。

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA