マリーナベイサンズホテルで

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

シンガポールというと、

「マリーナベイサンズ!泊まりたい!」

という方々がとても多いですね。

ダウンロード

 

 

このように3つのタワーがあり、

ホテルの客室となっていて、

57階の屋上の船の部分が

プールとバーラウンジとレストランです。

地下からショッピングモールにつながって

カジノにもつながっています。

地下鉄のBayfront駅にも直結しています。

 

ロビーは、いつ行っても、大変な混雑。

観光客のお客様でとても混雑しています。

タワー1,2側のロビーカウンターでも、

タワー3側のロビーカウンターでも、

チェックインできます。

 

中国からの観光客の方が特に多く、

活気に溢れています。

 

タクシーでマリーナベイサンズに行くときには、

運転手さんが、

「Which side?」と聞くので、

「Hotel side Tower 3 entrance」

ですとか「Casino side」

「Convention entrance」など、

目的を言って、正しい入り口に

つけてもらってくださいませ。

 

お部屋の感じは、

皆さまは、どうお感じになりましたか?

 

建設当初から、

ホテル敷地を埋め立てするのに

大幅に予算オーバーしてしまい、

その分、内装にかけるはずの予算を、

カットしなくてはいけなかった、

という話は、よく話題になっていました。

 

それは、そうかもしれない。

お部屋はいたって普通で

上の方のフロアのわりには

バスタブがなくてシャワーだけでした。

シャワーもシャワーヘッドが動かないタイプの

天井に固定されたものでした。

 

 

ですが、

4313号室からのベイの景色は、

そんなことをすっかりカバーして

素敵な空間にしてくれます。

夜は、隣接するガーデンズのライトアップが、

とても幻想的です。

 

 

57階のプールは、大大大人気で、

ビーチチェアは満杯です。

朝の6時~夜11時までオープンしています。

それ以外の時間は、

プールには浸かれませんが、

宿泊客はプールエリアには

行くことができます。

人も少なく夜景も美しく、

もしもカップルで行かれるときには

おすすめですね。

 

マリーナベイサンズのショッピングエリアは、

このような人口の川が流れてクルーズできたり、

カジノエリアのバブリーな雰囲気です。

 

入っているお店も、通常のブランド以上の、

数千万の時計、数百万の洋服が並ぶエリアもあり、

歩くのが楽しいです。

 

ヴィトンはアジアで一番敷地面積の大きい店舗を

出しています。

 

S$9,500(約79万円)のヴィトンのワンピを

試着だけしておいたのであります。

DSC_0079

 

 

隣のガーデンズには、建築物フェチであれば、

どうしても気になるオブジェがたくさんあります。

 

DSC_0377

 

ガーデンズからスカイフライヤーを眺めると、

大好きな風景が広がりました。

 

自分が10年住んだマンションが

スカイフライヤーの向こうに見えました。

DSC_0367

このベイの景色を、反対側の27階から

毎日見ていました。

日曜日にゴールデンリトリバーのストームと一緒に

開発前の人のいない海辺に行って、

私が1日本を読んで、

ストームは沖の方までどんどんと泳いで

はしゃいでいたな、と。

 

過去をやや懐かしく思ったりすると

老化する一方なので、

センチメンタルを遮断しました。

 

 

 

88888888888888888888888888

さて、では、ちょっと現実的な

旅行費用の話。

マリーナベイサンズでは、

朝食も一人68シンガポールドル(5700円)です。

 

今回の旅行でいくらかかるか、

計算してみましょうか?

88888888888888888888888888

 

マリーナベイサンズ宿泊

ツインの場合、一人あたり、

43,000円×3泊=129,000円
朝食 S$68×3回=S$204≒17,000円
ハイティー1回 S$55≒4,600円
スーパーフライヤー(観覧車)乗車 S$33≒2,740円

マリーナベイサンズで、

ディナー1回  S$80≒6,640円

ランチ 1回 S$80≒6,640円
ガーデンズの入場チケットS$ 28≒2,330円
空港送迎代 S$30×2回=S$60≒4,980円

合計 173,930円 (飛行機代は別で宿泊関連で)

88888888888888888888888888

 

 

私の入っている世界旅行クラブでは、

この173,930円の費用のはずのものが、

今回は、約55,000円でした。

88888888888888888888888

173,930円でも、一人で行くなら

「まあいいか、それくらいはするよね」

と思えると思います。

でも多くの皆さまは、

旅はやっぱりご家族や、

大事な方と一緒に行きたいと

思われると思います。

その場合は、費用は2倍、3倍です。

 

 

そうすると、

一人当たりの差額、

この場合で言えば、

一人あたり約12万円の差額は

とても大きいですね。

世界を舞台に遊ぶ方法

無題4

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA