マレーシアのタクシーでクレジットカードが使えない本当の理由は?

皆さま こんにちは。東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

今では、たくさんの皆さまが、アジアにはすっかり行き慣れて

この国のタクシーはキレイ、この国は、車がボロボロ、など

様々な、「ご自身の」ご感想をお持ちだと思います。

マレーシアのタクシーはいかがでしたか?

 

シンガポールは、車も新しくて、クレジットカードや

NETS(ネッツと呼んでいる銀行口座につながったデビットカード)

等はもちろんスイスイ使い放題ですね。

 

マレーシアでは、「Can I Pay by credit card?」と聞くと、

運転手さんが、「Oh No No Only Cash!」現金だけ!と

言う運転手さんがとても多くはありませんでしたか?

それで、その後、

「My Machine (is) Spoiled!!」

(クレカの機械壊れてるんだ!!)と

必ず言うんですよ。(笑)

それで、クレジット端末機が、車体につないでないのを

見せるのです。

それ、つなげたら、通信つながると思うんだけど・・・・。

 

本当に壊れているケースもあるけれど、

あれ、本当は壊れていないと思います。

ただ、抜いているだけだと思います。

たぶん、会社から、クレカもお客様の利便性の為に

お受けするように、と言われているので、

運転手さんも、NOとただ断れるわけにはいかないので、

「端末壊れてるから~」と言うのだと思うのです。

 

みんな現金でほしいのです。

マレーシアの場合は、タクシーを時間で、股貸ししていることが

多くて、タクシーを持っているフルタイムの運転手さんと、

タクシーを時間で借りて、パートタイムで運転手をしている方が

います。

パートタイムタクシードライバーさんは、フルタイムの方に、

時間分の車借り代をその日に現金で払って、働きます。

 

ですので、その日稼いだお金の中から、車代を払いたいので、

クレジットカード決済だと、収入が翌月になってしまうので、

そうすると自分のポケットから、車借り代を先出しする事になります。

それが嫌で、クレジット端末を、車から抜いて、

「端末が壊れている~。」と言い訳する、

こういう構造になっているようです。

 

2014年はマレーシアは、世界に向けて「VISIT MALAYSIA」という

打ち出しをして、マレーシア観光年としていました。

マレーシア観光局も、羽田や成田に大きな看板を、出していましたね。

 

観光誘致の時には、必ず、タクシーのことは、

どの国でも問題になりますね。

マレーシアのタクシー会社が、

クレジットカードを設置して使えるようにしたり、

クレカ支払いを受け入れるようにと、従業員に

指示するだけだと、実際はこのように、

運転手さんが受け取り拒否をしていたりするので、

この辺の問題も、いろいろな人の立場にたって、

それとセットで制度を変更していかないと

実際に稼働させるには、浸透しにくいようですね。

 

ところで、ちょうど昨日、テレビで、

日本人の現金主義を、外国人の方が

不便だ、と言っていました。

なんでこんなに先進国なのに、クレジットカードを

使えないお店だらけなんだ!?との意見が多いです。

イギリスでは、決済の50%以上が、クレジットカード、

アメリカでも、50%弱、

日本では、11%と出ていました。

 

「いつもニコニコ現金払い。」 これには、

きっと、とても深い意味がある言葉なのでしょう。

 

でも、私達も、外国に行ったとき、現金が使えないと

本当に焦るとき多くありませんか?

 

もしかしたら、私達も、外国の方に、不便な思いを

させているのかもしれないですね。

 

逆に、観光名所のお土産屋さんで、

大きく「CREDIT CARD OK!!」

【We Accept Credit Card】 と書いて

【VISA, MASTER, AMEX, DINERS、CITIBANK】など

使えるものをダダだ!っと、書き連ねるこの一つの工夫だけで

急に、外国人のお客様の人数や、お買い物単価が、

上がったりするかも!

ほんとですよ^^
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA