世に慣れる、人に馴れる。

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

人が一生のうちにどれくらいの人数の人に会えるのか?

何らかの接点を持つ人が3万人
そのうち近い関係(学校、職場、居住エリアが共通)の人が3000人。
その中で会話を持つのが300人。
友人と呼べるのが30人。
親友と呼べるのが3人。

とのことです。

 

平均だろうといわれている値で、

一生に3万人に出会うわけです。

 

すでに、もう充分に多くの人々に会い、

多種多様な人物像を見た、と

思っていらっしゃる方々も多いと思います。

 

でも、もっともっとさらに多くの人々に、

もまれることが、

まさしくさらに成長できるきっかけになります。

 

「成功者と会いましょう。」

それから、

「他人よりも自分にフォーカスしましょう。」

これはもちろん一理あり、の正論です。

 

ただ、それだけではなく、

多種多様の人物に会ってこそ、

気づく点が多くなるということがあると思います。

 

例えば、自分の性格をデフォルメしたような人に会うと、

共感する部分もありながら、

初めて、自分の悪いところに気が付きます。

「ああ、私にもこういう面あるな、

なおさなくてはいけないな。」

と、ハッとする気づきがあります。

こういう場合、そう感じさせてくれる相手は

観音様です。

 

非の打ちどころのない偉人だけを見ていると、

気が付かなかったであろう気づきがあります。

 

「こんなに○○なのに、こんなに○○だ。さすがだ。」、

OR

「こんなに○○なのに、こんなに○○だ。ちょっとやだな。」

こう言った気づきが、

日々簡単に得られて

それは自分が行動する上でのモチベーションになります。

 

人間関係は、それを口にするかしないか、

それは別として、

ちょっとしたアンハッピーのもとになっていることが

一生を通じてあると思います。

 

ただ、それを「全然大した問題じゃないよね。」と

強がりではなく、本気で心から思えて、

自然に相手を受け入れられるようになるには

多種多様の人物と出会うことによって

得られます。

 

その人を、その「個人」として、

感情的にとらえるというよりも

キャラクターのサンプル例としてとらえると

学び取れるものがあると思います。

 

888888888888888888888888

海外で言葉がわからないと

疑心暗鬼になる場合が多いですが、

それまでたくさんの人物と出会っていると、

その方がどんな方か、

早い段階でよくわかることも多いです。

 

海外で、愛想のいいニコニコした、

口数の多い人に、

(これはキャラクターの単なるたとえですが)

結局お金を不当にとられて、

気づかない方が多いです。

 

言葉のせいもあってか、

善意でやっている人を無駄に疑ってみたり、

その逆で、

怪しさ満面の笑顔と調子のいい人に、

すっかりやられて、

きっちり抜かれていたりします。

 

 

多種多様の人物に出会い、

いろいろ感じて学びながら世間で揉まれ、

世馴れてくると、

言葉がわからなくても

感じるものは多くなっていくと思います。

 

ここで言うところの「世慣れる」、という言葉は、

俗世間にまみれて、

「すれる」ということではなく、

俗世間に馴れて賢くなるということ。

 

私たちは俗世間に身を置いています。

 

魂の浄化を目指しながらも、

俗世間に飲みこまれない打たれ強さ、

熟練技、スルー技なども必要です。

 

 

それにしても、

一生でかかわりをもつ人の数は、

約3万人。

 

3万人の5000倍が1億5千万人。

この人数を、あなた様の目の前に

もってくる仕組みがあります。

→ 1億4千万の仕組み

 

人間が一生のうちに、

かかわりを持つ人の数の、

その5000倍もの人数を

目の前に持ってくる仕組みです。

作ったのは、業界全体が支持する重鎮です。

→ パンダなる仕組み

 

 

億という「単位」を手に入れたい、

億、億、億、億、億。

一桁の万でなくて億という単位を

手に入れたいのです。

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA