恐ろしい!『2億4千万の瞳』 にまつわるお話

(2015年3月22日初公開記事)

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

昨日、日本の人口のことを考えているときに、

ふと、郷ひろみを思い出しました。

皆さんは、郷ひろみの『2億4千万の瞳』という曲、ご存知ですか?

「億千万、おーくせんまんの~胸騒ぎ~」

「エキゾティック~、エキゾティック! ジャペーン!!」

というアレです。

あの曲は、1984年の2月にリリースされた曲です。

今から31年前です。JRがまだ国鉄だった頃。

国鉄の、国内鉄道旅行促進のCMとタイアップして、

時の売れっ子作詞家である、売野雅勇が作詞した曲です。

2億4千万の瞳って、とても印象的なタイトル。

人口が1億2千万だから2億4千万の瞳になる訳ですよね。

さて、これが31年前。  あれ??? そういえば、

今、31年もたって、日本の人口が、未だ、

1億2千万人台。なんてことだ!!

 

対して、シンガポールは、1984年の人口は、273万人

2014年は547万人と、ちょうどぴったりほぼ倍になっています。

無題8

 

マレーシアはどうでしょう? 倍増です。

1984年は、1,533万人→2014年が、3,046万人

フィリピンはどうでしょう? 倍増です。

1984年は、5,335万人→2014年が、9,943万人

インドネシアは、もともと多いところにさらに、1億人増えて、

1億5,950万人→2億5,149万人

ベトナム 5,857万人→9,063万人 と、ほぼ倍増

タイ 5,058万人→6,855万人

東南アジアが成長期で当たり前、ですね。

 

先進国のアメリカは、どうでしょう?

2億3,631万人→3億1,852万人

中国が、

10億4,357万人→13億6,752万人

インド

7億4,300万人→12億5,970万人

 

 

日本の

1億2千万人→今も1億2千万人。

 

これは、1955年10月生まれの郷ひろみが、

1984年(29歳)→今年60歳なのに、まったく

外見に変化がないのと同様レベルの、

非常にレアなパターンです。

 

不変のもの。

30年間変わらない顔と身体の郷ひろみが、

30年間変わらない日本の人口「2億4千万の瞳」を歌っている!!

 

なんというミステリーなんだ。

 

私は、アンチエイジングに対しての、女性個人としての希望と、

少子高齢化に対しての国家規模の不安が入り混じって、

なんとも不可解な気分になった。

 

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA