英語の短縮語とギャル語

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

皆さまはSMS(ショートメッセージサービス)を

お使いになっていますか?

SNSではなくて、SMSの方です。

電話番号で、直接メールできるので

LINEのように、

相手がアプリをインスト-ルしているかどうか

心配する必要もないです。

無料です。

文字数が、全角で70文字、

英数字で160文字までと決まっているので

必要事項だけ送ることができて、

お忙しいビジネスマンの方には、

「○月○日の件、○時で場所はここでOKでしょうか?」

のように短文で聞いて、

「いいですよ」と返答をいただいて用件が済み、

私はとても好きなツールです。

 

海外でも多用されています。

配信費用が安いので、航空会社の予約確認メールなどなど、

企業がSMS配信するのは当たり前です。

このSMSの160文字の中に、すべての必要情報を入れたいので、

文章中に、たくさんの短縮語を多用します。

 

企業のSMS以外にも、もちろん個人同士でも、

スマホが普及する前の携帯の頃から、

メッセージを打ち込むのが面倒なので、

どんどんと短縮ワードが普及したようです。

では、皆さまもおなじみのものも多いかと思いますが、

思いつくものを列挙してまいります。

このように使ったりします。

◆ ur flt is confrmed. (Your flight is confirmed.)

フライト予約確認できました。

◆ U  r rite.  (You are right.)

その通りです。

◆ Whr2eat 2nite?  (Where to eat tonight?)

今日ご飯どこで食べますか?

◆ Tmrrw, u pk me up@htl, pls.   (Tomorrow will you pick me up at the hotel, please?)

明日、ホテルにお迎えお願いします。

◆ Luv  (Love)

ラブ

◆ wil b a bit late coz jammed.   (I will be a bit late because it is jammed.)

交通渋滞の為、少々遅れます。

◆ infm u abt it. ( I will inform you about it.)

その件について報告します。

書くとキリがないです。

誰が決めたわけでもなく、

慣習でできあがっていくので

Pleaseをplsと書く人もplzと書く人もいます。

どっちが正しいなど、言語学にやけに

向きになることはしないで、

楽しく便利に使ってみていいと思います。

SMSを送る側になってみると、160文字の中に、

企業情報やプロモ情報も入れたくなり、

なんとか、わかりやすい短縮はないか考えたりします。

Up2,30%OFF (最大30%オフまで)と書くだけで

もう10文字も使ってしまいます。

みんながわかれば、短縮語を作っていいのです。

伝えること(伝わること)が、

ビジネスで重要なのだから。

 

さて、ギャル語は英語版もなかなか面白いですよ。

たとえば、

Gud mooorrnin’   I don’t wan werk……………………..

(Good morning, I do not want to work.)

 

WorkをWerkと書くだけで、発音が少し変わったニュアンスで

けだるく、とてもめんどくさくて、怠惰で、働きたくない様子 が、

とても上手に表現されていると、思いませんか?

 

どの時代も、どの国も、若い人の感受性というのは、

怠惰さえをベースにしてまでも、

とても鋭くて、おもしろいです。

センスがいい!!

こんな文章を自分のスタッフのFacebookに発見した時に

憂慮しなくてはいけないのかもしれませんが、

スタッフの、言葉のチョイスのセンスの良さなどに、

笑ってしまったりしました。

 

日本でも、ギャルたちが、

「エイトプリンスで、まったりしよ」というのが、

なんと八王子(8・王子)のことだったと気づいたとき

そのセンスの良さに感嘆し、爆笑しました。

 

どんな英単語のショートフォームも、

日本で昨今、流行っている 「りょ」

(了解の略)には、かないません。

 

日本人、やっぱり、その辺のセンス、

サイコ-にさえてます。

 
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA