言葉の短さと仕事の速さ

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

シンガポール人に、何か聞いたときに

「Can」 と一言だけいうのに、おかしさを感じた方は

多いと思います。

ニュアンスも言い方でいろいろあるんですよね。

 

「キャン↑」 っと、短く軽くいう時は、

「OK」 「いいよ」「やっとくよ」

というニュアンスでしょうか。

 

「きゃああああああ~~~ん!!」という時もありますね。

「もちろん、できちゃうよ~~~!!自信満々!」

「できるよおおお! まかせてよぉ~~~!!」

「やっちゃうよおお!」 というニュアンスです。

 

キャンの一言だけで、こんなにもポジティブ。

 

女の子を口説いている男の子も面白いですよ。

「Can I go to your place tonight? Can ?

Can? Can? Can? Can? Can? ・・・・・・・・・」

今晩お家に行ってもいい? ねえ、いい?いい?

キャンキャンキャンキャン 言ってます。

 

シンガポール人のこんな不思議な短い英語は、

違和感もありますが、言葉が短いのは、

仕事をする上で便利でわかりやすいです。

 

日本人でも、仕事の早い方は、

言葉も短くて、表現もうまいです。

 

たとえば、「OK」

だけだったら、なんか寂しくなっちゃうけれど、

「ありがとう!」

のように、びっくりマーク付きで一言でも、

とても嬉しいですよね。

 

「あ」、と入力すると、「ありがとう!」と出るように

短文入力してあるのかもしれないですけれど、

それもまた、仕事ができる人の、

一技、工夫だと思います。

 

 

言葉が短いと誤解を招いたり、

感じが悪くなってしまうのではないだろうか?、

というのは、例えば、ですけれど、

「OK」 だけを連発しまくるなどだと、感じるかもしれないですね。

上司ならまだしも、そうでない方から毎回、

OK

だけだったら、ちょっと、・・・・・と場合によっては

思ってしまうかもしれないですよね。

そういうのは、感性なんでしょうか。

仕事のできる方というのは、言葉は短いのに上手です。

 

さて、シンガポール人の話に戻りますが、

もう、シンガポール人、英語、変だよ~

と笑っていると、とんでもない。

 

いきなり、マサレ(マレー語で白人のこと)のビジネスマンが相手だと、

急に豹変して、ペラペラと、流暢な気障な英語を話し出している。

 

シンガポール人のスペックが高い。

尊敬する一瞬である。

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA