商業施設の風水チェック (シンガポールでは?)

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

本日は、商業用スペースを選ぶ際の、

風水のお話をしようと思います。

 

シンガポールでは不動産を選ぶ際、

風水マスターに鑑定をしてもらうことが多いです。

 

そして、その商業施設ビルのエリアの地形

ビル自体の外観と内装を見てもらいます。

 

ビル自体に関しては、玄関の向きと

中の公共エリア(アトリウム)の空間の大きさが

重要事項となります。

 

地形に関しては、いわゆる【四神】

そろって配置されているかどうか、を

見ます。

four

 

背後に山、

前方に海、湖沼、河川の水(すい)が配置されている

背山臨水」の地を、

左右で丘陵が取り囲んでいる土地が

良しとされます。

 

背後の山が玄武です。

シンガポールで英語では

Black Tortoise(黒亀)といい、

事業の安定の象徴です。

 

前方にある水が朱雀です。

名称としては、

中華街の朱雀門も有名ですね。

シンガポールで英語では

Red Phoenix(紅の不死鳥)といい

事業発展の象徴です。

 

左側の丘陵が青龍です。

Green Dragon

地位と名声の象徴

 

右側が白虎

White Tiger

攻撃力と財力の象徴です。

~~~~~~~~~

ビルの形状は、

気の質を決定します。

~~~~~~~~~~

では、

シンガポールの代表的なショッピングストリートの

オーチャードロードと、

スコッツロードの交差点エリアの

ショッピングモールを例に挙げてみます。

 

このエリアには、

ユニークな形のモールが多いです。

そちらを例にとってみます。

 

◆  WHEELOCK PLACE

ウィーロックプレイスのような

円錐型のビルは、火の性質

whee

 

◆ Ngee Ann City 

ニーアンシティのような

四角いビルは、地の性質

Ngee

 

◆ Shaw House

ショーハウスのような

丸いビルは、属の性質

shaw

 

◆ ION 

アイオンのような

イレギュラーな形の場合は、

水の性質

ION

 

◆ CK Tang

シーケータンのような

長方形のビルは、木の性質

CK

 

風水は、すべてにおいて、

「バランス」を重んじるので、

モダンなデザインよりもコンサバなデザインを

良しとする傾向があります。

とは言え シンガポールの場合は、

上記のようにユニークで美しい建物が、

立ち並んでいます。

 

8888888888888888888888

 

商業用施設そのものに関しては、

1.向き

2.玄関

3.アトリウム

この3つが重要です。

向きは明るく、玄関は広く清潔で、

気が入りやすいかどうか

という意味で見ます。

は、シンガポールで英語で

Qi (キ) と書かれます。

Qiを入れるのが、玄関。

玄関は、人間で言うところの口です。

ですので、

口は、1個だけしかあってはなりません。

他の出入り口を作るときには

玄関よりも小さく作ります。

同じ大きさの玄関が2つある場合は、

奇形とされます。

 

アトリウム(玄関を入ったときの

公共広場)は、

人間で言うところの胃・腹です。

 

いい場所でいい向きで

気(Qi)を玄関口から入れて、

アトリウムに入っていきます。

ですので広く大きいのが良しです。

 

 

8888888888888888888888

 

「自然の摂理に従う」

それから

「目に見えないものに畏敬の念をもつ」

という意味で、

風水は大事な学問ですね。

 

 

ただ、風水に頼ったり、

すがったりしてしまうと、

不動産が選べなくなってしまいますね。

 

シンガポールにも

各商業施設や土地に

様々な都市伝説があって、

とても面白いです。

そういう都市伝説を話すとき

みんな揃ってまじめな顔で

一生懸命しゃべってくれて、

稲川淳二さんバリのトークを聞きながら

驚いたり笑ったりです。

 

ローカルな話題になりすぎてしまいますので、

また今度何かの折に

ご披露します。^ ^

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

 

日本の不動産投資ならスルガ銀行!スルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー
無題1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA