月別アーカイブ: 2015年3月

シンガポールで10時間の大行列が起きています!!!

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

シンガポールで10時間の行列が昨日できました。

iphoneを買うためでも、ドーナッツを買うためでも、

ポップコーンを買うためでも、

ジェットコースターに乗る訳でもありません。

 

先日亡くなった、リー・クアン・ユー元首相の、ご遺体を拝みに、

国民が並んでいるのです。

IMG-20150327-WA0000

 

この列は、ご遺体の安置された、国会議事堂まで

ずっと続いています。

 

IMG-20150327-WA0003

 

現在24時間、国会議事堂が解放されています。

そして、昨日は、10時間の行列の末に

国会議事堂にたどり着くことができたそうです。

本日は、待ち時間が4時間~8時間の予測。

 

ご覧のとおり、椅子があるわけでもなく、

ずっと立ちっぱなしです。

中には、妊婦の方も、小さい赤ちゃんを抱いたお母さんも、

おじいちゃんもおばあちゃんも、いらっしゃいます。

 

みんな10時間たって並んでいます。

普段は、シンガポール人の気質は、

せっかちで、わさわさしているはずなのですが、

押したり騒いだりすることもなく、こんなに

立ったまま文句も言わず、並んでいます。

 

一目、リー・クアン・ユーのお顔を最後に見て、

手を合わせたい、その気持ちだけです。

そこに、宗教も何も入っていないところが、

またすごい。

この人が、自分が信じる宗教の支持者だったからとか、

この派閥だったから、というきっかけで、人が熱狂しているわけでなくて

「厳しかったけど、ほんとに私のことを思ってくれてた、

大黒柱のお父さんが、亡くなった・・・」そんな気分の国民です。

 

他の国の方がご覧になったら、「ミニ社会主義国」とか

「明るい社会主義国家」とか言われるかもしれないけれど、

そうなのかな。

よくわからないけれど、

「国の為に、本当によくやってくれたお方だ、

本当に心より、感謝しています」、

そういう静かな気持ちがなければ、

赤道直下の熱帯雨林の炎天下の中、

10時間もたちっぱなしで、

静かに、政治家のご遺体に会いに

行かないですよね。

 

「本当に、ありがとう。厳しかったお父さん。」

そういう、気持ちだと思います。

私個人の人生にも、たくさんの幸せとチャンスをくれたシンガポールです。

心よりご冥福をお祈り致します。

 

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村
 

FB

今日は久しぶりにお台場に行きましたが、中国にいるようでした。自動外貨両替機もあちこちにあり、セブンイレブンで、外国口座の引き下ろしができますよという広告が書かれていました。表参道の行列ができるポップコーンのKuKuRuZaが、アクアシティ3階にできていました。トリュフ味と、ブラックラズベリー味を1個ずつ買って、家で、混ぜて食べたら、甘辛でとってもおいしかったです☆

シンガポールの後継者と、トヨタの後継者

シンガポール設立の父、リー・クアン・ユーが亡くなってしまった。

政治家としての手腕について、国民から評価されて、尊敬されていました。

シンガポールの政党が人民行動党(People’s Action Party)でPAPと略されるのですが、

これを国民は、Pay and Pay(支払え支払え政党、取り立てや政党)なんて揶揄しながらも、

本気で怒っているわけでも、あきれているわけでもなく、本当のジョークとして笑顔で話していました。

その笑顔には、まるで、大好きな旦那さんのことを、冗談でけなしてみるみたいな、

幸せな絶対的な信頼関係が感じられる程でした。

「この人に任せておけば、大丈夫。難しいことはよくわからないけれど、

この人がそう言うなら、大丈夫!」 リー・クアン・ユーに関しては、

シンガポール国民がそういう感情をもっていることを、本当に私は感じ取っていました。

そりゃそうでしょう。お隣りには、マレーシア。

ちょうど50年前に決別して、どれだけシンガポールの繁栄が早いか、

どれだけシステマティックか、国民は簡単に比較できてしまうのですから。

 

リー・クワン・ユーが亡くなって、私でさえ、本当に悲しいんですよ。

政治家が亡くなって、意気消沈なんて、ありうるんだ。

尊敬していた年の離れた彼が亡くなった気分です。

シンガポールの国民は、どれほどだろうかと思います。

 

さあ、息子のリー・シェン・ロン首相。

世襲制への批判を避けるため、1回だけ、ゴー・チョク・トンという首相を

クッションに挟んで、でも、これは、すべてリー・シェン・ロンを首相にするための

道筋と、国民全員とも、あ・うんの呼吸です。

 

とはいえ、

シンガポールも、以前は、「なんだかよくわからないけれど、

俺らよりも、ずっと賢いあの方が、しっかりやってくれてるよ、」というスタンスでしたが、

現在は、逆に以前ほど体は動かさないで、政府に文句だけは言う風潮に大いに変わってきています。

実の息子のリー・シェン・ロンよりも、国民の方が、リー・クワン・ユーに甘やかされて育っちゃったのかな、

そんな風に思うことがあります。

 

世襲制に対して、批判的な方も多いかと思いますが、偉大すぎる父を持ち、

難しいであろう環境で育ったリー・シェン・ロン首相を心から応援しております。

 

血筋で、えらくなったからって、その人がボンクラとは限らない。

その血筋にかけてこそ、本当の「プライド」と「本気度」をもって、「仕事」をする人だっている。

 

日本では、トヨタの豊田章男社長です。

2011年に大規模なトヨタ車のリコール問題が起きました。

アメリカの掲げる大義名分は、「安全・人命」。

でも、腹の中では、「日本企業よ、アメリカで稼ぐなよ。」

そういうことでしょ。経済問題。

でも、「安全・人命」を掲げられたら、トヨタは、口をふさがれた。

そんな中、豊田章男社長は、自分で前に立って、謙虚に、真摯に、

自分の言葉でトヨタブランドを語った。

ひとつたりとも、弱音もはかず、相手に攻撃もせず、皮肉も言わず、

言い訳もなにもしないで、しっかりと語った。

最後に涙を流した。

これが「仕事」を本当に真摯にしてきた男の涙だ。

私は、テレビの前で一緒に泣いてしまいました。

こちらのYoutubeの3分18秒のところ、グッときます。

アメリカのトヨタ販売店のスタッフの前でしたスピーチ。

「僕は(公聴会で)アメリカ中のトヨタスタッフと、そして世界中のトヨタスタッフと(心の中で)一緒だった」と言った。

 

こういうのが、真実の「大義」だ。

自分の利益を守るために「利用」する、形式上の耳障りのいいコピーは、「大義名分」だ。

 

血筋によって、後継者の運命を、背負わざるを得なかった、こんな素晴らしい人達がいる。

そんな人を、心から応援したいです。

 

豊田章男社長。

素敵な人に決まっている。

 

だって、あんなに画期的すぎる「ピンク クラウン」の販売に、

GOを出すくらいの社長ですもの。

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

FB

皆さま、お誕生日のメッセージ、本当にありがとうございます。
Facebookで交流させていただいている皆さま、
そして、実際にお目にかかって交流させていただいている皆さま、
私が、なんとなく、楽しく生かせていただいているのは、
皆さま方のおかげです。
いつも、皆さまから善意のお心をいただき、心より感謝いたします。
3月21日、春分の日は物事が始まる日だそうです。
皆さまの、さらなる幸せのスタートの日になりますように!☆

FB

不動産バブルらしい。シンガポールのお友達が不動産を買いにきたので今日から数日お手伝い。一緒に回っている不動産屋さんに頼んでおいた物件は、全部中国の方とシンガポール人に買われてしまったらしく、急遽見せる物件を変更しました。みんな羽振りいいな。うらやましい…なんでだ!?

ハーフクォーターが流行り!?

 

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

「エイス」という言葉、ご存知ですか?

8分の1を、ワン エイス(One eighth)といいますが、

そういうことで、8分の1だけ外国の血が混じっているということ。

お母さんが外国人でお父さんが日本人ならハーフ、

お母さんのお母さん(おばあちゃん)が外国人ならクォーター(1/4)、

そしておばあちゃんのお母さんが外国人ならエイス(1/8)

というわけです。

最近の芸能人や雑誌モデルが、ハーフや、クォーター、

そしてこのエイスのオンパレードです。

確かにこのMIXは、純日本人の血ではどうあがいても

とっても、かなわないような美しさを放ちます。

 

それとは別に、私のシニカルセンサーが働いてしまうのは、

ハーフクォーターという言葉に便乗した商法だったり、自己ブランディングです。

どこからどう見ても山形県100%のおばさん(山形県民の皆さまごめんなさい!)が、

「実は私、ロシアの血が混じっているの」的な感じで言っているのを聞いて、

「この人は、いったい何狙いなんだろう?」と思ってしまったことがありました。

「スケートをしていた」、ということを、「フィギュアをしていた」とも表現していました。

 

その光景は、まるで、うちで飼っている

たった2キロの超小型ポメラニアン犬のポンちゃんが、

私にある日突然、

「実は、私の祖先たどると、ドイツのポメラニアン地方で、

どうやら大きな羊達を何百匹も、毎日統制してたらしい。」

と、真顔で言い出すくらい滑稽でした。

 

シンガポールでも、ときどき、こういった

「不思議なモテマジックワード」が

流行ることがあります。

一時流行っていたのが、

「 I am from Shang Hai」 (私、上海出身なの。)です。

意外にこの自己設定は、流行りました。

上海出身設定の子が竹の子のように増えたので、

メディアコープというTV局勤務の友達に聞いてみました。

「ねえ、なんで、上海出身ってみんないうの?

あの子、Toa Payo(トアパヨという住宅密集地)出身だよね?」

 

上海というと、幻想的なイメージがあって、

ミステリアスな魅力付けになるから、というのが、答えでした。

なんとなく、わからなくもないです。

私は、Shanghai Tang (シャンハイ・タン、上海灘)という

ブランドが大好きだからです。

アジアのミステリアスを凝縮したようなセクシーなイメージ。

 

う~ん。わからなくもないけれど(笑)。

 

こういった現象とは逆に、

日本を、とても素敵に外国にアピールしているのが

きゃりーぱみゅぱみゅや、中田ヤスタカ。

これまで、日本人は、ハーフのモデルを始め、

ちょっと外国っぽいものにあこがれて

欧米の真似をしてきました。

おフランスがとてもまぶしかった。

それが、フランス人が、今や、コスプレして

純日本人のきゃりーぱみゅぱみゅを真似している!!

時代の変化に驚き、きゃりーぱみゅぱみゅに

拍手喝采したい気持ちです。

中田ヤスタカが、北陸新幹線の金沢駅の発車メロディーを

制作しました。メロディーを聞いて

「わかってるねえ~!!」と言いたくなりました。

 

こういう才能ある方々で、そして私たちで、

ほこりにまみれた、もてはやされた「和」を

みんなで磨き上げて、

誇らしいイケてる日本にしていけたら!と思います。

ほこりっぽい「和」ではなくて、漆で

ピカピカに磨き上げた「和」、あでやかな「和」。

 

そうしたら、

外国の血が少し混じっています、なんていう

不思議なブランド設定が、なくなっているかしら。

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

 

[スポンサーリンク]

英語の短縮語とギャル語

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

皆さまはSMS(ショートメッセージサービス)を

お使いになっていますか?

SNSではなくて、SMSの方です。

電話番号で、直接メールできるので

LINEのように、

相手がアプリをインスト-ルしているかどうか

心配する必要もないです。

無料です。

文字数が、全角で70文字、

英数字で160文字までと決まっているので

必要事項だけ送ることができて、

お忙しいビジネスマンの方には、

「○月○日の件、○時で場所はここでOKでしょうか?」

のように短文で聞いて、

「いいですよ」と返答をいただいて用件が済み、

私はとても好きなツールです。

 

海外でも多用されています。

配信費用が安いので、航空会社の予約確認メールなどなど、

企業がSMS配信するのは当たり前です。

このSMSの160文字の中に、すべての必要情報を入れたいので、

文章中に、たくさんの短縮語を多用します。

 

企業のSMS以外にも、もちろん個人同士でも、

スマホが普及する前の携帯の頃から、

メッセージを打ち込むのが面倒なので、

どんどんと短縮ワードが普及したようです。

では、皆さまもおなじみのものも多いかと思いますが、

思いつくものを列挙してまいります。

このように使ったりします。

◆ ur flt is confrmed. (Your flight is confirmed.)

フライト予約確認できました。

◆ U  r rite.  (You are right.)

その通りです。

◆ Whr2eat 2nite?  (Where to eat tonight?)

今日ご飯どこで食べますか?

◆ Tmrrw, u pk me up@htl, pls.   (Tomorrow will you pick me up at the hotel, please?)

明日、ホテルにお迎えお願いします。

◆ Luv  (Love)

ラブ

◆ wil b a bit late coz jammed.   (I will be a bit late because it is jammed.)

交通渋滞の為、少々遅れます。

◆ infm u abt it. ( I will inform you about it.)

その件について報告します。

書くとキリがないです。

誰が決めたわけでもなく、

慣習でできあがっていくので

Pleaseをplsと書く人もplzと書く人もいます。

どっちが正しいなど、言語学にやけに

向きになることはしないで、

楽しく便利に使ってみていいと思います。

SMSを送る側になってみると、160文字の中に、

企業情報やプロモ情報も入れたくなり、

なんとか、わかりやすい短縮はないか考えたりします。

Up2,30%OFF (最大30%オフまで)と書くだけで

もう10文字も使ってしまいます。

みんながわかれば、短縮語を作っていいのです。

伝えること(伝わること)が、

ビジネスで重要なのだから。

 

さて、ギャル語は英語版もなかなか面白いですよ。

たとえば、

Gud mooorrnin’   I don’t wan werk……………………..

(Good morning, I do not want to work.)

 

WorkをWerkと書くだけで、発音が少し変わったニュアンスで

けだるく、とてもめんどくさくて、怠惰で、働きたくない様子 が、

とても上手に表現されていると、思いませんか?

 

どの時代も、どの国も、若い人の感受性というのは、

怠惰さえをベースにしてまでも、

とても鋭くて、おもしろいです。

センスがいい!!

こんな文章を自分のスタッフのFacebookに発見した時に

憂慮しなくてはいけないのかもしれませんが、

スタッフの、言葉のチョイスのセンスの良さなどに、

笑ってしまったりしました。

 

日本でも、ギャルたちが、

「エイトプリンスで、まったりしよ」というのが、

なんと八王子(8・王子)のことだったと気づいたとき

そのセンスの良さに感嘆し、爆笑しました。

 

どんな英単語のショートフォームも、

日本で昨今、流行っている 「りょ」

(了解の略)には、かないません。

 

日本人、やっぱり、その辺のセンス、

サイコ-にさえてます。

 
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

[スポンサーリンク]

「英語」ができる人と『英語を使ったビジネス』ができる人

皆さま こんばんは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

さて、今回は、ややとらえ方によっては、

内向きな思考という分類になってしまうかもしれませんが、

英語を話せるが企業で働いている場合、

気を付けた方がいい点を、お話ししたいと思います。

よくあることですが、2パターンあると思います。

 

1.通訳として、終わる

2.企業の脅威として、既存権力につぶされる

 

まず、1の場合についてですが、20代、30代の頃は、

それでもいいと思います。

もしも素晴らしい経営者に出会えたら、

その人の言葉を訳しながら、

雑用の中から、ビジネスを学ぶ。

英語ができるということで、

面倒なことをすべて押し付けられても、

黙ってひたすら業務を処理して、

スキルを学び、協調性を学び、

人に尽くす。

そして、人の望んだことを提供することを

見事なレベルまでスマートに昇華させてみたら、

気が付いたら、自分が、できる人になっています。

喜んで使われてみましょう。

現地採用だって、全然いいではないですか。

但し、あとで、(経済的に)回収するという、

目標を持った方がいいかもしれないです。

 

さて、40代になったら、

もうそんな働き方はやめた方がいいと

私は、個人的には思います。

時間と能力、労力を尽くして面倒なことをしてみても

はたから見れば、

『だって英語できるし慣れてるからいいじゃん』

こんなかんじで、終わってしまうパターンがあります。

 

他の人が、社内営業にいそしんで、

上司にうすら笑いを浮かべたり、

外国人にもうすら笑いをしている間、

実務の問題解決をするために、

「英語ができる」と思われている

「英語を使ったビジネスができる人」は、

頭を使って調べて、

自分の給料から高い食事代を出して人脈を作って、

体力をつかって、物を運んで、

そして成果をつかみます。

でも、英語が話せない人は、

「慣れてるからね~。」、と一言嫌味を言って、

これで終わってしまったりします。

 

それならまだしも、

あまりに早くできてしまうと、

視点が世の中ではなくて

社内(出世)に向いている人から見れば、

その人の気に障ってしまったり、ということも

実際はあります。

英語ができない人が、海外業務になると

暇になってしまうので、思考が内向きになって

その人の不満に引っ張られてしまうことがあります。

 

そんな相手が、

まさか会社の人事権を一手に掌握している場合は、

もうそこで、修行だ!と思って、

さらにその人に対して、気を使って、

「相手の懐に入ってみよう」などと、

相手を持ち上げたりしても、

嫌味になって逆効果。

こんな努力を40代でしてみても、

それは、徒労に終わります。

 

英語が話せるし、外国人を相手に、

馬鹿みたいに<うすら笑い>をしないで、

堂々と仕事を推し進められる自分が、

日本人の人事権をもつ相手に対して、

なだめたり、すかしたり、

<うすら笑い>をして生きていかないと

イケないのです。

 

そんな人生は、ぞっとします。

そういう人がいる場合は、40代ならば、

そこで修行せずに、

速やかに違う世界に行って、

新しい人生を始めた方がいいです。

「英語」ができるのではなくて、

「英語を使ったビジネスができる」、

ということを

常に自分の軸として業務に取りくみ、

その大変さと貴重さを、わかってもらえる相手と

組んでやっていった方が、

報われていきます。

 

その企業が、

「英語ができる人」を探しているのか、

「英語を使ったビジネスができる人」を探しているのか、

見極めることは、非常に大事です。

 

そこがずれていると大変です。

 

ずっと真摯に会社のために、と思ってしていることで

会社が望んでいないことがでてきてしまうからです。

外交問題と同じで、「解決してはならないこと」が

きっと世の中にはあって、

蓋だけしておけばいいことを、

自分がむきになって解決しようとしてしまって

いるのかもしれないです。

 

この「英語ができる」か、

『英語をつかったビジネスができる』か、というところで、

ずれがあるならば、すぐにやめた方がいいです。

そして、

今まで会社のために使ってきた労力、時間、能力を

全部 自分のために費やした方がいいです。

 

私は、人生には、

修行をしていい時期と、

修行をしてはいけない時期が

あると思います。

 

いつまでもいつまでも、

人の意見が正しいと認めていると、

自分を磨きつづけているつもりで、

自分を疲弊させて終わってしまいます。

石ころを、機械で磨いて磨いて、

あとは、和らかい布で整えれば

ダイアモンドになるのに、

ずっと機械で、磨き続けていては、

石が割れてしまいます。

自分がなくなってしまいます。

 

内向きな発想ですが、

気を付けておいた方がいいポイントです。

 

なぜなら、日本人は、

全般的に英語が話せる人に

嫉妬深いことがあるんだから。

 

たかが、英語なのに。

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

英語教室に週1回行って25万円払うなら、こちらをおすすめいたします。

下記のリンクをクリックしてください。

Hidden英語習得法

 

『どうやって英語が話せるようになったんですか?』というご質問が多いので・・・

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

私は、お目にかかる方々やお友達から、

「塩見さんは、どうやって英語覚えたんですか?」と

聞かれることが多いです。

私は、そういうご質問は、お天気のご挨拶のようなもので

本当に自分が質問を受けているわけではないと、思っていたので

親身になってお答えするということはありませんでした。

「旅行中に、英語が使えると便利だよね。」という程度の、

あまり切羽つまったものがないご質問と思っていたからです。

 

ですが、最近は、海外移住や海外赴任のために英語が必要で、

それについて本気で聞かれることが多い為、本気で考えてみました。

 

結論から申し上げますと、批判の多い日本の英語教育システムではありますが、

大人になってしまってから英語を学ぶにあたっては、

1.英語、

2.英文法、

3.英会話と

3つにカテゴライズして、それぞれで体系だったものを勉強して、

習得していくというのは、

とても理にかなっていると思いました。

これが、子供の順応性のある脳の場合に当てはめた場合、

一番効果があるかどうかについては緒論あるかとは思います。

 

ですが、大人になってしまってからは、

いずれにしても、この3つのアプローチは重労働に見えますが、

やはり必要で一番、近道なのではないかと思いました。

 

私はシンガポールに12年間住んでいました。シンガポール人は

チャイニーズ系が多く、真隣りで1日中、中国語(北京語と広東語両方)が

飛び交っている環境でした。ですので、中国語を習得できそうな

環境ではあったのですが、私の場合は、全くできませんでした。

 

なぜか考えると、基本となる、文法も基礎知識も全くないので、

土台がないので、何をきいても積みあがらないのだと思いました。

 

ですが、英語の場合は、中高で6年間も基礎知識ができているので、

英語のリスニングをする環境に置かれれば、

素地があるところに修練を積み上げることができるので、

成果が出やすいと思います。

 

もしも皆さまが、英語のリスニング教材で勉強して、

成果が出なかった場合には、

基礎固めの部分(文法)の方から、アプローチして、

理解してから、単語を覚えて、という、極めて批判の多い

日本の英語教育システムの手順に従って勉強してみるのが

結局は早道のように思います。

 

私は、英語を話すのが目的ではなくて、英語が単なるツールであるという

認識がとても強かったので、特に英語を極めたいという意識はありませんでしたが、

日々、お仕事をこなしているうちに単語数も増えていき、数年前に受けた

TOEICは、895点でした。

 

英語を話せるといいことも多いです。

今は、休暇で、パリからハンガリーのブダペストに移動して、

石造りの素晴らしい建築物を見ております。

 

大柄の欧米の紳士、淑女をお相手に、

なんのコンプレックスも感じずに、

ふてぶてしく話ができ、交渉もできます。

 

なのでお若い方は特に、英語をお勉強されることを

私はおすすめいたします。

 

でも、これまで生きてきて、『英語を話せるが故に、損したな』、

ということも人生において、実はあります。

その考え方は、狭い考え方かもしれない、

でも、実際に、そう感じることもありました。

 

次回の記事では、なぜ、私がそう感じることがあったのか、

そして、英語も話して才能ある方々が、

ビジネスマンや企業の一員という観点から見た場合に、

一つの歯車として終わらないように、

気を付ける点を、書こうと思います。

 

なぜなら、

私は、いつも、

「努力家で、成果を出せる才能ある個人が、

本当に幸せになれるようになってほしい」と

強く願っているからです。

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村
仕事で英語をすぐ取り入れる必要のある方は、

下記リンクを、是非クリックしてご覧ください。

↓ この方法が、一番の近道と思います。↓


Hidden方式 英語を簡単に見につける

自己の客観視とニヒリズムとFacebookと餃子

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

2日前から休暇でパリに来ており、
このあと、ハンガリーのブダペストに
行く予定でおります。
この2日間で実感したことは、
スマホで自撮りしてルンルン歩いているのは、
日本人を含めた、どこかいつまでたっても
お登りさん感が抜けないアジア人だけではないということ。
欧米を含めて、肌の色も関係なく、
世界中の人が、スマホで自撮りするのが、
大ハヤリで、ピースしたり、
大声をあげたり動画撮ったり、ノリノリです。

こんな状態に対して、フランス人の皆様、
たとえるなら、
今は、お金はないけれど感受性の強いお育ちのいいお坊ちゃま
みたいな存在のお国柄は、怪訝に眉をひそめるのかな?
と思いきや、そんなこともなく、
すっかりと慣れながら観光客にもとても温かく、
英語を話して、笑顔でプロのサービスに徹してくださる方が
多い印象を受けました。

自撮りで、カメラに向かって、少し体を斜めにしてニコッとか
はっきり言って、
「さ、さむい!私には、こんなことできない!」
と思っていましたが、もうそんなことを言っていると、
私自身が行動しないニヒリズムに入ってしまうので
もうそろそろ、そんな壁を取り払ってもいいのかなと、
考え込んでしまいました。当たり前の話ですが、
広告費も、TVからネットに移行しています。

下記は勝間和代さんのメールマガジンのリンクで、
その下が、そのメルマガの一部の転載です。

http://krs.bz/katsumaweb/c?c=63518&m=170025&v=1e20f91b

(下記が、転用部分)

””    日本の広告費は、だいたいGDPの1.2%相当、6兆円くらいでだいたい横ばいです。で、どのメディアがそれを使っているかと言うことなのですが、テレビが一番多くて、ざっくり2兆円くらいです。

そして、次に大きくなっているのがもうすでに

「インターネット」

です。その額はもう、1兆円を超えました。毎年、まだ二桁成長中です。

このデータを詳しく分析しているときからおもしろいなぁ、と思っていたのが、だいたい、どの媒体も

「使っている1人1分当たりの時間数と広告費」

がほぼ均等になっていくんです。要は、アイボールと言われている、

「その広告を見ている時間」

にお金がかけられていくわけですよね。

そういう意味で言いますと、確かに、すでにネットはテレビの半分くらいの大きさになっているというのもうなずけます。

テレビとネットの最大の違いは、メディアの分散です。テレビは集中型ですが、ネットは分散型です。

これからどうやって棲み分けていくのか、どのように伸びていくのか、ますます楽しみです。 ””

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
上記が、勝間さんのメルマガからの転載です。

そういうわけで、ネット上の広告費は伸びています。
Facebookは、本当に本当にふつうの女の子が、
ふつうに1000いいね!をとったりしています。
そして、フェイスブック上では、
イタリア人が女性をほめるパーセンテージ(100%)以上に、
きれいですね、と全員に言ってくださる
お優しい男性達ばかり(笑)。
そのコメントに、半分いやだ、といいながら、
でも半分以上喜んで、そこに自分の存在価値を
やっと人生で見出す女性達も多いのかもしれないです。

そして、ほんとうにふつうの人が、
何のためらいもなく、
いわゆるカメラ目線で、
小首をかしげてニコっとできるのは
ある意味、余計な客観視をすててしまったこと、
それが幸せに直結しているのでは?
と思います。

世の中で一番幸せなのは、
子だくさんなヤンキーの皆さまと
誰かが言っていたのを思い出しました。
たくましく、わいわいガヤガヤ、そして
「この餃子おいしいよね~。
ほんとに、ここの餃子サイコ~!!」
こんな風景を頭に思い浮かべてみると、
なんだかとても笑顔が
こぼれてしまいませんか?
なんとたくましいエネルギーがあふれ、
確かにそこには、間違いなく幸せが
存在します。

物事は本当に広く見て解釈していくか、
あるいは、
本当に狭く自分ワールドで
つじつまあわせて生きていくか、いずれかが、
自分が幸せと感じられるコツなのかなと
この休暇中の、自撮りの件で思い始めました。

そして、明らかにいえることは、解釈の違いで
その人が感じる幸せ感はどうにでもなりそうだ、
ということ。
絶世の美女である韓国の女優さん数名が、
2ちゃんねるサイトを見て日々一喜一憂し、
批判コメントに傷ついて、
自殺まですることが続いている。
一方で本当にふつうの人が、
楽しく小首を傾げてアヒル口で写真を撮って
フェイスブックできゃっきゃできる世の中でもある。

こういった事象を見ると、
世界というのは、自分が作った事象、
自分が真実と信じた事象が、
イコール自分の世界なんじゃないか、
全く当たり前の話ですが、今さら
旅行中、実感しております。

さて、私は、どっちを選ぶかな。

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

セーヌ河