月別アーカイブ: 2015年11月

アジアの7つの成功条件

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

成功に必要であると言われていることは

日本を出ても、どの場所でも、

考え方は共通していると感じたため、

忘れないうちに皆さまとシェアするために、

こちらにまとめておこうと思います。

 

シンガポール華僑のお友達が教えてくれたことです。

【7つの条件】

1.Generosity

ジェネロシティ。寛容さ。

能力がある人でも、人の攻撃で

破壊されることも多い。

寛容な人に対して、人は攻撃をしてこない。

お金に対して寛容であれ、ということだけではなく、

その人のために時間を割いたり、

エネルギーを割いたりすること。

そんなことをする人に対して、

滅多に人は攻撃してこない。

 

2.Patience

ペイシェンス。忍耐強さ。

普通の人が見て、

「こんなピンチなのに!!」と

驚き慌てふためくような場面で、

じっと静かに、やや不機嫌そうに

黙っている大物をよく見かけます。

「許容できる忍耐量が、半端ない。」

と感じます。

 

 

3.Ethics

エシックス。

ビジネス用語でよく出てきます。

Code of Ethics.

ビジネスをする上での良識、というところでしょうか。

 

ビジネスを離れたところで考えるとすると、

他の人の男(彼氏や旦那さん)を故意的に奪ったり、

捕まる一歩手前の詐欺的な行為を行うなど、

そのような良識にはずれたことをしないこと。

 

4.Stay  Joyous

いつもハッピーでいる。ジョイアス。

ストレスなく、物事に集中できるようにする。

 

Stay Calm 

いつも、心穏やかに、心静かに。

ステイ カーム。

 

心が興奮状態なのは、

紅茶の入ったポットの中で、

紅茶の葉っぱがかき乱れて、

ぐるぐる回っている状態。

何も見えないのでは、

物事の分析もできない。

 

物事がうまくいかない時は、

こういう時。

 

紅茶の葉っぱが下に沈むのを待って、

水がクリアに見えたら、

物事の分析をする。

どこに間違いがあったのか、

静かに考える。

 

 

ここまで話して、その人は言いました。

6番も大事だよ。

5番までと矛盾するようだけれど、

6番が大事と言った。

 

6.Wisdom

ウィズダム。賢さ。

Knowledge ナレッジ、知識は、

「紙の上」での話のこと。

でも、実際のこの世の中は、

「紙の上」とは違う。

Wisdom ウィズダムは、賢さ。

「世の中のこと」。

知識を世の中で、どうやって応用していくか、

ということ。

ネガティブな感情は持たずに、

でも、ずるい人に負けない賢さも

あわせ持つということ。

 

SEE THE REAL WORLD’ということ。

「この世、現実世界」を見ること。

 

それから、何か物事をやり遂げようとするときに

ONE WAYではないということを知ること。

このやり方で、どうしてもこうしよう、と

固執するとうまくいかないこともある。

ONE WAYではないということを知る。

 

7. SAVOIR  FAIRE

(仏語でよく言うところの)サボア フェール、

ということがとても大事だといった。

Knowing the right thing

in the right time.

何をどのタイミングでするか、を正しく知ること。

 

8888888888888888888888888

8888888888888888888888888

そういって、その人は

私にお守りをくれた。

 

TEA

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

シンガポールの不動産投資

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

今年になってさらに、

シンガポールやマレーシア、フィリピンなど、

東南アジアの不動産物件への興味の高まりが

出ていますね。

 

その背景は、語りつくされているので

理論はもうお分かりの方々が多いと思います。

 

* 東南アジア各国の経済が現在、急成長中。

将来的にも成長が続く要因が多い。

* 不動産価値事態の上昇に加えて、

* 現地通貨の価値上昇が期待できる。

(為替益)

ということで、ダブルに利益が見込まれるということです。

 

理屈はわかっても、実際にやってみるには、

まず、どうしたらいいかなど、

皆目検討が付かないということが

とても多いですよね。

 

日本のことであれば、

何でも、たいていのことはわかって、

たいていのハードルは乗り越えてなんでもできる

「できる方々」が、

「海外はめっきり、よわいんだよねえ」

という場合も多々あると思います。

 

私は、たまたま自分の運命が、

シンガポールやマレーシアと縁が深いものとなって、

 

 

皆さまの0ゼロを、1にする業務を、

お手伝いできるようになっております。

 

例えば、皆さまは、いろいろな情報の中で

現地でのローンは、いくらくらいだとお思いですか?

 

日本に住んでいる日本人の皆さまに、

現地銀行の1.55%のローンを

私はご紹介できます。

物件価格の50%~70%のローンが組めます。

 

 

何が上がる、

何をしたら、儲かる、

”People like to talk !!”

そういうことを人は話すのが好き。

But upon signing contract,

”No Guts to sign.”

でも契約書にサインするガッツはない。

How to stand.

どう気合い持ってたえるか、

How to commit to start.

始めるぞ、と、どう決心するか。

 

そういうのが大事だよ、と

シンガポールの友達が言っていました。

 

「サラリーマンが今すぐできる海外不動産投資

~シンガポール編」

という電子書籍に、

超貧乏生活だったけれど、

24件の物件を購入して

 

「大金持ちじゃないけれどHappyで満足してるよ」

と、見栄も張らずに肩ひじも張らずに、

自然に若々しく笑うベンちゃんの、

物件購入価格、売却価格、

賃貸価格、物件名なども一覧で書きました。

 

あけっぴろげで、なんでも教えてくれます。

大きいの1件買うか、小さいの2件に分けて買うか、

後悔しない物件選びのコツは何か、

同じコンドミニアムでも、

どういうところで価格差がつくか、

などなど、

ついでにマレーシアの物件について

どうみているかなど、

いろいろな質疑応答をすることができる、

セミナーを、12月19日(土)に実施いたします。

 

現地のシンガポール人の

たたき上げの投資家の話は、

大変貴重な情報になります。

 

是非、お早めに

お席の確保をしてください。

 

シンガポール人投資家によるシンガポール不動産事情セミナー

12月19日(土)

13時~15時に、渋谷で実施。

(ご料金 3,000円)

お申込みはこちら

☆お申込みフォームはここをクリック☆

 

CAR

 

SHIOMICAR

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

蓮の花の如く生きる。蓮の花の意味とは・・・

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

今日は、アジア諸国で見られます花、

蓮(ハス)、水連(スイレン)のお話をさせて頂こうと存じます。

 

ベトナム航空のロゴにもなっていますね。

ベトナムに行くと、ホテルも蓮の花でいっぱいだったり、

目につくもの、様々な会社のロゴや商品が蓮にちなんだものが多いですね。

 

韓国の蓮の花は、大きいものが多く、

それを見るのも韓国に行く楽しみの一つです。

 

sdsc_0506

 

皆さま、この蓮の花、

本当に不思議だと思いませんか?

 

ずっと、あんな泥沼の中に居たはずです。

しかしながら、ふわぁっと開いた蓮の花を見ると、

「砂の一片」もありません。

 

 

この花は、

泥沼の中で育ってきたはずなのに、

すうっと茎をのばし、

泥水から1つ2つ高いところに頭を出し、

汚れ一つ見せずに静かに咲いています。

 

私共の生きる世の中は、

人と人との関わり合いでできており、

人は欲に支配されて、感情に支配されて

それらのありとあらゆる糸がもつれた、

泥沼化した世界である場合も多いです。

人間関係での悩みはつきないのでは

ないでしょうか?

 

そんな泥沼の中で

そんな暗闇(Darkness)に、

同じくダークネスで戦うのではなく、

一呼吸して、

「蓮の花の如くに生きる」、

これを意識して行こうと、

私は思っております。

 

どんな策略、陥れ、憎悪、嫉妬、

そして悪意が渦巻く世界においても、

そこからすうっと首をのばして、

自分自身の心には、

なんの悪意も持たず、

蓮のごとく花を咲かせる、ということです。

 

相手に悪意や策略があろうとも、

それを察して、悪意で返さないことです。

 

あなたの悪意なんて、

きっと通用しないですよ。

だって、相手は、

筋金入りのダークネスかもしれないです。

 

自分は、

暗闇対抗戦はしない、

と決めることです。

 

 

888888888888888888

888888888888888888

 

さて、シンガポールの

その派手やかさが有名な

マリーナベイエリア。

 

ここにも、蓮の花がありますでしょ?

左の光ったところです。

 

marina

 

船の形をしたマリーナベイの屋上には

プールがあります。

水があふれ、お金があふれる富の象徴です。

その下に、蓮の花の形をしたのが、

アートサイエンス・ミュージアムです。

10本の指(TEN FINGERS)とも言われます。

雨水が蓮の花の真ん中から貯められて、

再利用されてもいます。

 

風水的に、水と縁が深い蓮の花が、

幸運の花として、

添えられているのだと思います。

 

私は、

この蓮の花のたたずまいが

非常に好きです。

 

アジアの幸運の花です。

 

 

 

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

【実話】英語が2か月でできるようになった【脚色なし】

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

今回は大変感心した事がございます。

 

 

今から約2か月前に、

英語は英検4級程度だった方が、

今はビジネス英語を使いこなしているのです。

私は、それを目のあたりに致しましたので

皆さまにお話しさせて頂きますね。

 

その方は30代の男性で、

寡黙で忍耐強いタイプです。

もともと頭がいい方には違いないのですが、

当初は本当に、

「英語は全然ダメ!それが心配です!」

と言いまくっていました。

 

日本語でもあまり余計なことは

ペラペラしゃべらないタイプで、

英語を話したいという欲求も

全くないようでした。

 

私はちょうど2か月前からその方と

とても急ぎのシステムプロジェクトを

することになりました。

 

どんどん締切が迫ります。

試しているうちに、

課題箇所もたくさん出てきます。

その質問と答えのやりとりを、

外国の先方企業と重ねてきました。

 

この方は当事者として、必死です。

私も必死です。

 

「OR検索じゃなくてAND検索にしてください」と投げると

「AND検索にできるけれど、完全一致ではないAND検索になります」

という答えが向こうから返ってくるので、

私もシステムの勉強にはなります。

 

このようなことを続けて、問題点を1個ずつ

日本と、先方のその国の間で行っているうちに、

私たちの間には、グループ愛が芽生えてきました。

問題をクリアしていくと

 

本当にありがたい気持ちでいっぱいになります。

 

いつも、必ずすぐ返信してくれてありがとう。

いろいろ忙しいのに、いつも優先してくれてありがとう。

こんなに面倒なことを何度も聞き返しているのに

イライラしないでまた返信してくれてありがとう。

いつもいつも、どんな状況でも、

ポジティブに話をしてくれてありがとう!

心から本当にありがとう。

とうとうできたね!本当にありがとう!

 

こんな気持ちが、私たちの中で

生まれていきます。

 

 

 

この英検4級で英語は苦手!

と、つい2か月前に、まさに

泣きそうな顔をしていたこの方は、

1か月を過ぎたころから

問題が解決する度に、

OK! I could log in.

Now everything is OK,

Thank you very much!

という英文を自分から相手に直接

送るようになりました。

 

 

そして、最近では、

問題点までも、

とてもわかりやすく、

英文で直接投げて、

先方のIT部と専門用語でやり取りしています。

 

本当に目を見張るほどの上達です。

なぜ、こんなに急速に上達したのか?

 

それは、

「締切のある仕事を、

当事者として行った」からです。

 

英会話学校ですと、

生徒が英語を話すのを

先生が優しく待ってくれることも

多そうですね。

生徒さんが英語が嫌いになったら

元も子もないですものね。

あたりさわりのない会話をして

なんとなくわかったような

わかならいような会話内容で、

なんとなく会話がとりあえず終了することも

あるかもしれないですね。

 

外国人との恋愛でも、

逆に相手が日本語を先にペラペラと

上手になったりすることも多いでしょうし、

英語もゆっくり優しく聞いてくれるでしょうから

相手がいい方で優しければ優しいほど、

英語の上達は、そんなに思うほど、

早くはないかもしれないですね。

 

仕事の話は、なんとなく、な会話では

終わらせられないです。

問題解決に至る手順を具体的に事細かく

理解しあわないといけないです。

何度もトライ&エラーしていきます。

 

私も英語が話せるようになった理由は、

シンガポール航空に入社した頃、

とても忙しいキャビンの中で、

相手の言っていることを

毎回毎回、聞き返したら

本当に迷惑をかけてしまうと、

大変に切羽つまった状態にいたので、

英語が話せるようになったのだと思います。

 

 

 

 

英語がなかなか上達しない場合は、

切羽つまった状況にいないということで、

それは見方によれば、

つまりは幸せな状況である、ということで、

実は、いいこと、でもあります。

 

 

人間、切羽詰まると、

本当に様々なことを体得し、

数段、成長します。

 

 

今回は、

その「元・英検4級」の方にも大大拍手、

そして相手側のスタッフにも、大大拍手です。

 

88888888888888888888888888

88888888888888888888888888

 

 

先日、とあるVシネマを見ていたら、

 

「失敗の数は、男の勲章じゃ~!!!」

 

と、赤井英和が言っていましたt。

 

 

つまり、

どれだけ、大変な状況を乗り越えたかで

男の器が決まるってものですね。

 

前はこんなようなセリフを聞いても、

「よくありがちな、セリフだよな。

あんまり意味ないな。

失敗しないのが、いいに決まっている!」

と思っていました。

 

でも、

今はこの言葉の意味も

心からよくわかります。

 

切羽つまったり、

ちょっとコケたりして、

その間に急成長して

ぶっとくなるということです。

 

赤井英和が言うから

よく聞こえたのかもしれませんが。

 

 

E8B5A4E4BA95E383A9E382A4E382B6E38383E38397

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

グローバルに仕事をするなら英語よりも○○の習得!?

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

さて、この記事のタイトルの○○に、

皆さまは何を入れましたか?

人間力?文化の理解??

言語外コミュニケーション能力!?

????????

 

私の答えは【ネットスキル】です。

様々なアプリを使いこなせるか、

キーボード操作が早いか、

ネット環境に慣れていて即返信可能か、

これが、国をまたいで仕事をするときには、

大変に重要だと思います。

 

ネット環境に慣れて使いこなすことは、

英語を習って話すのと同様に、

いいえ、実は、それ以上に!

今後、重要になるかと思います。

 

今後は、どんどんアプリが開発されて、

言語変換アプリが精密に高度になるでしょう。

自分が英語を話したり書いたりしなくても

変換ボタン1個ですべてよし!

となる時代は近いからです。

 

私は毎日シンガポールかマレーシアと

お仕事でやり取りをします。

 

どうしても話さないとわからないところや、

文字よりも相手の話しぶりを聞いて、

相手の本意を知りたいとか、

「リスクの程度を知りたい」場合は、

スカイプやラインやWhattsappで

電話で声を聞いたりしますが、

ほとんどチャットです。

 

10月はめずらしく、

ずっと日本にいました。

ですが毎日毎日、

シンガポールやマレーシアと

1日に渡りチャットです。

 

チャットというのは、

会議室のようなものです。

会議運営能力がある人が

チャット広場を設定すると

とてもうまく運営できます。

新しく会う人同士を

うまく紹介し合って混乱せずに

どんどんうまく進みます。

 

どんどんどんどん

仕事を進めなくてはいけないので、

できる集団でチャットすると、

ほんとに込み入った話もとても温和に

とても迅速に、スムーズに行きます。

 

こんな具合です。

この人をチャットグループに入れます。

この人はこういう人。

Hi!Shiomi,

By the way, これどういう意味?

日本側に聞いてください。

これ、こういう意味。

できる?できます。

今すぐ送って下さい。

2分待って、ごめんなさい。

こんな感じですよね。

 

皆さまも、もちろんアプリ使ってらっしゃるので

わかりますよね?

 

シンガポールやマレーシアは

レス早い方、多いですよ。

 

なぜか、わかりますか??

私が特に外国でお仕事する相手は、

個人の能力が高い人を選んでいるから、

というのは大いにあります。

それ以外の理由としては、

その方々が、あまり形式だけに

とらわれていないからです。

たぶん、会社の評価制度にも

関係するのかもしれませんが、

効率重視なので結果や本質重視です。

 

日本の方は、

チャットでさえも、

そんなに関係ない人を

メンバー設定してしまう傾向があります。

 

日本の方は、あとで勝手にやったと

責任の所在を追求されたりして、

やった損になりがちだったりしますので、

そこを回避するために、

各面面の面子とご機嫌を考えて、

この人もあの人も、隣の部署のあの人も、

関連会社のその人も、

取引先のあの人も、

気難しいあのお方も、

おへそを曲げやすい彼の方も、

全員チャットグループに入れたりして。

 

そういった報告会は

別で用意した方がいいかもしれないですね。

 

アプリの話に戻しますと、たとえば、

シンガポールはじめ東南アジアでは

Whattsappもよく使われていて、

それを使ってみんなで英語で話しているので

その内容を日本の方に、日本語で戻すときに

日本でよく使われているラインを使って

訳して戻したりしています。

両者にストレスなく言語の壁を越えて

細かい内容を設定していくときには、

自分がその役割を担ってスピード処理して

行くのが大事ですね。

このように、どのアプリを使うかは、

どの言語を使うかと同じく大事です。

 

人によって、いろんなアプリで

いろいろと送ってくるので、

そこを自分で、どんな場所でも

すぐ使えるようにしておきたいものです。

 

たまに相手に、他の多数にあわせて

「このアプリを使って」とお願いしても、

その相手がネットに慣れていない場合、

どこでインストールをして、

どうしたらいいのか、そこから

話さないといけなかったりして

スピードが落ちてしまいます。

 

頭は柔軟にしておきたいものです。

 

たとえば、

【メールだけじゃ心は伝わらない。】

ごもっとも!

そのとおりだと思います!

いざというときは電話はいいですね。

でも、電話だけでももうダメです。

今、ネットの弊害を語るより、

メリットを見て使いこなす方が

当然ながら、いいです。

 

1日24時間しかないですもの。

その間に、時差が多少でもあって、

睡眠をとって、ご飯を食べて、

通勤を数時間し、

家族サービスに子供の世話、

犬の散歩。買物と料理。

ATMに20分並んでお金をおろして、

ああ、やることいっぱいですね。

男の方はこれに週何回も飲み会、

女の方は、メイクにヘアセット。

 

この中でいくつ、皆さんは

こなさないといけないでしょうか?

ほとんど全員が忙しいとなるのは

わかりますよね。

みんなが時間がないです。

みんなが

I AM SO BUSY です。

そんな相手に電話をしてみるより、

チャット文を投げておけば、

できるチームなら瞬時に返信きます。

相手はご飯食べながらか、

移動しながら、

あるいはベッドに寝そべりながら、

スマホ返信しているかもしれませんが、

きちんとした返信です。

こちらが望んでいるのは迅速な返信です。

 

ネクタイを締めて会社に出勤して、

自分の会社の席で自分の会社PCから

発信されるものこそが、

正しい返信ではないです。

 

 

社内の自分のスケジュール表を

会議でパンパンに埋めて、

限りある会議室を占領して

仲良し同士で会議を何時間もして、

結論は特になかったりして、

仲良く情報共有致しましたということで

本日も終了。

それは見方によっては、

暇な人同士の

おしゃべり友の会だと思います。

 

コミュニケーション能力は、

顔を合わせてするものというのは

とても大事です。

FACE TO FACE。

でも、それに固執しないほうが

いいと思います。

 

私は、お仕事上、

成功者と呼ばれる方と

やり取りさせていただく機会が多いのですが、

その方々はたぶん、

「テレパシー」的なものを

持っているのではないか、と

非常によく思います。

これは霊的なことではなくて、

ただ、ただ、そう感じます。

 

あるステージに行ってしまっている

大成功者様方は、

たぶんテレパシーに近いものを

持っていて、顔を見なくても

何でもわかっているようなことも多いです。

また、その方々はメッセージを

送ってくることも多いです。

「調子乗るなよ、

お前の悪いところ出ている」と

テレパシーが来るときもあります。

 

こういった話は、

信憑性がないようにとられがちなので、

また改めてさせていただこうと思います。

 

話をまとめますと、

ネット環境になれることは、

グローバルへの近道、ということです。

 

いつでも便利なものは

どんどん変化していきますので、

いつでも変化に対応していくことが

大事ですね。

 

私は、すべての事柄がボーダーレスに

なったらいいと願っています。

そして、そのために発信しています。

国も普通にまたいで、ボーダーレス、

すべての意味で男女の区分けもなくボーダーレス、

リアル世界もネット世界も融合してボーダーレス、

年齢も関係なくボーダーレス、

ボーダーを越えて、

理想通りに生きられる世界にする!

ERY82_gankanihirogarukumo20131225-thumb-815xauto-16538

 

ネットの環境に慣れたら

とても便利。

SNSも毛嫌いしないで、

やってみるとメリットは

大きいかもしれません。

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村