月別アーカイブ: 2016年6月

世に慣れる、人に馴れる。

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

人が一生のうちにどれくらいの人数の人に会えるのか?

何らかの接点を持つ人が3万人
そのうち近い関係(学校、職場、居住エリアが共通)の人が3000人。
その中で会話を持つのが300人。
友人と呼べるのが30人。
親友と呼べるのが3人。

とのことです。

 

平均だろうといわれている値で、

一生に3万人に出会うわけです。

 

すでに、もう充分に多くの人々に会い、

多種多様な人物像を見た、と

思っていらっしゃる方々も多いと思います。

 

でも、もっともっとさらに多くの人々に、

もまれることが、

まさしくさらに成長できるきっかけになります。

 

「成功者と会いましょう。」

それから、

「他人よりも自分にフォーカスしましょう。」

これはもちろん一理あり、の正論です。

 

ただ、それだけではなく、

多種多様の人物に会ってこそ、

気づく点が多くなるということがあると思います。

 

例えば、自分の性格をデフォルメしたような人に会うと、

共感する部分もありながら、

初めて、自分の悪いところに気が付きます。

「ああ、私にもこういう面あるな、

なおさなくてはいけないな。」

と、ハッとする気づきがあります。

こういう場合、そう感じさせてくれる相手は

観音様です。

 

非の打ちどころのない偉人だけを見ていると、

気が付かなかったであろう気づきがあります。

 

「こんなに○○なのに、こんなに○○だ。さすがだ。」、

OR

「こんなに○○なのに、こんなに○○だ。ちょっとやだな。」

こう言った気づきが、

日々簡単に得られて

それは自分が行動する上でのモチベーションになります。

 

人間関係は、それを口にするかしないか、

それは別として、

ちょっとしたアンハッピーのもとになっていることが

一生を通じてあると思います。

 

ただ、それを「全然大した問題じゃないよね。」と

強がりではなく、本気で心から思えて、

自然に相手を受け入れられるようになるには

多種多様の人物と出会うことによって

得られます。

 

その人を、その「個人」として、

感情的にとらえるというよりも

キャラクターのサンプル例としてとらえると

学び取れるものがあると思います。

 

888888888888888888888888

海外で言葉がわからないと

疑心暗鬼になる場合が多いですが、

それまでたくさんの人物と出会っていると、

その方がどんな方か、

早い段階でよくわかることも多いです。

 

海外で、愛想のいいニコニコした、

口数の多い人に、

(これはキャラクターの単なるたとえですが)

結局お金を不当にとられて、

気づかない方が多いです。

 

言葉のせいもあってか、

善意でやっている人を無駄に疑ってみたり、

その逆で、

怪しさ満面の笑顔と調子のいい人に、

すっかりやられて、

きっちり抜かれていたりします。

 

 

多種多様の人物に出会い、

いろいろ感じて学びながら世間で揉まれ、

世馴れてくると、

言葉がわからなくても

感じるものは多くなっていくと思います。

 

ここで言うところの「世慣れる」、という言葉は、

俗世間にまみれて、

「すれる」ということではなく、

俗世間に馴れて賢くなるということ。

 

私たちは俗世間に身を置いています。

 

魂の浄化を目指しながらも、

俗世間に飲みこまれない打たれ強さ、

熟練技、スルー技なども必要です。

 

 

それにしても、

一生でかかわりをもつ人の数は、

約3万人。

 

3万人の5000倍が1億5千万人。

この人数を、あなた様の目の前に

もってくる仕組みがあります。

→ 1億4千万の仕組み

 

人間が一生のうちに、

かかわりを持つ人の数の、

その5000倍もの人数を

目の前に持ってくる仕組みです。

作ったのは、業界全体が支持する重鎮です。

→ パンダなる仕組み

 

 

億という「単位」を手に入れたい、

億、億、億、億、億。

一桁の万でなくて億という単位を

手に入れたいのです。

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

倍倍ゲームのシミュレーション

皆さま こんにちは!
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

2016年が、半分過ぎようとしています。
皆さまの願望はいくつか叶いましたか?

私はいくつか、叶いました。
でも、まだまだまだまだまだまだです。
後半で叶えてこうと思います。

私の願望とは、

働かなくても

笑顔でいられる手段を作ることです。

 

そうすると、

心に余裕ができて、
さらに邪念なく、
自分のその他の実業に
いい影響をもたらすことと思っています。

 

1回あたりで10%以上でなくていいので、
リスクが低くて数%の利益をとる手法ならば、
世の中には数々ありそうですね。
皆さまもご自身にあった手法を、
実は、それぞれご存知だと思います。

もしも、自分の得意な分野で、
換金までの方程式ができたら、
あとは、元手を1万円でも多く増やしたくなると思います。

5%が固いバックだとしたら、
10万円増えたら、5000円の戻り。
100万円で5万円の戻り。
1000万円で50万円の戻り。

こう考え始めると、
以前はショッピングが大好きだった私も、
今は何も買いません。

まずは、自分自身で、
自分の成功できる投資を発見すると、
いいと思います。

これは誰か権威ある学校の先生にすすめられた
などではなくて、
必ず自分自身で、できれば自分ひとりぼっちで、
自分で考えながらサーチをし、
実験をして、少額で試して、
自分なりの成功を数回したものに限ると
いいと思います。

投資がよくわからないから、
だれか投資をしていそうな人に聞く、
という行動をされている方も多いと思います。

もしそれが、
本当にプロに頼んで、
利益をシェアしている場合は除いて、
自分の大事なお金の投資方法を

人の意見頼みにするのは良くないな、
と思います。

たま~に、本当に儲けている人が、
本音でポロっとしゃべってしまうことが、
稀にあります。

そういうのを、ヒントだと思って、
自分で実験してみるといいと思います。

以前、与沢翼さんが、メルマガの中で、
カジノでのかけ方の勝ちの法則を書いていらして、
こういう流れの時に大きくかける、
こういう時に小さく、というのを
細かくさらっと説明されていました。

私は、飛行機の中でゲームで練習したところ、
この法則に従うと圧倒的に秒速で勝つので、
すごい!と思いました。
毎回元手が1000倍になります。

007

これがただのオンラインゲームだからなのか、
この手法があまりにぴったりきます。
実際にはこの通りにはならない要素も
多々あると思いますが、
自分自身ではとても驚きました。

本当に儲けている人が、
たま~に、こういったことを
ポロリすることがあります。

元手がなくても、
とても少額でやってみると
スキルアップしていきます。

元手が少ないと、
はじめは全く増えていないように
感じます。

1万円が2倍になったりする倍倍ゲームも、
始めの結果は2万円。

でもこれを10回繰り返すと、
1万円が10万円になるのではなくて、
1万円が1,024万円になります。

たった10回で。

1万円
→➀ 2万円
→➁ 4万円
→➂ 8万円
→➃ 16万円
→➄ 32万円
→➅ 64万円
→➆ 128万円
→➇ 256万円
→➈ 514万円
→➉ 1,024万円

このように、

ほとんどの事柄において、
結果は、途中から加速曲線に入るそうです。

 

そこに行くまでに、
体力(資金)不足で、そして
精神力不足で、
やめてしまうそうです。

しぶとくいきたいですね。

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

海外の相手に何を望む?自分があげられるものは?

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

本日は、海外でお仕事をするにあたりまして

どんな方と組むといいのか、

私なりのお話をさせていただこうと思います。

 

bijinesu

 

88888888888888888888888888888888

 

 

東南アジアでは法人設立の際に

外国資本株が100%を所有できない

国があります。

 

シンガポール以外のほとんどの国には、

外国資本規制として、

最低いくら以上の資本金が必要、

というハードルがあります。

 

それ以外に、

お金を積んでも49%以上持てないタイや、

ネガティブリスト(参入禁止業種)が幅広く敷かれている

インドネシア、フィリピンなどがあります。

 

その場合には、

名義借りをして法人を設立されている企業様も

多いかと存じます。

 

日本人の方は、わからない土地で、

少しでも「すごい人」の名義を借りて

事業を進めたいと願うと思います。

現地でいくつも会社経営をしている方や

何かのタイトルや称号のある方など。

 

もちろんそういう方の「ご協力」を得られたら

確かに心強いです。

 

いわゆるBIGな方から

人脈ももらって、

現地でのビジネスノウハウももらって、

先々万事オーライとなる、ということは

可能性としてはあります。

 

パートナーとして組んでやっていくのであれば

そのような相手が望ましいです。

lgi01a201403120500

 

ですが、パートナーとしてではなくて、

実際の経営はこちらですべてして、

名義借りだけをする場合には、

必ずしもそういうBIG  NAMEこそ望ましいかというと、

それだけが正解ではないかもしれません。

 

ビジネスマインドのある

BIG NAMEが、

経営に口を出さずに

おとなしく名義だけ貸してくださって、

なにかと積極的に協力してくれることは

むしろレアかもしれません。

 

 

 

実際、日々のオペレーションで、

一つ一つの作業をこなすにあたって、

手続き上、すべてその方のサインが

必要になります。

 

 

ですので、

Replyの早い協力的な人物の方が、

自分の意のままに会社を動かすには

フィットすると感じる場合も

多々あるかもしれないということです。

 

88888888888888888888888888888888

 

 

私は知らず知らずのうちに、

図らずして、長年に渡り、

海外各国でたくさんの方々にお世話になり、

助けてくださる方々が周りにいて、

大変ありがたいな、と思います。

 

そういう方々に対して、

頼りすぎない、

依存しすぎない、

相手が稼げることも考える、

ということを心がけています。

 

自分だけ、どうやったら、

相手に与えることなく、

「もらうこと」ができるかと、

もちろん口にはしなくても、

腹で思っている場合、

それは相当バレバレです。

 

顔に書いてあるレベルでバレバレです。

 

 

むしろ、

たたき上げでお金に執着があって

「なにしろ俺が儲けたい!」

「出費は削りたい!」

口に出して騒いでいる人の方が、

さっぱりしていて

素直でやんちゃでかわいいな、と

思うときがあります(笑)。

 

 

 

88888888888888888888888888888888

 

やっぱり、必ず、お返しさせて頂くこと。

 

菓子折りを送って誠意をしめすとか

ごますりすりするとか、

そういうことでは全然なくて、

 

自分の頭や時間、能力を使って、

そのお世話になった方へ

パワーをお返しして

「お金の種」を差し上げられる

くらいの気持ちで

私は行っていこうと思っています。

 

 

88888888888888888888888888888888

 

 

明日からは、ジャカルタへ行ってその間に、

1日だけ日帰りでマレーシアに行って

私用で香港に行きます。

 

今は、どこにいてもスマホをオンにしておくだけで

様々なアプリがメッセージをNoticeしてくれます。

 

電話で話すことなく、

スマホをオンにしておくだけで

お仕事相手とお互いに負担なく、

ミーティング可能な状態です。

 

こういう環境のお陰で、

以前と比べて、

1日にこなすことができる仕事量は

格段に多くなったのではないでしょうか?

 

以前はしっかりと顔を合わせて、

Face to Faceで、

という時代もありました。

 

それはとても大事だと思います。

それと同時に今は、

いかにお互いの負担にならず

スムーズなコミュニケーションで物事が進むか、

ということも、とても大事だと思います。

 

負担にならないというのは、

「お互いの時間を奪い合わずに」

実のある用件を進めていくことです。

それから、いてほしい時にそこにいる、

ということではないかしら。

 

すぐ役に立てるか考えるということ。

 

体がそこにいて、

みんなと同じことをするよりも、

体はそこになくても、

みんなができないことをできるようにした方が

人の役に立てるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村