月別アーカイブ: 2016年10月

好かれる数字と避けられる数字

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

最近私は月の10日間前後は
インドネシアのジャカルタにおりまして、
そこで撮りました、
ホテルのエレベーターの階数ボタンの
写真です。

13階、14階、24階、34階、がないですね。

シンガポールやマレーシア以外でも
インドネシアでも413を抜いていることが
ありました。

 

DSC_3165

 

先日、数字のことで、
なるほどな、
と思ったことがありました。

カジノでの勝ち方について、
若くしてとても成功されている事業家の方が
コラムの中で、

「負けたゲームの次は、
倍かけていくと、数学的に勝つ」
ということを書いていらっしゃいました。

「最後に1回でも勝てば、
元を取り戻すことができる」
とのことで、元数学教師でいらっしゃる方なので、
まさしく数学に基づいた考え方だと
思いました。
若くして精鋭な方でいらして、
らしい、考え方だなと思いました。

もう一方で、

カジノもビジネスも戦錬磨の方は、
負けたゲームの後は、
番小さくかけて、
買った後に大きくかける
と、逆のことを書いていらしたように
思いました。

 

お二人ともとても運が強くて
大成功されているので、
どちらも正しい法則なのだと思います。

 

私は、カジノに興味があるのでは全くなくて、
ビジネスで勝っていく方々が、
「数字というものを
どうやってとらえているのかな」
そういうところに興味がありました。

 

それで、私がまさしく、
ものすごく勝手に感じたことなのですが、
最初の方は若くて精鋭で、
数字というものをロジックでとらえて、
そのもっとも確率の高いところを分析して、
スマートに狙ってとっていくタイプ、

それに対してもうお一人は、
数と、その場の「気の流れ」を読んで、
その「気の流れに乗る、乗らない」を
勝負事で勝ち抜いた経験もとに
感じるタイプなのかな、と
思いました。

いずれにしても、
自分の勝ちパターンを自分で掴んでいる、
ということですね。

自分で数字数式を掴んでいるんですよね。
人のただのまねっこではなくて、
フォロワーではなくて、
PDCAの中で

自分の数字を掴んでいるんですよね。

 

あなた様は、どの数字が好きですか?

1番になる
2人で、がっちり相乗効果
3人衆で、三本の矢?日本的?
4,5,6人くらいでいっつも群れている人いますね。
群れると、強く見えるので効果はあり。
真似するのも手。
7 ラッキーセブン?
8 縁起担ぎが好き?
9 バカラ好き? ヤンチャな勢い
0 無の悟り 無限の力? 桁を変える。

あなた様に今、一番大事な数字は?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2017年3月26日~29日

マカオであなた様の数字運を試したい方は、
info@shiomi.asiaまで、
【マカオ問合せ】というタイトルで
メールをお願い致します。

ツアー内容はこちらとなります。

【マカオのポルトガル情緒とカジノを3泊ゆったり堪能する旅】

(3泊4日が約4万円)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

時間を費やして、その道で長けた人になる。

皆様 こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

皆様は、「作業」に時間を費やすことを
無駄だと思いますか?

時間はこの世で一番大事なので、
作業ごときで使ってはいけないという理論は
ごもっともと思います。
企画に、もっと時間を使いたいですね。

ですが、作業も含めて、
どれくらいの時間をその事にあててきたかで、
その事をどれくらい深く理解するかが
実は決まってくると思います。
つまりあなた様が、その道で、
自信を持ってやっていけるかどうかが
決まると思います。

例えば、あなた様が、
キャンペーンの販売結果をまとめたとします。
まとめあがったデータは、
たぶん、たった一つのExcel Fileで
プリントアウトしたら、
たった1枚の紙かもしれない。

でも、そのデータをまとめるのに、
10時間もかけたあなたは、
実はいろいろなことを理解しているはず。
データの入力の仕方がまちまちなところに問題点があるとか
土曜日と日曜日と、どっちがどれくらい売れているとか、
まとめられた数字をパッと見るとわかりにくいけれど、
行き当たりばったりで売っているのか、
計画的に決めて売っているのかが、
なぜか、わかったりします。

理解する度合いが、
作業をすることでとても深まります。
作業をしないで企画をするのと、
作業をして理解を深めて企画するのでは、
コツをつかんでいるかどうかを、
まるで左右するので、
企画の成功を左右すると思います。

だから、残業がつらくてたまらない方に
応援とともに、楽になる考え方を
教えて差し上げたいと思います。

たった一人夜に会社で残っていたり、
家で仕事をしたり、
朝、夜明けから起きだして
出社時間ぎりぎりまでに一仕事したり、
そういう頑張り屋さんにお伝えしたいです。

きっと、あなた様がしていることは、
身になります。

予想以上に作業量が多いことを
期日までに終えることで、
自分の仕事量の基準値が上がります。

体がくたくたになるまで作業することで、
忍耐力や、自分でやり遂げる力がつくこと。
体力もつくというか、
疲れを感じ始めるレベルが上がってくると思います。

仕事を持ち帰って、
隣りで旦那様や奥様が、
いやな顔をするかもしれない。
でも、これは絶対に終えなくてはいけない仕事だと
パートナーに話して、
理解してもらったり、
そんな状況でも、
パートナーの笑顔を引き出すのに努力したり、
これも人間関係の訓練になります。

残業のせいで、
旦那様と喧嘩したりする女性の話を
よく聞きます。
そんな場合、みんな、悪くないですよね。
旦那様は、女がそこまで仕事しなくてもと
思っているかもしれない。
自分が仕事を頑張っているので、
奥様に支えてほしいと思っているかもしれない。
奥様は、会社に言われたことをこなしたくて、
家庭も仕事も頑張っているのに
なんでわかってくれないのかな、
なんでそんなに不機嫌になるのかな、と
とても悲しくなると思います。

でも、そこで喧嘩しないで、
しっかりと話をして、
お互い楽しく協力し合えるようになって
このような状況でも、
冗談も言い合えるくらいにできるかどうかは、
女としての裁量器量だと思います。
そして理解をして協力してくれる相手に対して、
本当に感謝の念でいっぱいになります。
大事な人とこういう関係にもっていけたら
人生が楽しくなると思います。

なんでこんなことばっかり、
私がやることになるのかな、
こんなときばっかり、
と思いがちですが、
実はそれは、
今後のあなた様にいいことなのです。

誰しも、人に使われるより、
人を使いたいと思いがちです。
「人に使われやすい」ということを、
私ばっかり使われちゃって、
損しちゃうと思うと
損しちゃう方向になります。

そう考えるのではなくて、
人にものを頼まれるということは、
とてもいいことだと思うことです。
独立した後に、仕事が来やすい、
私ができて他の人にできない面倒な仕事がある、
ということで、
とてもいいことになり得ます。

それから実際に自分で作業をしていると、
その大変さがわかります。
自分がExcel File1個出す大変さや、
段ボールをひとりで開封処理する大変さがわからないと、
将来、自分のために若い人がしてくれた仕事に、
どれくらい苦労があったか想像できず、
感謝の気持ちも湧き出ないと思います。

効率を改善することと、
時間を費やして本気でやることは、
別物なので、分けて考えるといいと思います。

実際に夜中まで残業したり、
早朝から働き始めたりすると、
心臓がドキドキしたり頭がクラクラしたり、

ひとりで戦っているみたいで
悲しくなったり寂しくなったり
とてもつらくなってしまったりすると思います。

でも、必ず必ずそれは
後々あなた様の身になるので、
あまり悲観的に考えずに、
自分がこれからすごく強くなるんだと、
思いながらできるように、
応援しております。

 

私は先日、とあるアメリカの会社の
トレーニングセミナーに行きました。
アメリカ人のマーケティングディレクターの方が
壇上に立って、
もちろんアメリカンイングリッシュで
大きな声でスピーチされました。
そつがなくて、一見、力強いスピーチでした。
とても自信満々な態度です。
でも、会場はざわついています。
みんなが隣りの人とおしゃべりしています。
何かが足りないからです。
会社の偉い人なのかな、というだけの
どことなくFAKEな印象なのです。

次に、登場したアメリカ人は、
表情もそんなに大げさではないし、
話し方も大げさではないのですが、
会場が聞く姿勢になります。

私は、その時に、
なるほどな~、と
様々なことを感じました。

あなた様は、今、つらくても、
きっと2番目に登場したアメリカ人のように
本物になれるはずです。

 

それから、

時間を費やし、体力を費やし、

気持ちを費やしたことには、

感情がわきますので、

PASSIONが湧きます。

 

PASSIONが湧くと、

POWERFUL  LIFE を生きていくことになります。

おつかれさま !!

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村