2020年のお楽しみが2022年に延長です!!

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

私にとっては、2020年のオリンピックが、

東京で開催されることと同じくらい、

イヤ、それ以上に・・・

2020年に、シンガポールとマレーシアの首都、

クアラルンプールが<<<1時間半で>>>

高速鉄道でつながることが楽しみだったのです。

 

それが、開通が2年遅れるそうで、

お楽しみが少し伸びました。

シンガポールの隣りが、

マレーシアのジョホールバルです。

橋1本でつながっていますが、

ジョホールバルは、首都ではなくて、

政府もイスカンダル計画という雄々しい

名前を付けて、開発を頑張っているのですが、

首都のクアラルンプールとは、雰囲気も、

都会度も相当差があります。

 

クアラルンプールという首都とつながるのが、

マレーシアが、それによって、

シンガポールの影響を、経済・文化、両面から

受けて、急速に変わるチャンスと思います。

 

クアラルンプールに不動産をお持ちの方は

2022年は、嬉しいことになると思います。

 

すでに、クアラルンプールの物件には、

ブキビンタンのパビリオンスイーツ(2017年完成予定)が、

例えば、116平米の2LDKで、

1億3,875万円で、実際に売れているくらい、

高いものも出てきました。

ですが、この高速鉄道の開通で、もっと上がると思います。

今は1リンギットが37円まで上がっていますので、

円換算すると、余計に高く感じられますね。

 

ただ、まだ、実際に建っていない物件に関しては、

完成時期が、遅れることが多々ありまして、、、

それは、マレーシアのご愛嬌でございますので、、、

空港第2ターミナルもあまりにも延期が繰り返されるので、

オープン日が、1日伸びるごとに、

遅れたら1日あたり、数百万円、罰金とると政府が決めて、

やっとオープンですので、遅れることはご愛嬌です。

ですので、ローンを組んで、

コンドミニアムがオープンしたらその家賃で、

ローン返済をしていこうという計画は

マレーシアでは、少し余裕をもって考えた方が

いいかもしれないですね。

 

空港の場合(KLIA 2というLCCメインの第2ターミナル)は

2011年にオープン予定で、その後、政府の発表で何回

延期したと思いますか?

5回も、延期です。

 

今、このような本を準備中です。

cover

 

この本の中に、高速鉄道のことも触れております。

そこには、「2020年開通予定の」と書いてあります。

「2022年に、編集修正しなくては!」、と思いましたが

やめました。このままにしておきます。

 

だって、きっと、5回くらい、延長するでしょうから・・・

そんなこと、シンガポールが許さないかな・・・

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA