それ全部【丹下健三】【黒川記章】の設計です!!

皆さま こんにちは!

東南アジア コンサルタントの塩見有輝です。


不動産投資 ブログランキングへ本日は【丹下健三】【黒川記章】のお話です。
このお二人はシンガポールでも大変にご活躍されました。
国のアイコンとなるような大きな建築物の設計が、
このお二人でされているのです。

では、まず、日本では六本木の国立新美術館
代表作の【黒川記章】さんから。 
黒川記章 
 
マレーシアのクアラルンプール国際空港
黒川記章さんの設計です!!
KLIA シンガポールでは、皆さまが観光でいらっしゃった際に、
ほぼ必ず立寄るマリーナエリアの観覧車
シンガポール・フライヤー
記章さんの設計なのです。
SingaporeFlyer 
 シンガポール・フライヤー(観覧車)では、
最大28人入れるゴンドラがあり、
貸切でお食事会もできます。

 

シンガポールの金融街の絵を、一際
華やかにしている↑のリパブリック・プラザも!
66階建てです。

観覧車のSingapore Flyerは、
当然シンガポール人にとっては、
東京タワーに似たような観光アイコンですので、
この設計により、Kisho Kurokawaの名前は、
現地で有名になりました。
現地の人に、キ・ショー ク・ロ・カ・ワ と、
たどたどしいながら、フルネームで認知されています。

黒川記章さんの師匠【丹下健三】さんは、
ずっと以前からシンガポールでたくさんの建築物の
設計をされています。

 丹下健三 
  

都庁を設計した方です。

東京都庁 
  
東京都庁

↓ 下のシンガポールの金融街の
UOB PLAZAとよく似ていますね。
 

これはフジテレビフジテレぼ本社 

Cathay 
シンガポールのキャセイビル

シンガポールの国立体育館である
シンガポール インドアスタジアムも!! ↓
Indoorstadium 
 
日本で数々の名だたるビルや、大使館邸を
設計した丹下健三さん。
芝プリンスパークタワー 
芝公園の東京プリンスホテルパークタワー
ホテルは新宿のーアクハイアット丹下健三さんですね。

銀座のサルバトーレ・フェラガモビルも。
フェラガモ 

シンガポールの、コンドミニアムで
UE SQ(ユーイ―スクエア)という物件も
丹下健三さんの作品です。
こちら


 

 

まるで、東京都庁や、パークハイアット
そっくりで、素敵ですね。

築年数は、1997年に建ちましたので、20年弱。
シンガポールで20年弱だと、
とても古い、と感じる方が多いようです。
国が、まだ50年もたっていない国
(現在シンガポールは49歳の国)なので。

では、明日は、このUEスクエアの話を例にして、
どんな風に、シンガポールが変化したかを、
お話しましょう。
では、また明日。

にほんブログ村
 
 

 
転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA