東南アジアで必須!タクシーアプリ!【安全・便利】

皆様 こんにちは!

東南アジア コンサルタントの塩見有輝です。

にほんブログ村
皆様は日本でタクシー呼ぶ時に、スマホのアプリ、
使いますか?

東京に住んでいる場合は外に出たらタクシーがすぐつかまりますが、
そうでない場合は、ダウンロードしておくと、自分の現在地近辺にいる
タクシーが4、5台画面に出てきますので、その中で、一番近いものを
タッチすれば、とんできてくれます。
日本でも、きっと、このシステムが、スマホ普及とともに、定着すると
思います。

なぜならスマホ普及率が高い東南アジアでは、
タクシーアプリは、すっかり当たり前の日常ツールだからです。
私は、以前に、自分が本当に尊敬できる素晴らしい社長のもと、
会社勤めをしていました。
シンガポールとマレーシアで店舗マネイジメントをしていました。

マレーシアでは特に勤務する日本人スタッフには、
必ず、タクシーアプリをダウンロードしてもらっていました。

夜遅くタクシーに乗る時は、必ず、
このアプリで呼んだタクシーに乗るようにお願いしていました。
ローカルスタッフは、言わなくても、すでにダウンロードして
使いこなしています。

皆さんも、マレーシアに旅行に行った際はスマホをお持ちの方は、
ホテル所属のタクシーに乗るか、アプリで呼んだタクシーに乗ることを
おすすめ致します。

マレーシアで私が実際に使っていたアプリは、
MyTeksiというアプリです。
あともうひとつ、GrabTaxiというアプリはシンガポールで
使っていました。GrabTaxiは、
シンガポール、マレーシア、タイ、ベトナム、
インドネシアの5カ国で使えます。

GrabTaxi 

【使い方

1.このまま アプリ サイトで
MyTeksiと入れて、アプリをダウンロードしてください。

(空港や、ホテルなど、WiFiがあるうちに、ダウンロードしてしまうと
便利です。

クアラルンプール空港に着いたら、Googleにつないで見てください。
そうすると、自動で、WiFi接続ページにとびます。
そこに、自分の携帯番号を入れる欄があるので、それを入力したら、
Now You can Surfと出て、接続されます。
入力の際の日本の国番号は+81です。)

2.自分のスマホのGPSがONになっていることを確認してください。

3.現在地と、周りのタクシーの図が出ますので、クリックして、
お待ちください。

【使っての感想】

* タクシーとはぐれるケースや、すっぽかされるケースは
ありませんでした。

マレーシアのスマホ普及率は、80%弱。
日本のように、ガラパコス的に、狭くインテリ発展していないので、
それが幸いしています。
タクシーアプリを使うのは、当たり前の感覚です。

【危ない国こそスマホでタクシー予約】

* クアラルンプールの、ど真ん中のブキビンタンロード前で
拾ったタクシーによって、女性が、殺害されてしまった事件も
今年、複数回ありました。
マレーシアが怖い国というわけではありませんが、
シンガポールとは違うので、夜のタクシーの一人ノリは、
女性の場合は、土地に慣れるまでは、
しない方がいいでしょう。

こういうアプリで呼んだタクシーは、
管理センターにGPSで居場所を知らせているので、
道で拾うよりは安全度が高いでしょう。

* シンガポールの場合は、電話で呼ぶことも手っとり早いです。
日本の携帯からかける時には、
+65(シンガポールの国番号)の
あとに、6552-1111をダイヤルして下さい。

1回目は、面倒でも、1回登録してしまうと記録が残って、
同じことをくりかえさなくても、前回拾った場所を
利用頻度順に順番に音声でアナウンスしてくれるので、
その中から番号を選んで押すだけになります。

Citycab 

タクシー会社が2交代制をとっていて、午後3時~4時過ぎまで、
チェンジシフト(シフト交替)で所属エリアにもどるので、
タクシーが拾いにくいことがあります。
雨の日は、特にそうです。

先ほどのアプリGrabTaxiは、
タクシースタンドではない、とても中途半端な場所で、
呼んで待っていても、目の前に横付けしてくれる、

バブル時代のアッシーくん並みの速さとなります。

不動産投資 ブログランキングへ

転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA