海外でサービスアパートメントに住むメリットとデメリット

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

今まで動画でシンガポールとマレーシアの物件を中心に
コンドミニアムをご紹介してきました。

もう一つ、このコンドミニアムに、サービスがついたパターンで
サービスアパートメントというものがあります。

コンドミニアムにサービスがついたものです。逆にいうと、

ホテルの部屋に、台所がついて料理ができるものです。

つまり、

* コンシェルジュがいる
* お部屋のお掃除もしてくれる
(1日おきの場合もありますし、毎日も場合もあります。
場所によって異なります。)
* キッチンがあるので、料理が可能。

そして、最大のメリットは、
* 年間契約ではなく、短期契約ができる
(1週間以上、あるいは、2週間以上~)

そして、最大のデメリットは、
* 家賃が割高

たとえば、マレーシアですと、この動画でご紹介する
Lanson Service Apartmentは、首都クアラルンプールの
ど真ん中、ブキビンタンから車で5分のところにあります。
そして、3ベッドルームで191平米なので、
サービスアパートとしてはとても広いタイプです。

こちらが1カ月、日本円で95万円~120万円です。
マレーシアでこの値段は、日本で300万円払っている重みです。
こちらの1ベッドルームタイプは、85平米で約40万円。

シンガポールの場合、サービスアパートは、1平米あたりの家賃が
もちろんさらに高くなり、お部屋がもっと小さいものが多いです。


にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA