WhatsAppを結局一番使っています。

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。
皆さまは、普段 お仕事やプライベートで
どのメッセージ アプリを使っていらっしゃいますか?

私は、現在はWhatsAppに落ち着いております。

もちろんFacebook Messangerもメール代わりに
使いますが、それは

1.プライベートに近い内容のもの
2.ビジネスの内容でも緊急性のないもの
の時に主に使います。

ですが、東南アジアの現地の方々と仕事で
急いでやりとりをしたり、画像や動画を受取ったりするには
WhatsAppを使います。

アプリ表 
 
上記が東南アジアのメッセージアプリのシェアランキングです。
私は、シンガポール、マレーシアとやりとりする毎日です。
時たまインドネシア、そしてフィリピンとやりとりする状態です。

そんな私のアプリの歴史は、フェイスブックメッセンジャーから
始まりました。最初の頃、3年前くらい前は、急ぎの用事の時も
使っていたのですが、最近は、たとえば、Facebookでたくさんの人と
知合うと、見知らぬ国から「Good Morning、ハニー☆」みたいな
感じのメッセージも時々入るようにもなり、すぐには見なくなりました。

逆に、
日本人の方々とは、ビジネスでメアドを知らなくても、
Facebookメッセンジャーでやり取りすることが、
非常に多くなりました。
本当に日本人の皆さまとは、Facebookをビジネスで
多用しております。
メール代わりに使っています。

WhatsAppは、ダウンロードが無料になった時に
日本以上に価格に敏感な東南アジアで
一気に広がりました。
SHIOMI san, WhatsAppで送るから、という現地の方が
大変多くて、ファイルだったらGmailで送ればいいと
思っていたのですが、件名もなくてよくて今スグただ
さっと送れるところがいいらしく、何でもWhatsAppです。
通知音もわかりやすいし、なにしろ使っている人の数が
大変多くて、上記の表のとおり、ライン以上なので
使わざるを得ない状況です。

WhatsAppが無料から有料になったときに、カカオトーク
少し流行りまして、カカオもまあまあ 使いやすかったのですが
カカオ好きな特定の数名とだけ、メッセージのやり取りの時に
使っていました。今は、すっかりすたれてしまったようで、
誰からも、カカオトークでいい?とは言われなくなりました。

WeChatは、私はとても使いやすかったです。
WhatsAppと共通する使いやすさ、わかりやすさがありました。
マレーシアでは特に利用している人が多かったので
私も多用しておりました。
プライベートに近いスタッフとのチャットも、
仕事相手ともWeChatは多用しておりました。しかし!!
スマホを、SonyのExpediaのタブに替えたら、そのタブが
WeChatに対応していなくて!! WeChatをダウンロードできず
新しいモデルだからか、と思って気長に待ったものの、
そのままダウンロードできないまま!!でしたので、泣く泣く
WeChatは強制的に使えなくなりました。
もし、私側でまだ使えていれば、そのまま東南アジアの
現地の皆さまと、多用していたと思います。

LINEも1年以上前迄は使ってはいましたが、
今は、本当に、特に現地の方とのやりとりの時には、
使っていません。
毎回ユーザーが登録されているのを見ると、
日本人の方々が、どんどん登録してくださいます。
東南アジアの現地の方々の新しい登録はあまりないです。
最近はアカウントののっとりなどもあり、
安心しきれない何かを感じ、私自身は使わなくなりました。

東南アジアの現地の方々も、WhatsAppを使っている限り
Lineにかえてほしい、とリクエストする方々もいないので、
私のまわりからは、ライン利用者は、
一部の日本人の方々だけになりました。

Viberも一応入れてはあります。
が、実際は5回も使ったことがないです。
Viberで誰も送って来ないので。
1回だけ、特定の人に、Viberをリクエストされて
ダウンロードしただけです。

結局は、自分が使いたいものを使うと言うよりも、
相手が使っているものに合わせているうちに、
WhatsAppを最も多用している現在です。
非常に使い勝手がよく、不具合も生じにくく、
ファイルもとてもスムースにささっと秒速で送れて
何て素晴らしいんでしょう。
私自身は不具合に遭遇したことはありません。

このWhatsAppWeChatが、
Lineと何が違うかというと、淡々とさっさと
用事をお互いに話して終われるところです。
感情表現がほどよいところです。
小さめの顔マークが笑ったり投げキスしたり
そんなに多種多様でも大きく表示されるもなく
程よく、フレンドリーさを醸し出します。

LINEは、スタンプが多く、感情表現するので
初めはとても楽しかったのですが、
それがめんどくさいかんじになったり、
画面が大きくて見やすすぎるのが、
仕事に向いてなかったりすると感じました。

LINE スタンプが、感情が伝えやすすぎて、
大げさすぎて、やや疲れる感がしてきまして、
WhatsAppのシンプルさに戻っております。

東南アジア相手にお話しするときには
WhatsAppアプリを入れておくと、とても
スムースですよ、というお話でした。


にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA