シンガポールの銀行口座の日常での使い勝手

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

円以外の外貨でキャッシュを持ってリスク分散しようと
海外の銀行口座開設をする方々も多くなりました。
その格付けの高さから香港のHSBC銀行で口座を持つ方が
多くなり、そのツアーが組まれたりもしていました。

(現在は、HSBC日本は個人口座の取扱いはなし。

法人も、一部上場企業のみの取扱いのみ。)

シンガポールのOCBC銀行、DBS銀行、UOB銀行
の資産はそれぞれ25兆円前後でHSBC銀行の200兆円台には及びませんが
安定度は世界格付けランキングの常連であり、現在のシンガポールの
経済的そして政治的な安定を見ても、お仕事でシンガポールに
いらっしゃる場合は、口座開設をしておくと便利でおススメです。

私はDBS銀行にしています。
OCBCは格付けではDBSよりも上になることがほとんどですが
シンガポールにいると、「存在感」はDBSの方が圧倒的にあります。
支店数やその設備面もそうですが、
POST OFFICE SAVINGS BANKという
POSBと呼んでいた,いわゆる政府の郵便貯金が、
DBSと合併
したこともあり
国の代表の銀行というイメージがあります。
何か予測不能なことが起こった場合、OCBCのお金は安全で、
DBSのお金がそれより劣るとは私の場合は個人的に、
感覚的にですが、感じ取れないのでDBSにしています。

UOBは、クレジットカードのシェアで
過半数を占めている、
コマーシャルの分野で強い銀行です。

さて、では
日本でシンガポールのDBSの口座のお金を
使う時の手順を、具体的にお話しますね。

1)  インターネットで、DBS ibanking と入力すると
インターネット
バンキングのログイン画面に飛びます。
そこに、IDとPIN(パスワード)を入れます。
それだけだと、ちょっと不安ですが、こちらをご覧ください。

Tab

パスワード以外に、このセキュリティタブの番号を
入れないとインターネットに入れないんです。
右側が数年前のもので、左が現在のものです。

それで、ボタンをおすと、毎回違う数字が出るので、
その番号を画面に打ち込みます。

2) ログインに成功したら、口座で残高チェックをします。
自分の口座を選びます。
定期預金(Fixed Deposit)と、
普通預金(Ordinary Account, Savings Account)があります。

普通預金を選んで、お金をおろします。
DBSのものでも、
投資にまわしたものは、この画面では確認できませんので
金額がなくなって焦る時がありますが、
それは反映されていないだけです。

投資のものは、月々のお手紙でわかります。

3) おろし方には二通りあります。
ちょっとまとまったお金を下ろす時には、
申込書(Application Form)に自分の日本の口座番号等を書いて
シンガポールの銀行にFAXをします。

4) DBS銀行から電話がかかって来て、
まずは、本人確認で簡単な質問をされます。
それで本人確認ができたら、内容確認になります。

5) 次の日に、
振り込まれる日本の銀行から電話がかかって来て、

使用目的などを聞かれます。

もう一つの引き落とし方は、
20万円までのお金であれば
7イレブンのセブン銀行ATMで

DBS銀行のATMカードで1回で引き落とせます。
60万円引き落としたかったらその操作を3回すればOK.

ATMカードを入れると、セブン銀行の画面が英語になります。
自動音声も英語になります。
Withdrawal(引落とし)を選んで、金額を選んでおろします。

おろすと、自分の日本の携帯のショートメールに
確認のメールが入ります。
ショートメールは英語です。
そのATMカードにクレジット機能がついていて、
クレジットを使っても、使う度に毎回、ショートメールで
「今 ○○円、使いましたね。心当たりがなければ、
すぐDBS銀行に電話してください。」と自動確認が同時に来ます。

シンガポール国外での、
犯罪がらみの不正のお金の引落しを防ぐために、
海外での引落しをできない初期設定になっていることが多いので、
使う場合には口座開設の時に再確認が必要です。

シンガポールの国外での、
クレジットカードのマグネットの読み取りによる
不正なカード使用が多いので、
気をつけてくださいという手紙が最近来ました。

それで、シンガポール国外での使用をできないように、
自分で変更するには、
手紙に従って、簡単に操作できます。

具体的な手順は、+65(シンガポール国番号)の77767に、
ショートメールで、
Disable overseas card’s と 入れて、その後に、
お手紙にかいてあった4ケタの自分の暗証番号を入れて送れば、
それで、ロックが掛かります。
いちいち、電話したりインターネット画面に行かなくてOKです。

このように、とても便利であると同時に、セキュリティーの方も、
細かくちょこちょこ変えてきますので、とても優れていると感じます。

Treasury Banking Memberとなりますとゴールドのカードをもらって、
銀行の支店でも並ばずに専用レーンに案内されたり、
シンガポールのチャンギ空港で特別ラウンジがあったりします。

また、一人に1名、Managerと呼ばれる担当者が付きます。
日本に来た時に、個別にアポが入って、「わーすごーい、
銀行のパーソナルサービスなんてお金持ちみたい!」と
ミーハー根性で、見栄をはって会ったりすると、
投資用の案件を勧められるだけで、
言うことを聞いていると、たいてい損します。

きっと本当のお金持ちの方は、こういうサービスも
本当に有効に活用されるのだと思いますが。

もう少し円安が収まったら、シンガポール預金をしても
いいかもしれませんね。

 

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA