タグ別アーカイブ: ギリシャ

3500年前のアトランティス大陸の頃から持っている感覚

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

kame

私は先週の日本の連休時にギリシャのサントリーニ島に行ったのですが、

そこには、アトランティス大陸伝説のモデルとなった

【アクロティリ遺跡】があります。

ギリシャミノア文明が栄えていたところで、
紀元前1530年頃に!
サントリーニ島で起こった、
巨大噴火で島の半分が吹き飛び、
その後の大地震と津波で、
破壊に至ったという場所です。

この写真は、つまり今から少なくても、

3600年も昔の!家の跡なのに、

そこには、すでに芸術センスが溢れていて、

驚きませんか?

こんなに大き美しい壺↑ を均等につくって、

そこに植物の絵を描き、

家はほとんど2階建てで、

staircases

エントランスが美しくデザインされ、

3本の柱を立てて

階段のアプローチが敷かれていました。

 

3600年以上も前というと、

どんな時代を想像をしますか?

この頃、まだもしかしたら

人が人を食べてしまっていたり、

日常的に殺し合いしたり、

そんなこともあるだろうなという時代です。

 

 

そんな時代に一方では、

家のデザインをこんなに美しく整えていますよね。

確かにそこには“Sense of Art”があったということに

ものすごく驚きました。

インテリアデザインといいますか、

Home Decoの趣向を感じました。

 

 

人間の脳はもともと、

美術的な才能を持っていて、

そのセンスは現在と共通し、

どんな状況でも、

そういうものに惹かれていくのだ、

と、そう感じました。

 

このことにとても感動を覚えました。

 

 

99999999999999999999

 

以前、半年前にサントリーニに行って、
気に入ったので、
今回また、インドネシアのお友達と
 一緒に行きました。

インドネシア人の彼女は、
ギリシャに行くのに1か月以上前から
ビザの準備をしていました。

EUに入る

シェンゲン圏共通の短期滞在査証(ビザ)です。

日本人はビザをとらなくていいのですが、
東南アジア各国の国籍の場合は、
シンガポールも含めてビザを取る必要があります。

インドネシア人の私のお友達は、

* 申請書などの書類をそろえ、

* 滞在日数に見合う預金額
(彼女の場合は、
5泊だったので航空券やホテル代などを計算して
約50万円
が銀行口座にあることを残高証明する。

* ギリシャ大使館に面接に行く

という手順で、準備していたのですが、
面接から2週間後に、
「ビザが出せません」と
言われてしまいました。
NGの理由は、
「これまで頻繁に海外旅行を
していないので」とのことでした。

それで、ドイツ大使館に行って、
ドイツ経由で入国することで
申請をして、
3日後にOKが出ました。

日本人で生まれたことで、
これらの労力を使わないで
楽しんでいろいろな国に行けるのだと、
実感致しました。

88888888888888888888888

 

私はサントリーニに何度か行く理由があります。

今度お話しますね。

 

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

地屋にして

貧乏な人に恋をした。

 

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

DSC_1002

私は、先週、ずっとずっと行きたかった、

ギリシャのサントリーニ島に行きました。

あの白と青の世界にずっと興味があって、

行きたくて仕方がなかったのです。

 

⇒サントリーニ島の世界を動画で見てみる

 

なぜかわからないけれど、

とても惹かれていて、

実際に行ってみてやはり思った通りで、

もっと好きになりました。

これはとても恋に似ています。

でも、ギリシャは、今、金融危機です。

 

人に例えると、貧乏な人かもしれない。

私は貧乏な人に恋したのかな。

でも完全に私のタイプだ。

 

⇒サントリーニ島の世界を動画で見てみる

 

 

「自分がお金を持っている、持っていない」

というのは、ほぼ確実に

「自分の自由度」に正比例すると思います。

 

でも、「相手が」

お金を持っている、持っていないは、

自分の自由度に比例しないと思います。

 

お給料50万円の彼氏が、

10万円をお小遣いでくれるのと、

お給料1000万円の彼氏が、

お小遣いはくれないという場合もあるかもしれません。

お金を持っていそうに見えても、

収入より支出が多くてアップアップかもしれない、

そうすると、楽しむ余裕はないから、

付き合っても楽しくないかもしれない、

70歳になって、やっと人より贅沢できる、

というパターンも多いかもしれないです。

 

ギリシャは金融危機だけれど、

日本も、収入より支出が多くて

そうそうラクではない。

昔はお金持ち扱いされてきたけれど、

実は、そうではないのは、

知っているはずだ。

まあまあの収入の人と結婚したけれど、

思いのほか、キツイな、

そういう状態が

国でいうと日本かもしれないですね。

 

 

相手に頼って打算で人生を決めていると

つまらないと思う。

国が守ってくれることを

ずっと信じている乙女な気分も

終わりにしなくてはいけないときが

あるかもしれない。

 

自分で自分が楽しめる分を

稼ぐシステムを持つべきだ。

こちら↓ に是非、お気軽に参加してくださいね。

とてもいい方法がありますので。

下記 ↓ が日程表とお申込みリンクです。

 

→麻布十番で話を聞く日程表

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村