タグ別アーカイブ: ネットビジネス

人生の「カッコワルイ期間」

皆さま こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

今日は、
人生の中での
「カッコワルイ期間」について
私の経験をご披露しながら
書こうと思います。

若い時に仕事が上手にできなかったとか、
そういうことは、カッコワルイ、と
思いません。

多少なりとも誰でもそうですし、
苦労している状態」と
カッコワルイ状態」は違います。

もっと、
みっともなくて惨めな時期
人生にありませんですか?

私の場合は、ありますよ。

たくさんたくさんありますよ。

近年のものを
いくつかご披露しますね。

 

今から3年近く前の2014年頃、
私はまだネットビジネスのことを
全然、何も知りませんでした。
サラリーマンを辞めて
時間もたっぷりあるとき、
フェイスブックのメッセンジャーで

ランチ会

がありますけれど来ませんか?
というお誘いがありました。

家の近くの場所だったので、
外出帰りに寄ろうかな、と
思いました。
よくある異業種交流会みたいな
そういう感じかな、と思いまして、
ご飯を食べずに行きました。

そうしたら、
そこには5,6名だけ集められていて、
ホワイトボードがあって、
今から考えるとわかるのですが、
その人はたぶん、
自分のビジネス塾みたいなことをやりたくて
その第1歩として塾を売れる相手候補として
呼ばれたようなんですね。

予告なく生徒にされる流れですね。

それで、ひとりずつこれから
どんなビジネスをしていくのか聞かれて、
ホワイトボードに書かれていきます。

「なんで私が、
私のアイデアを人に教えなくちゃ
いけないのか?」

教える立場のふりをして
人のアイデアを聞くサイコパス講師や

占いをしているふりをしながら
人の貯金額を聞き出して、
お金を引っ張る
投資占い師」みたい、

そう思いました。

ところでお腹がすているのだけれど
いつランチが始まるのかな?

早く質問に答えて
早くランチ出してほしいと思い
適当にその場を乗り切って、

さて、やっとご飯かと思いきや、

秘書みたいな女の人が、
「手作りの揚げたてチュロスです~」って
大きな鉛筆サイズのチュロス
一本ずつ配ったんですね。

なんと、これがランチらしい!!

と気づいたときは、
私は腹立たしさの極みにいたのでした。

勝手に生徒の立場にされて、
勝手に人のアイデアを聞かれて、
チュロス一本だけもらって、

揚げ物なのに水も無くて
パサパサのチュロスを飲み込み、
コーヒー下さいと言ったら
ちょっと嫌な顔されて、

そして、帰り際に、

私が、1500円を払う!

という
理解不能な流れでした。

 

会社の外の世界って、
こんなことあるんだわね、
怖いわ。

空腹と怒りとともに
様々なことに気が付いた1日でした。
チュロス事件です。

 

その後、
ネットの塾に通ったりして
そうしたらパーティーがあって、

「じゃあ2次会行きたい人~。
六本木の会員制の
高級レストラン行くよ~。

2次会には、

与沢翼さんが
顔を出してくれるので、

3万円~。」

という呼びかけに、
前から与沢さんに会いたい!
と思っていた私は、

与沢翼来るなら3万円払っちゃう

と即決し、
2次会について行ったのである。

六本木のレストランとは
以前に行ったことがある
レストランだった。

出たメニューは、
まったく一品も違わず、
前回と同じメニューだ。

前回は、1万円だった。

+2万円はどこに行くんだろう?

私は与沢翼さんを
夜12時迄待ったけれど、
訪れる気配がない。

12時を過ぎた頃、
あれは+2万円の付加価値の為に出た
集客用の洒落言葉なのかな、
と気づき始めた。

みんなは偉いな、
文句一つ言わないんだな。

でもしかし、ここで

「与沢さんが来ないじゃないですか」

と文句言ったら、
イケナイ雰囲気だな。

文句言ったら、
KYだから成功しませんよとか
言われるのかな。

 

そう思いながら、

私は一人静かにお店を出て、

夜風にあたりながら

歩いて帰ったのである。

 

夜、歩きながら

私は自分のことが

すっごくカッコワルイ

そう思った。

頭が悪くて情報弱者で

ミーハーで、

こんな風に好きにやられてて。

すごくカッコワルイ
と思いました。

いい年して何やってるんだ、
若い時のつらさとまた違った、
惨めさを感じました。

 

そういうわけでね、

いくつになっても、
何か新しいフィールドで
やろうかな、と思ったときに、
結構惨めな
カッコワルイ期間が出てきます。

すでに他フィールドで
バリバリのリーダータイプの方は、
こういう道は歩まずに
最初から勝つ道を選んで歩くと
思いますが。

ほとんどの人に
カッコワルイ期間はあって
成功している人にもあって、
でもそういう方々にとっては、
それは昔の小さなことで
すっかり忘れてしまっていたり、
あえて話さない方も多いようですので、
がっかりしすぎたり
悲観的になりすぎる必要は
全くないと思います。

それからカッコワルイ期間
誰かのせいで、
そうなっているわけではなくて
自分の問題です。

わかりやすい例として、
先程「チュロス事件」や
「与沢さんが来るよ来るよ事件」
を書きましたが、

じゃあその主催者が
悪いわけでも全くありません。

私がよく考えて、
行かなければ
よかっただけです。

 

あれから2年程して、
自分がセミナーをしたり
ランチ会をするようになりました。

する方も一生懸命だったんだと
今は、わかるようになりました。

今日は、土曜日。
様々な自己啓発系のセミナーや
ネットのセミナーや
セレブを目指す?(笑)ランチ会や、
そういった類のものがあちこちで
開かれていると思います。

 

あなた様は、その中で
それぞれの立場で、
どんなことを感じましたか?

カッコワルイ目にあったり、

嫌なことに出会ったら、

ラッキーじゃない?

 

考え方の癖を変えるチャンス。

飛躍のチャンス。

今よりも稼いじゃうチャンス。

またしても、

脳内が若返っちゃうチャンス。

 

私は今、ジャカルタ。

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

 

ネットが劇的に得意になる方法

皆さま こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

今日は、ネットビジネスの話をしようと思います。

特に、
ネットのことが何がなんだかよくわからない、
自称「機械音痴」の皆さまに、
お役に立つ、考え方を書きたいと思います。

私が、数年かかって、
ネットを使って、
収入も得ることができるようになった
いきさつや、考え方のコツを書きます。

8888888888888888888888
8888888888888888888888

私は人一倍の運動音痴方向音痴
それから機械音痴で、
家電製品の操作や修理もできませんでした。
運動音痴と方向音痴は、
依然改善されておりませんが、
ネットは使いこなしています。

だからあなた様にもできます。

私は、「機械音痴」を乗り越えるために、
Galaxy初代タブレットを2011年の1月に、
あえて、買ってみました。
犬の散歩に行くときに、
Mapを使って遠くまで行くことが、
できるようになりました。
それまで、
行きたいけれど道順がわからなかった、
方向音痴の私が、
行きたい場所に歩いて行けて、
いろいろなお気に入りスポットを見つけて、
愛犬とアドベンチャーな休暇を楽しみました。
それは私にとって、
当時、大変な幸せだったのです。

「なんて便利なんだろう!」
と、この「機械」に惚れました。

ですが、私の中で、
インターネット関連事項は
まだ「機械」でした。

インターネットビジネスをするようになってから、
私は、この「機械」の特殊な仕組みや、
特殊ノウハウを知らなくてはいけないんだと
そう思って、それを学ばなくては、と
思いました。

なるほど、キーワードはこんな%で入れるんだ、
なるほど、リンクね、なるほどなるほど
HTMLはだいたい覚えたな、
サイト更新頻度滞在時間ね、はいはい。。。

機械くん」が評価してくれることばっかり
そんなことばかり気にしていました。

ネットの勉強会で、
例えばAとBとどちらが成果が出やすいか聞いて、
答えはAですと、言い切ってもらえるのを、
期待していました。
状況により、という答えではなくて、
どちらが正解なのかを知りたがりました。

あなた様は、このように、
以前の私のように考えていませんか?

それだと、
上手くいかないかもしれません。


現在、「機械くん」は、
機械用の特殊な何かに反応して、
あなた様を評価するのではなくて、
まるで人間のように総合的に
私達の中身、コンテンツを見て
評価してくれるようにまで
成長しているのです。

機械」を喜ばせるコツを知りたいと
それを追い求めていませんか?
この「機械」を使いこなせるのは、
秋葉原にいるようなオタクくん達や、
生まれたときからネットがある
ITネイティブの若者だけ、
そう思っていませんか?

そのイメージを取り払った方が、
上手くいくと思います。

Googleクローラーは、
とても頭がよくなって、
きまった暗号に反応する機械から、
人間のように総合判断もできるように
なりました。
それなのに、いまだに、
クローラーが好むことや
特殊法則、特殊情報を知ろうとして、
その線の専門記事を読んで、
もっと混乱したりしていませんか?

機械」に伝えるのではなくて
人に」というところに、
自分の考え方が変わった時、
あなた様は、
もうネットが得意になっていると
思います。

誰よりも、長く生きている自信が
あればあるこそ^^、
ネットが苦手ではなくて
得意になる可能性があります。

8888888888888888888888

ネットのやり方がわからないのは、
ネット操作が難しすぎるからですか?

実のところ、そうではないと思いませんか?

操作がわからないと思い込んでいる場合でも、
たった一つの解説動画を見ながらやってみたら、
一発でできてしまいます。

さて、この場合、
問題はどこにあると思いますか?

操作が難しいからできないのではなくて、
解説動画を見る時間がない、というところ、
それが本当の、問題です。

時間がないことが問題なのに、
操作が難しくてできないのだ、
と、思い込んでしまうのです。

毎日、本当に忙しいのは、
とってもよくわかります。
誰よりも会社に早く来て遅く帰る若者チームも、
中間管理職の皆さまも、
責任の重い上役の皆さまも、
仕事を持ちながら奥様の役割や、
子育てされている方も、
本当にお忙しいと思います。

その中で自分の時間を捻出するためには、
やらないことを決めて、
時間を作らないといけないですよね。

使わない時間を決める?

だれかとおしゃべりラインしていないですか?
ラインをもらうと、
義務感から返信していると、
あちらが暇な夕方や夜にピロンピロン
ラインが何回も鳴って、
おしゃべりにつき合わされたりしていませんか?

ランチ中に会社の悪口を言ったり、
どうでもいい、人のうわさ話で、
1時間きっかり過ごしたりしていませんか?

そういうのをやめると決めて、
自分のしなくては、と思う事に
使えばいいと思います。

問題は、
ネット操作にあるのではないのです。
時間を作らないから、
時間がない、というところです。
ネットが不得意な理由は、
実は、そこにあります。

ネット操作を習いたいけれど、
教材がたくさんあればあるほど、
うんざり、
やる気がなくなったりしますよね^^
よくわかります。
「そんなに見たりやったりする時間ないよ。」
そう思いますよね。

でも、時間の問題に気が付いて、
これを先に解決しておけば、
とてもスムーズに進むと思います。

8888888888888888888888

ネットは、特殊世界ではなくて、
ツールです。

ネットの世界で活躍する人は、
機械」のことを
専門的によく知っている人ではないですよ。

そのように考えるきっかけになった、
私のエピソードをお話しますね。

いろんな意味で、恥ずかしいエピソードですが!!
皆さまのお役に立てば、と思いお話します!!!

あれば、2年半前、
2014年の後半だったと思います。
その頃、動画が流行って、
稼ぐ為には動画だ、というブームがありました。
そしてサラリーマンをやめた直後の私は、
1泊2日の動画教室30万円
というのを買いました^^;。

本当に一番最初に出会った、
イケメンのK先生のおかげで、
匿名ブログを書き始めて1ヶ月半で
すぐに成果が出たので、
今度は別のところで、
動画を習おうと思ったのです。

動画、動画、動画、
そんな風に騒ぐわりには、
当たり前の動画の撮り方しか
教えてくれないじゃん、
こんなやり方なら知ってるもん。
こっちは、30万も払ったじゃん。
ブランドバッグ1個分だ。
もっと、特殊技法を教えてほしかったのに。

これが、

私のその時の正直な気持ちです。

1日目の夜、
「じゃあみんな、明日の終わりまでに
一人100本動画あげましょう」
こういいました。

私は、冗談だと思っていたので
はなから、やろうと思いませんでした。

次の日、ネットで既に経験を上げている方々は
ちゃんと100本上げていました。

それでも、私はその時もまだ、
「30万円も払ったのに」、
と、そんな気分が残っていました。

今の私だったら、
何に気が付くでしょうか?

教える人も、操作面では最初は一緒だけれど、
わからないボタンを
自分で押しまくってやっているという事。
自分で研究している事。
スタートはそんなに差がなくても、
1日でものすごく差をつけている事。
行動量の高い基準値を持っている事。
その基準値を知る事。
などなどなどなど
気が付くところや、
学ぶところが満載です。

こういうことに気が付くようになると、
運がまわってきます。

8888888888888888888888

会社だと、実際の面倒な作業は
若い方に任せたりしてやっていくのが、
正しいあり方のようになっています。

「全部自分でやってしまうのは、
よくない事。
仕組みを作るのが、上の役割。」
と、よく聞きますよね。

だから作業というのは
若い人がするものだと
思いこんでいるせいか、
中高年になると作業をしなくなります。

「○○くん、やっといて」
「■■ちゃん、たのんだよ」

このように頼んで、
その人達がやってくれるのは、
あなた様がすごいからではなくて、
会社がその若い人達に、
お金を払ってくれているからです。
全部会社のおかげです。

ネットビジネスを、
自分でやる場合は、
自分が外注や雇用をできるまでは、
自分が作業するしかないですよね。

8888888888888888888888

今日は、ネットに対して、
苦手意識がある方に、
変われるきっかけがあるといいなと思い、
考え方の切り替えについて書きました。

伝わるといいなと思います。

伝わったなら、それは、
私が実体験に基づいて、
自分がやっと気づくことができた
きっかけを隠さずに書いたからです。
クローラーくんは、
「塩見さん、今日も記事を書いたんだね、
自分の言葉で、書いたんだね。」
そういう風にわかってくれて、
みんなに、記事がここにあるよ、と
伝えてくれます。

人に伝えるためには、
最低限の必要ITと、
自分で考えてやっていくことと、
結局は、人間力だと思います。

毎日自分でやれることをやって、
積み重ねていくことだと思います。

 


↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村