タグ別アーカイブ: 人を動かす

人は〇〇にしか興味がない。

皆様、こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

皆さんは、啓発書の代表本
カーネギーの「人を動かす」という本をご存知ですか?
1937年に初版が出版されて以来、
世界各国でロングセラーのままの書籍です。

この本に私は、思い出があるんですよ。
今日は、ちょっとご披露致しますね。

何十年も昔、私は大好きだった彼と
数年間、一途にお付き合いしていて、
横浜生まれの私は、
山手カトリック教会で結婚式をする
ということが最大の夢の(笑)
純情可憐な少女だったわけでございます。

週に3回くらい会って、
毎週日曜日は遠出して、
年に4回はスキーに行ったり
イベント事はいつも一緒で
数年の時間を過ごしていたにもかかわらず、
なんと、その彼は浮気をしていたのが、
相手の女性からの電話で発覚しました!(笑)
今から思うと大変な笑い話ですが、
当時はとっても驚き悲しみまして、
世界が終わってしまったかの如くです。
そんな日々から抜け出したく、
試しで受けたシンガポール航空に
ほんとに入社することに決めました。

人生って面白いですね。
「私はこの人の前から消えてやる~」と
思いまして「JALに行けばいいじゃん」
と泣くその人に仕返し気分で
シンガポールに行くと決めました。

お別れすると決めた時に
本屋さんで平置きされていた、
人を動かす」という本に目が行きました。
もう一つ、同じくカーネギーの本で、
道は開ける」というタイトルの本も、
置いてありました。
私は横浜ルミネの有隣堂で、
どっちかの本をその人にあげようと思って
どちらにするか数十分、考えました。

そして、

「ヘラヘラ女遊びしていないで、
人を動かす強い男になってほしい
と思い、
人を動かす」というタイトルの方を
選びました。

それから、相当いろいろと
あちらは頑張ったようで、
たま~に電話がかかってくると
いつも年収がいくらになったという
自慢&報告で、それが毎年
どんどん上がって行って、
こうなったのも、
私のおかげだという話に毎回なり、
「本をくれたんだよね」という話になって終わる、
という会話パターンでした。

「そうだよね、きっとあの本の中には、
何があっても頑張りなさい、とか
強く頑張りなさい、とか
人に負けるな、など、
そんな感じの事が書いてあるんだよね。」
私は、自分はその本を読んでいないにもかかわらず
すっかり本の内容をそのように勝手に
解釈していました。

さて、2017年末の大掃除の時、
この改訂版の本を数年前にふと買って、
やはり読まずに
そのままになっていたものが出てきて
今回は読んでみました。

 

大変に驚きました。
なぜなら、私の想像していた内容と
真逆の真理がつづられていたからです。

Wikipedia 引用
書籍「人を動かす」の内容

人を動かす三原則
批判も非難もしない。苦情も言わない。
率直で、誠実な評価を与える。
強い欲求を起こさせる。

人に好かれる六原則
誠実な関心を寄せる。
笑顔で接する。
名前は、当人にとって、最も快い、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない。
聞き手にまわる。
相手の関心を見抜いて話題にする。
重要感を与える – 誠意を込めて。

人を説得する十二原則
議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける。
相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない。
自分の誤りをただちにこころよく認める。
おだやかに話す。
相手が即座に’イエス’と答える問題を選ぶ。
相手にしゃべらせる。
相手に思いつかせる。
人の身になる。
相手の考えや希望に対して同情を持つ。
対抗意識を刺激する。

人を変える九原則
まずほめる。
遠まわしに注意を与える。
まず自分の誤りを話した後、相手に注意を与える。
命令をせず、意見を求める。
顔を立てる。
わずかなことでも、すべて、惜しみなく、心からほめる。
期待をかける。
激励して、能力に自信を持たせる。
喜んで協力させる。

本の内容↑が
自分の想像していたものと全く違い、
相手への愛情に溢れていました。

それから、

人は自分にしか興味がない」ということが
読み取れました。

それがいいとか、悪いとかではなくて、
基本的に人は、
自分にしか興味がない人がほとんどなので、
そこをわかっておかないといけない
ということです。

「いくつですか?」という質問に
「いくつに見える?」と
ワクワク顔で返す人も、
意外にも、いまだ
とても多いです。

大丈夫、自分の期待や心配と関係なく、
大概の場合、みんな年相応に見えているのに。

相手には関心がないけれど、
自分のことについては何でも気になる、
それが人間だと思います。

 

さて、先ほどの元Playboyさんは、
現在では大変に穏やかな
器の大きな男となり
静かな笑顔をたたえています。

 

 

あの本が必要だったのは、
どうやら、
私の方だったみたいですね。

以前は他の人の事には
興味がもてなかった私も、
今では、
一緒に成功していきたいな、
そう思える人々がいます。
1月20日は懇親会を開催致しました~。

2018年、頑張っていこう。

 ↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村