タグ別アーカイブ: 南国

なかなか成果がでない時に。

皆さま こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

今日は、
「不器用な事が急にできるようになった経験」
が1個でもあると、
なんでも頑張れるようになる、
という話をしようと思います。

999999999889999999999

あなた様は、器用な方ですか?
新しいことも、比較的、
さっさと習得してできるタイプですか?
それとも、人一倍、
時間がかかってしまうタイプ?

ほとんどの方がMIX型ですよね。
得意分野においてはとても習得が早く、
不得意分野では、遅いというのは、
当たり前ですよね。

999999999889999999999

私は12年間、
シンガポールに住んでいたことがあり、
今も東南アジアに毎月行くので、
南国」が大好きな人のように
見えるかもしれないですね。

そうではなかったんですよ。

私は、以前は、
南国」がとても苦手だったんですよ。

暑いとすぐ疲れてしまいました。

シンガポールのチャンギ空港
同期13名と着いたときに、
皆が「わあ、あったかい~。
いいね~。南国だね~!」
と胸を躍らせているときに、
私は憂鬱度MAX
心身ともにダウンしていました。

ご飯を買いに行った時でした。
炊飯器の中から、おしゃもじなしで
お茶碗で「直接」ご飯をすくって、
それをそのまま、パカっと、
」の上にのせて

こういうご飯を用意しているのを見たとき、
衝撃を受けました!!
パカッとご飯を紙の上に乗せた時、
私の心の中でプツン、と音がしました。
本当にその時、頑張る心が
途切れたのを感覚として覚えています。

「この国から早く脱出しよう!
ここにいるのは無理だ!
早く見切りをつけなくては!」
その瞬間に思って、
呆然としたのを覚えています。

周りの人が、
「こんなに安くておいしいご飯が
食べれるなんて、すごいね~。」と
はしゃげばはしゃぐほど、
ついていけない自分に
孤独を感じていました。

 

最初の3か月間は、
毎日、憂鬱で、
日本食レストランに行って、
泣いていました。

心で泣いていたのではなくて
涙を流して泣いていました。

 

にもかかわらず、
途中から急に馴染みだし、
嫌だったことが好きに変わって、
12年間住まわせていただきました。

 

今も、不得意なことに出会うと
あ、あの時の私の状態だな。」
と思い起こします。

そういうわけで、今は、
人よりもできないことに出会っても、
それは、
現在の不得意分野で「不器用」
なっているだけ
で、
でも、きっとあの時と同じように、
私はこれをある日突然、
「器用」得意に変えることができる、
と、そう思って、
挑戦することができます。

999999999889999999999

それから、

自己啓発書でよく用いられる例えですが、

トンネルを掘っているときに、
そのトンネルの先に、
いったいいつ、
光が見えるようになるのか、
真っ暗なトンネルの中にいると
わかりませんよね?

この暗闇がずっと続くのではないかと
不安になると思います。

それで、そこで辞めてしまいがちなのですが、
実は、自分が気が付いていないけれど、
光にあと、たった一堀りで
たどり着くところだったかもしれないよ、
だからそれを信じて、続けた方がいいよ、
ということです。

その言葉に勇気づけられて、
できてきたこともあります。

999999999889999999999

私は、ちょっとバッとしないな、
というときには、
上に書いた2つのことが
頭に浮かびます。

あなた様は、
どんなことを思い浮かべますか?

 

もっとダイナミックな言葉だったり、
偉人の言葉だったり、
大テーマもいいですね。

私の場合は、
自分の体験の鉢を手の中にもって、
自分自身がそこに、
疑いの種を蒔かないように、
しています。


↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村