タグ別アーカイブ: 成功法則

ネガティブきっかけなエネルギーが本音

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

成功者の方々に、どういうモチベーションで
事業をしてきたか、という質問をした場合、
国に貢献したい、
家族と仲間を守りたい、
日本をよくしたい、
業界を改善したいなど、
素晴らしい志が出てくると思います。

それは嘘ではなくて、本当である部分も
大いにあると思います。

と同時に、
口にはしないにしても、
目立ったが故に、人に批判されたり
足を引っ張られたりしたことに対して、
当然、悔しいな、と思って
それが頑張るエネルギ―になっていることも
あると思います。
小さいことはフォーカスしないにしても、
多少は感じるものはあると思います。

小池百合子さんは、
涼しい顔をしていますし、
百戦錬磨でそんな空気には慣れているとは思いますが、
やられよう、言われようは相当なレベルです。

* 都知事になって自民党室に挨拶に行ったら、
誰もそのために待って歓迎する人はいなかった
* 初登庁日にお出迎え陣営が3名のみ
* 女を使っている、と言われる
* 何かと都政に権力をもった内田のドン様に、
「写真撮りましょう」と言ったら
「あなたのリクエストを聞く必要はないから」
などと嫌味500%で断られる
* 森さんに思い切り何かと妨害されている
* 石原さんに大年増の厚化粧と言われる

こんなことは、大きなことをしていく人にとっては、
すっかり忘れるくらい小さな出来事かもしれませんが、
列挙しただけでこれだけあります。

内田さんや森さんに何を言われても、
「がまがえるみたい」と、
心の中で唱えたらなんともないけれど、
ダンディーでハンサムな石原さんに
あんな風に言われたら、
ショックだわ。

でも石原さんなら、
うまくかわしていれば、
きっとそのうち
受け入れてくれるはずだ。

背が高くてかっこよくて、
小さい時から裕福なタイプは、
コンプレックスが薄いので、
ひねくれていない天真爛漫タイプが
多いはずだから。

東京をよくしたい、
日本をよくしたい、
お金はもう持っているから半分の給与でいい
それより地位と名誉がほしい、
人に認められたい、
私を認めない人に実力を見せたい。

声高にアピールする大志や自己実現を、
マズローの5段階欲求の、
一番上からもう一段階下の欲求である、
「承認欲求」や、
もっと下のレベルに属する感情が支えているのかもしれない。

88888888888888888888888888888

人が認めないで反発すればするほど
もっともっとその人はそれをバネにして、
頑張っていくように思います。

よくネットビジネスで、
「私はいくら稼いでいます。」
と公言合戦があって、
なんでそんなことをするのかなと
以前は思っていました。
ですが、やはりそうしないと、
嫉妬深い人々が、
なかなか認めてくれないのではないかなと
思うようになりました。
それで、嫉妬さえもされないレベルの、
「これでもか!」と圧倒する程の数字を、
提示するまで、
頑張るのではないかと思いました。

以前にセミナーのアンケートで、
「月いくら以上稼ぎたいか?」
という質問の回答は、
500万円と書いていらっしゃる方が
一番多かったです。

100万円や200万円と書く人は非常に少なく、
500万円、1000万円と書く方が多いのです。

ということは、
それくらいでないと、
相手を認めないということなのかな、
と思いました。

88888888888888888888888888888

今年いっぱいで大殺界が抜けたら、
来年は引越します。

人に認められるには、
月に500万稼がないといけないみたい。

あとは称号とか買えばいいのかな。

マレーシアには、Datoや
Tan Sriなど称号がたくさんあるけれど、
ああいうのかな。

頑張る。

お肉でも頂くわ。

DSC_2586

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

七夕の夜に考える恋愛と成功法則

皆さん こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

本日は7月7日七夕ですので、恋愛の話をしようと思います。
織姫と彦星は、1年に1回しか会うことができないです。
「会いたいけれど会えない」というシチュエーションに共感して、
このストーリーに思いを寄せる方が
多くいらっしゃるのではないでしょうか?

さて、織姫と彦星のストーリーには共感しますが、

現実世界に照らし合わせてみますと、

 

◆ 織姫と彦星は、1番好きな人にこだわりすぎ。
1年に1回しか会えない人に、こだわりすぎ。

確かに、
とても大好きな人をどうしても手に入れたいと願い、
その人を手に入れることは、
ものすごい「成功体験」だと思います。

自分が夢中になった相手を手に入れることができた、
という思春期の一体験が、
その人に自信を与えて、
成功体験の連鎖を起こして
事業で大成功を収める場合も多いと思います。

ですので「1番ほしいもの」を追いかけるのは、
非常に大事だと思います。

ですが、女の人の場合は、
ず~っと振り向いてくれない男の人を追っていても
結果としては、社会的には
そんなに幸せにはなっていないことが多いかな、
と思います。
「one of them」なのに、
「自分は彼女」と思い込んでいる場合も多いです。

思い込みが強かったり、
損切りができなかったり、
執着が強い、というのは、
人生にプラスになることは、なさそうです。
仕事面や、投資面でも同じようです。

物事は、情熱を持って頑張れば頑張るほど、
そこに感情が湧いてきます。

頑張らない人以上に、
仕事や投資に関しても、
執着が出てきます。

でもその感情が裏目に働くと、
結構小さい世界で意地っぱりに
なってしまったりするので
注意が必要です。

女性の場合は一般的にですが、
こんなに頑張っているのに。」という
気持ちに陥りがちです。

会社から見ると、
その頑張り方は違うよ。
そんなこと、望んでいないんだよ。
というときが、社会では多いと思います。

 

織姫と彦星には、

勘違いに近い執着を捨て、

お互いに他に身近で頻繁に会える
楽しい相手を見つけ、
Go for better one, better lifeを
おすすめします。

 

◆ 織姫と彦星は、ITを使うべき。

現在は、ネットだけつなげれば、チャットできるのがいいですね。
相手に話しかければ、相手が都合がいい時に返信してくれます。

以前は、相手が仕事中かな?などを、
気にしなくてはいけなかったのが、
チャットなら、都合がいいです。

愛し合っているのにすれ違う、というところが
切なかったのですが、
なかなかすれ違うのが難しいくらい
現在は通信費も手段も安価で便利になりました。
コミュニケートしたい相手と、
一番都合のいい通信手段を確保すればいいと思います。

 

不倫が、奥さんや週刊文春さんにすぐばれてしまうのは、

日本で一番メジャーなLINEでチャットしているからです。

マイナーなアプリを二人だけで使っていたら、

誰かにスマホを覗き見されても発見されないかもしれないですね。

 

海外の相手とは、

今はほとんどフェイスブックのメッセンジャーや

その他のアプリでやり取りします。

どうしても不明な点がある時にはスカイプで電話したりします。

最近便利だな、と思う機能は、

Websiteのサポート(問い合わせ)についているLIVE CHAT.
これですと、周りを気にしながら声を発することもなく
ただ黙々と画面に分からないことを質問して、
回答も文字で即時で帰ってくるので
音声以上にわかりやすく、とても便利です。
話をするよりもお互いに負担が少ないです。

 

◆ 織姫と彦星はルール変更をしてもらうように
努力すべき

恋愛にうつつを抜かしている織姫に怒った父親の天帝が、
年に1度しか会わないようにしてしまったとのこと。

天帝にルール変更してもらえるくらい
仕事で成果をだせるといいですね。

それから、このように、
親が子供の為を思って、正しいであろうとする選択が、
実は子供の人生にとってはよくないこともあります。

小さい時から、
地に足をつけて生きるんだよ。
身の丈にあったようにいきるんだよ。

そういう風に、親は良かれと思って
教え続けてしまうと、子供は、
大きな夢をもつのことは、
地に足のつかない、浮かれた、いけない発想なんだ。」と
潜在的に思ってしまいます。

大人になってからも意識しないまま、
この考え方がベースになっていたりします。
そうすると、自分のしたいことがよくわからなくなって
上の人に言われたことをこなすのが
正しい生き方なのだと思いがちです。

親のことが大事で最も感謝すべき相手であるということと、
親の考え方が全てにおいて正しいということは、
別個のことです。

しっかりと自分の考えを聞いてもらえる自分になって
親の考え方から離れて、
自分の考え方を決めていくことも、
自分の人生を真剣に生きる場合に必要だと思います。

もしも折り合いがつかない場合には、
そのコミュニティから脱退することも視野に入れて
考えるべきだと思います。

 

脱退したくない場合は、

一番大好きな恋人と

1年に1回しか会えない、

しかも雨の日には会えないなどという

理不尽なルールに一生従い続けて、

死なないといけないです。

 

88888888888888888888888

 

 

などと書いてみましたが、

 

1番好きな人と、

1年に1度だけ会えるのを大事にして生きる、

それも、素敵な生き方かな。

 

この曲を聴くと、
そのようにも思います。

※ YOUTUBEで塩見有輝で検索すると海外不動産チャンネルにつながります。

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

ゲームに勝つ

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

先週乗った、JALとコードシェアのマレーシア航空便では、

映画がシステム不良で見れなかったので、

ずっとオセロゲームやチェスをしていました。

 

ab7267888ccf7cd1b2434b8eb7849db8

ゲームをしながら気が付いたことが

いくつもありました。

きっと、仕事をする上でや、

人生を歩んでいく上で、

共通することかもしれません。

 

888888888888888

■ 気合が大事

888888888888888

「たかがゲーム」なんだから負けてもいい、

大事なところで勝てば、ゲームくらい負けていい、

初心者だから負けていい、

あまり興味ないから負けていい、

コンピューター相手だから負けていい、

 

このように、いつも思っていると、

負けて終わるのが当たり前になってしまいます。

そして、やっぱり、このゲームつまらないな、

やめよう、となって、終わってしまいます。

 

ゲームは勝つ、

ゲームこそ勝つ、

そう考えないと勝てないですね。

 

小さいことに闘争心を燃やしたりせずに、

大局を見ることや、

物事に対しての執着心を捨てることを

この数年は意識していました。

 

 

ですが、物事は、逆もまた真なり。

 

2016年に向けて、気合を入れます。

 

888888888888888

■ ルールとコツを知る

888888888888888

 

何度かオセロゲームをしていたら、

どのマスをとると100%勝てるかが

わかりました。

コーナーの四隅よりも、

獲得するのに集中すべきマスがあることに

気が付きました。

それを取れば何十戦やっても必ず全勝です。

ルールとコツを知ると、勝つことは

こんなに簡単なんだということ。

なんでこんなコツが公にされていなくて

四隅を取ることだけがフォーカスされているのか、

不思議になりました。

 

もしかしたら、こういうことが

世の中には多くあるのだと思いました。

 

大変に当たり前のことかもしれませんが、

この2つの気づきには、

私個人的には、

BiBiBiのひらめきを感じました。

 

お金持ちなセレブ女性も、

息苦しそうな大企業で出世競争に勝っている方も、

起業して成功している方も、

投資して成功している方も、

よく「ゲーム」という言葉を使います。

 

 

「ゲーム」としてとらえると、

自分の狭い正義感によって、

現状に嫌悪感を感じることもないし、

逆にとてもラクだともいます。

 

 

888888888888888

888888888888888

 

P.S.

 

マレーシア航空の再建が成功していると、

今年の9月1日からその親会社になった、

国営投資会社カザナ・ナショナルが

発表していました。

エミレーツと提携をして、中東、欧州、アフリカ、米州に

マレーシアからは乗継なしで直行できるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村