タグ別アーカイブ: 東南アジア

東南アジアカップルはネットきっかけで。

10月12日(木)のセミナー詳細は、こちら↓

⇒【海外を絡めて倍稼ぐ】投資セミナー

 

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。
上記のセミナー、
是非お気軽にご参加くださいませ。

 

さて、読書の秋、私は
「ルビンの壺が割れた」という小説を
おすすめ致します。

これは、自己啓発書物や
専門書ではありません。
ですので、
「役に立つ書籍」としてのご紹介ではなく、
「ぞっとするほど面白い、
1時間で読める娯楽フィクション」
として、ご紹介致しました。

「ルビンの壺が割れた」は、
小説の書き方としても
とても面白いです。

ある男性とある女性の、
フェイスブック上での
メッセージのやり取りだけで
ストーリーが描かれています。

内容は、読んでのお楽しみで!!

===============

東南アジアでは、
ネットきっかけで出会い、
真剣交際したり、
そして結婚へとつながるカップルが
とても多いと感じます。

シンガポールマレーシア
インドネシアの若いお友達の中にも
何名も、そういう方がいます。

”How you met him?”

”Oh I met him through internet.”

「どこで出逢ったの?」

「ああ、ネットで~」

と言われることがとても多く、
最初は私にとっては、
とても違和感がありました。

ですが、東南アジア各国の
Dating Website(デイティングサイト)には
むしろまじめなタイプの
独身の男女がアクセスしています。
Dating App(デイティングアプリ)もあります。
無理して日本語訳するとなると
出会い系サイト、と
出会い系アプリ、となりますが
日本でのそのイメージとは
全く違います。

このような出会い系サイトへは、
日本でアクセスするのは
(素人)女性にとっては
まだまだ抵抗がある方が
ほとんどだと思います。

東南アジアの場合は、
まじめな交際を求める独身者の
出会いのきっかけの場に、
本当になっているようです。

表面上だけ、
そういう体裁を保ってはいるが
実態は違う、
というようなことでもなく
本当にそのような、まじめな
出会いのきっかけとなっているようです。

フェイスブックのメッセンジャー
女性の方から、
ネット上で気になる人に話かけて
付き合うようになったなど、
やや日本では考えにくいのですが
このような分野でも
明るい積極的なネット活用が
東南アジア各国では
行われやすいようです。

22222222222222222222

小説「ルビンの壺が割れた」では、
過去に出逢った男女のメッセンジャー
やり取りでのストーリ―展開でした。

不幸を感じさせるものでした。

 

私も先週、ネットを通じて、

過去からのお知らせを頂きました。

私のお知らせの相手は、

私が人生で出逢った中で、

出逢って有難いと思える

明るい光を放った方でした。

私に明るさという長所が

備わっているとするならば、

その方から頂いた影響だと思います。

心から感謝しています。

22222222222222222222

先週末はタイのバンコクにいました。

8888888888888888888888888

10月12日(木)のセミナー詳細は、こちら↓

⇒【海外を絡めて倍稼ぐ】投資セミナー

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

外国人が「土地」を買える私たちの国、日本

皆さま こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

今日は、日本が好きな日本人の方に、
日本を守るために、たくさん海外に出て
経験を積んでいただきたい、
ということを書こうと思います。

東南アジアの不動産では一部の例外を除き、
外国人が土地や、
Landed Propertiesと呼ばれる土地付き物件を
買うことはできません。

法律で禁じられています。
PR(永住権)を取得しても、
通常は一戸建てなどの
Landed Propertiesは購入できません。

コンドミニアムだけ買うことができます。

それに反して、日本では、
外国人が土地を買えます。

これだけはすぐに法改正した方がいいと
実は私は思っています。

このような法律がそのままになっているのは、
なぜなのか? と考えるとき、
海外に対しての経験が少なく
危機感を感じ取れない事が
一つの原因になっているのではと思います。

何か格好の良い論調で、
すべての面で海外への門戸開放、
これこそが最もインテリで心温かな、
素敵なグローバルな考え方だと
世界交流を掲げた誰かが声を上げた時、
その論調に乗ってしまう方々が
多かったりするのでしょうか?
それは、本当の「自分」の意見ですか?

勉強と経験を重ねた後の、
自分の意見ですか?

私は仕事などでたくさんの外国の方々と
お会いしてきました。
99.9%のほとんどの良いめぐりあいに
心から感謝しています。

と同時に、
いくつもの苦い経験もしてきています。

騙されるということではないですが、
中国人ならではの、
日本人にないほどのしぶどさや
敵対視した相手へのあからさまな攻撃などを、
身近に感じることもありました。
ルールや常識、恥がありませんので、
しぶとさ一本でかかってくるので、
強いと思います。

本当に、利害関係が絡んだ時
何がなんでも、どんな醜態をさらしてでも、
一回手にしたものは文字通り離さない、
その執念をとても強く感じることがあります。

日本の土地を購入した場合、
何か公益の為に、どいて下さいと言っても、
元の法律を変えようと何をしようと、
どんな手段を持っても絶対にしがみついて、

どいてもらうのに、

どんなに苦労するか、
想像できますか?

たくさんの実際の「利害関係の絡む」、
海外の方々とのやり取りを積んだ上で、
「自分」の意見を持った日本人の方々が
増えるといいはずだ、
そう思い、この文章を書いています。

そうでないと、例えば、
「日本はグローバル化するために
世界にもっと門戸開放すべきだ」というような
まるで ふわっとした考え方に、
妙に同調してしまう流れができたりして、
他の民族の「食いもの」になってしまわないように
肝心なところだけは、おさえたいです。

1回許したものを取り返すのに、
どんなに大変か、
ご存知ですか?

経験されたことはありますか?

経済活動で成功されている企業の方々は、
政治に興味を持たない方が多いです。

経済活動、いわゆるお金稼ぎで成功する人というのは、
成功する、成功しない、の原因を、
一切、外に求めず、
自分の中に見出す思考をする方々がほとんどです。

景気が悪くても政治がのろのろしていても、
そんなことに意見したりの労力は1分たりとも使わずに、
いかにその環境の中で、
経済的成長を得るかに思考を巡らせて、
自分の会社や自分の中にだけ改善点を見つけます。

そういう思考回路だからこそ、成功しますので、
そういう方々は、紐の絡まった政治というものに、
あまり興味と魅力を感じないのも想像できます。

ですが、海外問題においては、
経験豊富な、本当の海外を知っている、
実を動かしてきた方々からこそ、
意見を言って頂きたい、と思います。

商社マンの皆さま、どう思われますか?

私は日本が嫌いで、
海外旅行したり、
海外の仕事をしたりしているのでは
ありません。

日本が好きです。

と同時に、もちろん海外を嫌悪しているのでは

ありません。

月の半分は海外にいます。
いい方々にめぐり会えて
ありがたいな、と個人レベルでは思っています。

きっと皆さまの周りにいらっしゃる中国のお友達様も
素晴らしい方々が多いと思います。

ただ、そういう話だけではなくて、

大事な話なので本音の部分の例外について

皆さまに一石投じて、

大事な日本につき、

本音で考えていただきたく、

書かせていただきました。

 

心開くことも大事ですが、

自分の大事なものを守ることは

もっと大事です。

あなた様は、日本のことを、

大事に思っていますか?

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村

海外の相手に何を望む?自分があげられるものは?

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

本日は、海外でお仕事をするにあたりまして

どんな方と組むといいのか、

私なりのお話をさせていただこうと思います。

 

bijinesu

 

88888888888888888888888888888888

 

 

東南アジアでは法人設立の際に

外国資本株が100%を所有できない

国があります。

 

シンガポール以外のほとんどの国には、

外国資本規制として、

最低いくら以上の資本金が必要、

というハードルがあります。

 

それ以外に、

お金を積んでも49%以上持てないタイや、

ネガティブリスト(参入禁止業種)が幅広く敷かれている

インドネシア、フィリピンなどがあります。

 

その場合には、

名義借りをして法人を設立されている企業様も

多いかと存じます。

 

日本人の方は、わからない土地で、

少しでも「すごい人」の名義を借りて

事業を進めたいと願うと思います。

現地でいくつも会社経営をしている方や

何かのタイトルや称号のある方など。

 

もちろんそういう方の「ご協力」を得られたら

確かに心強いです。

 

いわゆるBIGな方から

人脈ももらって、

現地でのビジネスノウハウももらって、

先々万事オーライとなる、ということは

可能性としてはあります。

 

パートナーとして組んでやっていくのであれば

そのような相手が望ましいです。

lgi01a201403120500

 

ですが、パートナーとしてではなくて、

実際の経営はこちらですべてして、

名義借りだけをする場合には、

必ずしもそういうBIG  NAMEこそ望ましいかというと、

それだけが正解ではないかもしれません。

 

ビジネスマインドのある

BIG NAMEが、

経営に口を出さずに

おとなしく名義だけ貸してくださって、

なにかと積極的に協力してくれることは

むしろレアかもしれません。

 

 

 

実際、日々のオペレーションで、

一つ一つの作業をこなすにあたって、

手続き上、すべてその方のサインが

必要になります。

 

 

ですので、

Replyの早い協力的な人物の方が、

自分の意のままに会社を動かすには

フィットすると感じる場合も

多々あるかもしれないということです。

 

88888888888888888888888888888888

 

 

私は知らず知らずのうちに、

図らずして、長年に渡り、

海外各国でたくさんの方々にお世話になり、

助けてくださる方々が周りにいて、

大変ありがたいな、と思います。

 

そういう方々に対して、

頼りすぎない、

依存しすぎない、

相手が稼げることも考える、

ということを心がけています。

 

自分だけ、どうやったら、

相手に与えることなく、

「もらうこと」ができるかと、

もちろん口にはしなくても、

腹で思っている場合、

それは相当バレバレです。

 

顔に書いてあるレベルでバレバレです。

 

 

むしろ、

たたき上げでお金に執着があって

「なにしろ俺が儲けたい!」

「出費は削りたい!」

口に出して騒いでいる人の方が、

さっぱりしていて

素直でやんちゃでかわいいな、と

思うときがあります(笑)。

 

 

 

88888888888888888888888888888888

 

やっぱり、必ず、お返しさせて頂くこと。

 

菓子折りを送って誠意をしめすとか

ごますりすりするとか、

そういうことでは全然なくて、

 

自分の頭や時間、能力を使って、

そのお世話になった方へ

パワーをお返しして

「お金の種」を差し上げられる

くらいの気持ちで

私は行っていこうと思っています。

 

 

88888888888888888888888888888888

 

 

明日からは、ジャカルタへ行ってその間に、

1日だけ日帰りでマレーシアに行って

私用で香港に行きます。

 

今は、どこにいてもスマホをオンにしておくだけで

様々なアプリがメッセージをNoticeしてくれます。

 

電話で話すことなく、

スマホをオンにしておくだけで

お仕事相手とお互いに負担なく、

ミーティング可能な状態です。

 

こういう環境のお陰で、

以前と比べて、

1日にこなすことができる仕事量は

格段に多くなったのではないでしょうか?

 

以前はしっかりと顔を合わせて、

Face to Faceで、

という時代もありました。

 

それはとても大事だと思います。

それと同時に今は、

いかにお互いの負担にならず

スムーズなコミュニケーションで物事が進むか、

ということも、とても大事だと思います。

 

負担にならないというのは、

「お互いの時間を奪い合わずに」

実のある用件を進めていくことです。

それから、いてほしい時にそこにいる、

ということではないかしら。

 

すぐ役に立てるか考えるということ。

 

体がそこにいて、

みんなと同じことをするよりも、

体はそこになくても、

みんなができないことをできるようにした方が

人の役に立てるかもしれませんね。

 

 

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

グローバルに仕事をするなら英語よりも○○の習得!?

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

さて、この記事のタイトルの○○に、

皆さまは何を入れましたか?

人間力?文化の理解??

言語外コミュニケーション能力!?

????????

 

私の答えは【ネットスキル】です。

様々なアプリを使いこなせるか、

キーボード操作が早いか、

ネット環境に慣れていて即返信可能か、

これが、国をまたいで仕事をするときには、

大変に重要だと思います。

 

ネット環境に慣れて使いこなすことは、

英語を習って話すのと同様に、

いいえ、実は、それ以上に!

今後、重要になるかと思います。

 

今後は、どんどんアプリが開発されて、

言語変換アプリが精密に高度になるでしょう。

自分が英語を話したり書いたりしなくても

変換ボタン1個ですべてよし!

となる時代は近いからです。

 

私は毎日シンガポールかマレーシアと

お仕事でやり取りをします。

 

どうしても話さないとわからないところや、

文字よりも相手の話しぶりを聞いて、

相手の本意を知りたいとか、

「リスクの程度を知りたい」場合は、

スカイプやラインやWhattsappで

電話で声を聞いたりしますが、

ほとんどチャットです。

 

10月はめずらしく、

ずっと日本にいました。

ですが毎日毎日、

シンガポールやマレーシアと

1日に渡りチャットです。

 

チャットというのは、

会議室のようなものです。

会議運営能力がある人が

チャット広場を設定すると

とてもうまく運営できます。

新しく会う人同士を

うまく紹介し合って混乱せずに

どんどんうまく進みます。

 

どんどんどんどん

仕事を進めなくてはいけないので、

できる集団でチャットすると、

ほんとに込み入った話もとても温和に

とても迅速に、スムーズに行きます。

 

こんな具合です。

この人をチャットグループに入れます。

この人はこういう人。

Hi!Shiomi,

By the way, これどういう意味?

日本側に聞いてください。

これ、こういう意味。

できる?できます。

今すぐ送って下さい。

2分待って、ごめんなさい。

こんな感じですよね。

 

皆さまも、もちろんアプリ使ってらっしゃるので

わかりますよね?

 

シンガポールやマレーシアは

レス早い方、多いですよ。

 

なぜか、わかりますか??

私が特に外国でお仕事する相手は、

個人の能力が高い人を選んでいるから、

というのは大いにあります。

それ以外の理由としては、

その方々が、あまり形式だけに

とらわれていないからです。

たぶん、会社の評価制度にも

関係するのかもしれませんが、

効率重視なので結果や本質重視です。

 

日本の方は、

チャットでさえも、

そんなに関係ない人を

メンバー設定してしまう傾向があります。

 

日本の方は、あとで勝手にやったと

責任の所在を追求されたりして、

やった損になりがちだったりしますので、

そこを回避するために、

各面面の面子とご機嫌を考えて、

この人もあの人も、隣の部署のあの人も、

関連会社のその人も、

取引先のあの人も、

気難しいあのお方も、

おへそを曲げやすい彼の方も、

全員チャットグループに入れたりして。

 

そういった報告会は

別で用意した方がいいかもしれないですね。

 

アプリの話に戻しますと、たとえば、

シンガポールはじめ東南アジアでは

Whattsappもよく使われていて、

それを使ってみんなで英語で話しているので

その内容を日本の方に、日本語で戻すときに

日本でよく使われているラインを使って

訳して戻したりしています。

両者にストレスなく言語の壁を越えて

細かい内容を設定していくときには、

自分がその役割を担ってスピード処理して

行くのが大事ですね。

このように、どのアプリを使うかは、

どの言語を使うかと同じく大事です。

 

人によって、いろんなアプリで

いろいろと送ってくるので、

そこを自分で、どんな場所でも

すぐ使えるようにしておきたいものです。

 

たまに相手に、他の多数にあわせて

「このアプリを使って」とお願いしても、

その相手がネットに慣れていない場合、

どこでインストールをして、

どうしたらいいのか、そこから

話さないといけなかったりして

スピードが落ちてしまいます。

 

頭は柔軟にしておきたいものです。

 

たとえば、

【メールだけじゃ心は伝わらない。】

ごもっとも!

そのとおりだと思います!

いざというときは電話はいいですね。

でも、電話だけでももうダメです。

今、ネットの弊害を語るより、

メリットを見て使いこなす方が

当然ながら、いいです。

 

1日24時間しかないですもの。

その間に、時差が多少でもあって、

睡眠をとって、ご飯を食べて、

通勤を数時間し、

家族サービスに子供の世話、

犬の散歩。買物と料理。

ATMに20分並んでお金をおろして、

ああ、やることいっぱいですね。

男の方はこれに週何回も飲み会、

女の方は、メイクにヘアセット。

 

この中でいくつ、皆さんは

こなさないといけないでしょうか?

ほとんど全員が忙しいとなるのは

わかりますよね。

みんなが時間がないです。

みんなが

I AM SO BUSY です。

そんな相手に電話をしてみるより、

チャット文を投げておけば、

できるチームなら瞬時に返信きます。

相手はご飯食べながらか、

移動しながら、

あるいはベッドに寝そべりながら、

スマホ返信しているかもしれませんが、

きちんとした返信です。

こちらが望んでいるのは迅速な返信です。

 

ネクタイを締めて会社に出勤して、

自分の会社の席で自分の会社PCから

発信されるものこそが、

正しい返信ではないです。

 

 

社内の自分のスケジュール表を

会議でパンパンに埋めて、

限りある会議室を占領して

仲良し同士で会議を何時間もして、

結論は特になかったりして、

仲良く情報共有致しましたということで

本日も終了。

それは見方によっては、

暇な人同士の

おしゃべり友の会だと思います。

 

コミュニケーション能力は、

顔を合わせてするものというのは

とても大事です。

FACE TO FACE。

でも、それに固執しないほうが

いいと思います。

 

私は、お仕事上、

成功者と呼ばれる方と

やり取りさせていただく機会が多いのですが、

その方々はたぶん、

「テレパシー」的なものを

持っているのではないか、と

非常によく思います。

これは霊的なことではなくて、

ただ、ただ、そう感じます。

 

あるステージに行ってしまっている

大成功者様方は、

たぶんテレパシーに近いものを

持っていて、顔を見なくても

何でもわかっているようなことも多いです。

また、その方々はメッセージを

送ってくることも多いです。

「調子乗るなよ、

お前の悪いところ出ている」と

テレパシーが来るときもあります。

 

こういった話は、

信憑性がないようにとられがちなので、

また改めてさせていただこうと思います。

 

話をまとめますと、

ネット環境になれることは、

グローバルへの近道、ということです。

 

いつでも便利なものは

どんどん変化していきますので、

いつでも変化に対応していくことが

大事ですね。

 

私は、すべての事柄がボーダーレスに

なったらいいと願っています。

そして、そのために発信しています。

国も普通にまたいで、ボーダーレス、

すべての意味で男女の区分けもなくボーダーレス、

リアル世界もネット世界も融合してボーダーレス、

年齢も関係なくボーダーレス、

ボーダーを越えて、

理想通りに生きられる世界にする!

ERY82_gankanihirogarukumo20131225-thumb-815xauto-16538

 

ネットの環境に慣れたら

とても便利。

SNSも毛嫌いしないで、

やってみるとメリットは

大きいかもしれません。

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ

にほんブログ村