世界と日本のコロナ対策を通じて思う事

ビジネス関連ブログ

本日、2020/3/29は、
世界と日本のコロナ対策について
思うことを書こうと思います。

以前に10年以上、
シンガポールで暮らしていた私は、
どんな時も、
シンガポールが進める政策が
とてもわかりやすくて
理にかなっていて、

迅速で、効果的だな、と
常に感じていました。

それと比較して、
日本はなぜ、いつも
対策が一歩遅いのだろうか、
と感じることが多々ありました。

ですが、
今回のコロナの件を通して
他の国々の対応を見ていて、
日本に住んでいてありがたいな
と感じることが多くありました。
その理由を書いていこうと思います。

では、その前に、
日本と、
シンガポールとマレーシアなどの
コロナ感染の現状
を見てみましょう。

スポンサードサーチ

【Covid-19現状 2020/03/29】 日本・シンガポール・マレーシア

◆ 日本の現状

3/29現在、
948名が陽性で入院が必要で、
そのうち60名が重症化(6.33%)
死亡者数49名、
致死率計算式=49名÷これまでの感染者合計1499名=3.27%

◆ シンガポールの現状

3/29 現在、
420名が陽性で入院中で、
そのうち19名が重症化(4.52%)
死亡者数2名、
致死率=2名÷これまでの感染者合計802名=0.25%

◆ マレーシアの現状

3/29現在、
1973名が陽性で入院中で、
そのうち73名が重症化(3.70%)
死亡者数27名、
致死率=27名÷これまでの感染者合計2320名1.16%

重症化数と致死率を見よう

日本のメディアでは、
感染者数の増加
毎日報道されています。

毎日感染していて累計されるので、
数字が増えるのは当然なのですが、
そして、もちろん
誰も感染しないことがいいのですが、
ですが、皆さんは、
感染者数の増加を止めるために、
電車も止まってお店もしまって
ロックダウンすることが
いいと思いますか?


それによって、
数知れない倒産、失業が訪れて、
騒げば騒ぐほど、
自分で自分の首を
どんどん閉めていると思います。


どんなに貯金がある会社でも
ロックダウンをした街で、
毎日売上ゼロで、
いつまで続くでしょうか?


エボラ出血熱は、
かかってしまったら半分の方が
亡くなってしまうという病気です。
感染を本当に恐れなくてはいけない
そういう病気だと思います。

さて、

コロナは、
2020/3/29現在の日本では、
致死率3.27%。


人口560万人のシンガポールで、
これまでの感染者802名、
現在、入院420名。

人口1億2650万人
(シンガポールの22.5倍)
日本で、
これまでの感染者1499名、
現在、入院948名。
ですが、日本で入院待機中の方が
13名いるというのが、
受入病院の数が足りないという、
ことなのでしょうか。

イタリアは、
92,472名がこれまで感染、
10,023名が死亡
(死亡届が受理されてのカウントの為、
実際はこの数より多い模様)
致死率10.84%です。↓



イタリアのような状況↑に
ならない為に、
感染を防ぐ為の重大局面!
ということで、
2020/3/29の日本の状況で
ロックダウンを考慮する
というのは、
犠牲にするものが
大きすぎるように思います。

シンガポールでは、
死亡者数が2名のままなので、
毎日増える感染者数で
致死率を出すと、
どんどん低くなり、
3/29現在は0.25%
マレーシアでは1.16%です。

リスクを叫ぶと頭がよく見える?

コロナが世界的に大発生という
ドラマチックな展開
で、
このような状況で、
やはりリスクを語って
渋い顔をしていた方
が、
95%の人々にはウケると思います。

リスクを察知できる能力があり、
賢く映ります。

でも、
「リスクを排除することだけ」
が目的の施策や行動は、
とても簡単だと思いませんか?


それにもまして、
リスクを<<語る>>だけなら
本当に簡単だと思います。


リスクを語り、想像し、
皆で、
悲劇的なドラマに酔って
自分達がそのドラマの中に
組み込まれないようにしたいです。

今、感染が流行っているのは、
エボラ出血熱ではなくて、
Covid-19 です。

もし、自分が、
生きる世界を選べるなら、
下記の①と②の状況の、
どちらを選びますか?

私は①↓を選びます。

①コロナの感染者数の累計は
増加していくが、
重症化率は8%未満、
致死率4%未満。

恐怖心と不安は続くが
マスク・手洗い・うがいをして
自己防衛を続ける。
大イベントや夜遅くのクラブは
自粛は続いているが、
飲食店も含め
店舗は通常営業中。

国は、消費税も減らさないし、
一時的な現金配りもしないが、
コロナ感染者を受入する
病院の確保にお金と労力をかけて
入院患者のコントロールができている。

2月3月の損失を
カバーできるほどではないが
徐々に1月実績くらいに戻りつつある。

②コロナの1日あたり感染者数は
ロックダウンのおかげで1日20名弱。
2か月間の完全ロックダウンの後は、
さらに6か月間は、
店舗営業自粛か
営業時間短縮をして、
店舗の売上激減で、
この8か月間で
倒産会社・失業者だらけで
貧乏で毎日が不安で、
自殺したい気分。

行動制限に慎重な日本

2020年1月末から、
武漢渡航者を初めとした
外国からの入国を
素早く制限する国々が出始め、
日本は一歩遅かったりしました。

また、
そんな日本政府に対して
対応が遅いという批判も、
たくさんありました。

でも、もう一方の見方では、
日本は、
人の行動を制限すること
慎重であるということだと
思いました。

◆インドの外出禁止令

インドでは、
2020年3月25日から21日間の、
外出禁止令が出ています。


外出するとこのように、
警察官に棒で叩かれたり、

スクワットや腕立て伏せの罰を
与えられたりしてしまいます。

疲れるこのような屈辱的な
体制を取らされたりします。

では、2020/3/29現在、
インドでの感染者数
どれくらい多いか見ますと、
これまで979名感染、
25名が死亡なので
致死率2.6%

日本よりもすべての数字が
低いです。

でも、この写真だけを見ると
まるで13億人いるインドで
1千万人以上が感染しているような
騒乱
に見えませんか。

マレーシアの行動制限令
2020/3/18~2020/4/14の期間、
マレーシアでは行動制限令
出ています。
このMCO
(Movement Control Order
行動制限令)
違反で、
ジョギングしていたり
サッカーしていたり、
お店の入店のことで警備員と
もめたりしてなど、


3/25 1日で110名も
「逮捕」
されたそうです。

マレーシアで
コロナでの致死率は、
1.16%である中で。

シンガポール
シンガポールは、
マレーシアのようなMCOは
とっていません。


それは、現段階では
そうすることが
効果的な策ではない
シンプルに考えていると
思います。

それよりも、
出入国を徹底的に抑えることが
感染元を把握するために重要で、
「(これだけ言っているのに)
今後、海外渡航する人には、
感染した時の補償がなかったり、
長期滞在ビザを持った外国人は
次回からビザ取得の優先順位が
下げられたりしますので、」
ということが
公表されています。

日本
日本の場合は、
効果の大小の他にも、
人の行動を制限することや
逮捕することに慎重で、

それは私達が長年積み上げてきた
大事なものであるのだと思います。
そこが日本人でありがたいと
思ったところです。

突然ですが、
100メートルの円形トラックを
想像してみてください。

80メートル地点にいるAさんは、
50メートル地点のBさんを見て、
「とろいな~」と感じると思います。

でも、そのBさんは、
実は2周目の50メートル地点にいて
つまり150メートルを走っていて、
Aさんより70メートル多く
走っているかもしれません。

よく、
「一周まわってすごい」
という表現がありますが、
私自身も過去を振り返り、
「周遅れだったんだな。」
と恥ずかしく思うことが
多々あります。

日本はお気軽なのでは?
という声を耳にしたら、
自分で数字を見てみませんか?

ドラマティック
Covid-19の感染力に着目して、
各国の強硬策を紹介し、
日本の施策を遅くて手ぬるいと
ブログに書けば、
多くの賛同が得られるかと思います。

ですが、
そのようなネット意見が、
ロックダウンという
ドラマティック施策
につながって
全員でドラマティックに
大貧困に陥らないか、

お気軽ではなく
とても危惧してます。

こちら

こちら

ご依頼やお問合せは
メールのinfo@shiomi.asiaか、
こちらのライン@で  お気軽に。

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.