シンガポール不動産購入で約14億円の大損

(2015年3月18日公開記事)

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

『シンガポールの不動産マーケット史上、

住居部門で一番大きな損失となった売却例』、

というニュースが、本日3月18日に出ました。

損をしてしまったとニュースに出てしまったのは、

不動産経営・管理のダイショウ(東京都港区)の多田勝美社長。

所有していたのは、シンガポールの市街地オーチャードに隣接する

タングリンエリアにある、セントレジス レジデンスという物件です。

173棟あるこのレジデンスの、ペントハウス部分を

所有していました。

 

ペントハウスのサイズは、6,017スクエアフィート(559m²)。

2007年に28ミリオンシンガポールドル(24億6400万円)で購入。

それを先月12.2ミリオンシンガポールドル(約10億7360万円)で売却。

つまり、

損失が、28M-12.2M=15.8ミリオンシンガポールドル(13億9040万円)。

住居部門での1ユニットでの損失額としては、

もっとも大きな損失額で記録となったとのことです。

 

このユニットは、トップ2フロアのメゾネット形式で、

上の階はプライベートプールになっているとのこと。

そこから木の生い茂る大使館エリアである

ナッシムエリアが見渡せるそうです。

 

物件を購入したのは、ユンナムヘアケアという、

ハーブのシャンプーなどのヘアケア製品でお馴染みの、

シンガポールの会社のAndy Chuaさん。

 

この方は2014年に、アメリカの投資家、ウォーレン・バフェットさんと

個人的にランチをすることに、なんと

2.2ミリオンシンガポールドル(1億9千万円)を

払うというスタンドプレーをしたりして、

紙面をにぎわせたりする方です。

この売買契約は、東京で約2週間で完了されたとのこと。

通常は、8週間~12週間かかるところですが、

たぶん現金で100%支払いが済んだことや、

買い手か売り手のどちらかが、

契約完了を急いでいたなどの理由で

2週間で手続きが完了したとのこと。

 

フォーブス誌によると、多田社長は、

個人資産が、17億USドルあって!!

日本人では17位だそうで、

このセントレジスのペントハウスも

空室のままでキープしていたそうなので、

ご本人の感覚としては、「ちょっと今回は残念かな」、

という程度のことなのかもしれないですね。

多田社長が率いるダイショウグループは、

2013年12月に、シンガポールのウェスティンホテルを

468ミリオンシンガポールドル、つまり

約412億円(当時の為替レートで計算すると390億)で購入しています。

 

損失額が大きいとはいえ、

キャッシュで10億円以上入ったこと、

それから、シンガポールの不動産市場が

今年はもう少し下がるかもしれないことを考えてのことと思います。

 

 

 

にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

 

 

セントレジス レジデンスの中の様子(記事とは別のユニット)

[スポンサーリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA