シンガポールで秋田犬議論

ビジネス関連ブログ

皆さま こんにちは
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

シンガポールでは、
輸入禁止の犬種があります。

土佐犬、秋田犬、ピットブル、
ロットワイラー
などは、
「闘犬気質で、
人に危害を与える可能性がある」
という理由で輸入禁止されています。

その他、大型犬種については、
公共の場に出るときには
マズルをつけるルールがあります。
HDB(公共団地)で飼えるのは
小型犬のみ2頭まで。
それ以上の多頭飼い禁止
という規制があります。

【映画ハチに始まった秋田犬議論】
映画「ハチ」を見たシンガポール人が
秋田犬は、こんなに賢くて、
飼い主に誠実なのに、
なんで規制犬種なんだ!』
と現地の掲示板で議論が起きていたりしました。

政府は特にもちろん
規制の変更しませんでした。

シンガポール政府は、いつも、
結果を得るために、
最も効率的な手段をとる」
という手法です。

その為、
「国民に犬を飼うときの
マナーを教育していこう」
というような政策より、
犬種自体をすぐに輸入禁止
と決断する手法をとります。

シンガポール政府は、
物事を冷静に判断できる少人数で
最も効果的な方法を即決して発表し、
結果を出してきました。

確かに、国民の意見では、
秋田犬の掲示板では、
『私が日本に留学していた時 
出逢った秋田犬は

とても利口で~~~』など、
その人が出逢った、
個体の話になってしまっていました。

こうなると話は、
わけがわからなくなってきます。



【とは言え、やりすぎな声帯カット案】
常にシンガポール政府の、
「結果を得るのに最も効果的な手段」
を即決していく
姿勢を、
ほれぼれと支持していた私ですが、

2014年に政府が提案した
『うるさい犬の声帯切除案』
もう書いていても嫌になるほど、
胸が痛いです!

効率重視で、
シンガポール政府らしいのですが、
ちょっとひどいです。涙が出ます。

結果として国民の反対論が多く、
政府は8月に撤回して謝罪しました。

この制度が導入されなくて
よかったのは確かですが、
こんな意見が提案されるなんて
シンガポールの効率主義が
どこまで行くのだろう・・・

下記は単なる私的な思い出日記となります~

私はシンガポールに住んでいたころ
ゴールデンリトリバーを飼っていました。


1997年にオーストラリアで生まれて、
シンガポールで販売されていた犬です。
本当に優しい優しい気質で、
人が大好きで、
誰にでもいっつも笑いかけているような、
優しい雄犬でした。

ストームという名前を付けました。
シンガポールのペットショップでは
生体販売をしていないところも多いですが、
日本ほど数は多くはありませんが、
販売はされています。
うちのストームくんとは
バレスチアロードの
ペットショップで会いました。
何頭も並んでいるお店は
ほとんどシンガポールになく、
数頭置いてあるところがほとんどです。

オーストラリアから
連れてこられるワンちゃんが多いです。

私は日本の実家で以前、
いつも秋田犬がいたり
大型犬には慣れていましたが、
シンガポールで感じたのは、
大型犬を恐れる人が、
とっても多い
ということです。
犬慣れしていない方が多く、
散歩をしていても
『オ~~!!』 
と何十メートルも先から、
おののく方がとても多い。

小型犬には、慣れているけれど、
大型犬には、
本当に慣れていないんだな、
と実感しました。

ストームの話ですが、
私が日本に移るときに
一緒に日本に帰りました。

手続きはお引越しやさんに
お願いしてもいいと思います。
ただ、お引越し屋さんに依頼すると
自分で手続きするより割高です。

必要書類を準備するのは
簡単でした。
成田では、係留もなく
到着後すぐ健康診断を検疫でして、
すぐOKで出られました。

ストームは私の定年した父親の
最愛のパートナーとなって、
16歳まで横浜で平穏に幸せに
過ごして亡くなりました。

二コルハイウェイの裏側の公園は、
今はシンガポールフライヤー
(観覧車)ができていますが、
当時は人がほぼいない場所でした。

毎週日曜日に朝から午後4時まで
1週間たまった新聞を読んだり、
ストームと泳いだりしていました。
ストームは、とても泳ぎが上手で、
もう向こう岸まで
たどりつかんばかりに、
遠くまで泳いでひやひやしました。
 

【イスラム教徒の方】 
シンガポールの
約30%のマレー系の方は
ほとんどイスラム教徒です。

イスラム教徒の方からすると、
犬は不潔な存在で、
特に鼻のまわりは
触ってはいけない部分です。

ポンちゃん

以前はFacebookのプロフィールを
現在、東京で飼っている
ポメラニアンの写真にしていました。
ただ、シンガポールやマレーシアの
お友達も多いので、その後は、
『犬かわいいでしょ~』
という投稿などは、
やめるようにしました。
もちろん、相手はそんなには
気にしていないだろうし、
鼻の周りは触ってはだめなだけで、
体は、なでても平気なんだ、
と教えてくれましたが。

あえて、
愛犬家アピールしなくてもいいかな、
と思ったのです。

大阪で、
あえて巨人ファンを
強くアピールしなくてもいいかな、
というのと似ているかもしれません。

こちら

こちら

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.