シンガポールで外国人を雇用できる比率【計算方法】

ビジネス関連ブログ

皆さま こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

シンガポールでは、
外国国籍の従業員を雇う時に
Levy(レヴィ)を支払うことに
なっています。

1回ではなく、毎月、
雇用している限り
政府に支払うものです。

このようにして政府は、
シンガポール人の雇用
守っています。

ただし例えば、「国を上げて、
マリーナベイ地区をいっきに
開発しちゃうぞ」という時には、
建設業の雇用可能外国人%を増やして、
支払うLevyが少し安くなったりします。

そして、そのプロジェクトが終わると、
一気にLevyを上げます。
このように、細かく実需に合わせて
微調整していく政府は賢いと思います。

人口の弁」の役割をうまく
この外国人労働者のところで
とろうとします。

さて、実際、
1企業で外国人スタッフを、
どの程度、雇えるでしょうか?

建設業の場合は、87.5%まで
製造業の場合は、60%まで
サービス業の場合は、40%まで
です※(※2015年4月現在)
逆算して方程式を作るとすると、

建設業なら、
今いるシンガポール人数×7まで
外国人を雇えるということ。
製造業なら、
今いるシンガポール人数×5まで
サービス業なら、
今いるシンガポール人数×0.66まで

と覚えておくと覚えやすいです。
計算して端数が出たら、
切り捨てしてください。

計算例)
シンガポール人スタッフが5名いる
ラーメン屋さんの場合
⇒5

名×サービス業0.66=3.3
つまり外国人を3人雇える、
ということです。

ここでいう時の
シンガポール人というのは、
PR⁽永住権保持者)も含めます。
フルタイムの人だけをカウントし
計算します。

シンガポールの労務省では、
フルタイム従業員というのは、
月に1000ドル以上稼いでいる人を
フルタイムと呼びます。

パートタイム従業員というのは、
月500ドル以上稼いでいる人を
パートタイムとしてカウントします。

Levyの計算時のシンガポール人数は、
会社で申請して提出する数ではなく、
CPF(シンガポール人用の年金)の
支払い履歴をチェックされます。

国は、それを、
「その会社が雇用している
シンガポール人数」として把握します。

それで、熟練工か、そうでないか、
ということと、業種によって、
Levyの値段が変わってきます。

熟練工で月、$300です。
そうでない場合、
例えばラーメン屋さんのお皿洗いの場合
月、一人頭$420かかります。
(計算方法は、最初の何%までは
1段階目でいくら、
次の何%までは2段階目で、
いくらと決まりがあります。)

この高いLevyを払ってでも、
スタッフ数を確保したい企業が
多いと思います。
理由は、シンガポール人が
オフィスワーク以外には
興味を持たずに応募してこない、
というのが理由ですが、
マレーシア人
中国メインランドの方々は
シンガポールでのお仕事ぶり、
いい方が多かったです。

マレーシア人は英語も大丈夫ですね。
中国メインランドの方は、
英語はぜんぜん初めはだめです。

でもタフで、黙々と働き、
めきめきと頭角を現す
頼もしい方々も多いと思います。

中国メインランドからの方々は、
中国人専門エイジェントさんを
通して探してもらいます。
このエイジェントさんと本人の関係が
ハッピーで納得が行った契約に
なっているのかどうかも、その後、
長くつとめてくれるかどうかに
関わるようです。

多くのエイジェントさんが
厳しく管理しているケースが多いです。
パスポートは、そのエイジェントさん、
あるいは会社で保管するのが普通です。

中国人の地方出身の方で、
最初は、英語ができずに
ゼロヘロと発音して
みんなで大笑いしていた方が、
1年たつと英語がペラペラで
都会的なファッションをして
仕事も頑張っているのを見ると

タフさというのは持つべき資質だと
つくづく感じ、
食欲が湧いてきました。

こちら

こちら

コメント

  1. […] → 雇用可能な外国国籍スタッフ数 […]

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.