マレーシア航空再建案

ビジネス関連ブログ

皆さま こんばんは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

2014年に、失踪と墜落が2件
たて続けに起きてしまった、
マレーシア航空の再建案について
書こうと思います。


マレーシア航空は、
格安航空会社のエアアジア

当然 お客さんが流れて、
経営悪化していました。

エアライン専門誌から
ベストキャビンクルー賞を得る

など高い評価が続いていましたが、
(実際に乗ってみると、
はっきり言って、
私自身は
サービスがいいと感じたことはないのですが。

ご飯の味付けがToo Excotic..だし、)
2014年の2件たて続けの航空事故。

ナショナルフラッグですから、
政府が手を入れるのは

分かっていましたが、再建案が
正式に2014/8/29に発表されました。

■ 2014年末の上場廃止と完全国有化
■ 2015年7 月に新会社への移行
■ 従業員は現状から約30%に当たる6000人を削減
■ 2017中の黒字化
■ 2018-2020年の再上場
■ 不採算路線の整理
■ マレーシア航空本社とオペレーション機能を
  スバンからクアラルンプール国際空港に移転
■ コスト重視の効率経営
■ 中間管理職の強化

がうたわれています。

東南アジア域内や日本路線については、
シンガポール航空、タイ航空、
ガルーダ・インドネシア航空と、
たくさんのライバルがいましたが、
LCCのエアアジアの登場で、
マレーシア航空の価格も

大幅に落とすことになりました。

LCCに乗ったことありますか?
私は、エアアジアに乗りました。
シンガポールからクアラルンプールに着いたら
もうそこは、
KLIA(国際空港)ではなく
LCC用の荷物専用の
場所※
(※現在はKLIAターミナル2に移行済み)
で、
貨物の飛行機が動いている間をくぐって
ターミナルまで歩いて行って、
なかなかゲリラな感じでした。

そういったファシリティをみると、
なんてミスボラシイ!と

思ってしまうのですが、
あの真っ赤なスーツの
キャビンクルーは、
とても素敵で、たまに、
ジーパン姿の時もあって、

真っ赤な上半身に、これもまた 
CAがジーパンというのが、
大変に新鮮でした。

美しいジーパンCAで 
安さ』の価値を、

安いけれど素敵、安いけれどカッコイイ
というイメージに
<<変換>>するなんて、
なかなかのブランディング手法と思いました。

さて、マレーシア航空の話に戻りますと、
この2件の事故が起こる以前からの、
経営悪化の状態が続いていました。

エアアジアに買収されるんではないか?
という噂に、
マレーシア航空のCAユニオンは、
大反対していたそうです。


格安航空の給料基準に合わせられたら、
大変だと、
大反対していたようです。
これから、6000人のリストラをする
マレーシア航空

二つの悲劇が重なったことだけが、
理由ではありません。

国営であった期間が長く、
さんざん明らかに経営も
悪化しているのを
ずっと、そのままにしてあったこと、

来るべくして来た、
誰もが予測した結果となりました。

消えたマレーシア機の真相について
いろいろな説が出ていますが
とても信ぴょう性のあるものが
あり、マレーシアの情勢とともに
また書きますね。

 

こちら

こちら

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.