毛利 敬親 (もうり たかちか)そうせい候様

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

皆さまは、長州藩主の13代藩主の毛利敬親のこと、

どう思われますか? 大河ドラマの「花燃ゆ」で

北大路欣也さまが素敵に演じている人物です。

 

無題

いつも、部下の提案に、

そうせい、そうせい(そうしなさい、そうしなさい)と

答えていたので、そうせい候という別名で、

有名ですよね。

 

部下の提案を反対することなく、

どんどん取り入れたために、

周りには、賢い人が、どんどんと集まって、

その賢い人たちに任せたおかげで

成功したそうです。

 

この毛利敬親の大らかな性格を表すエピソードとして、

知られていることは、

11歳も年下のしかも下級武士の息子である吉田松陰の話を、

とても有益だと認め、松蔭の門下生になったことです。

 

こういうことは、実際は、なかなかできないことです。

ちっぽけなプライドが邪魔して、できないです。

 

マネイジメントに関しては、

人に任せられる部分は、できるだけ人に任せること、

それが大事だ、ということを、よく耳にします。

 

ですが、実際は、下記のような、

人間らしい行動(笑)が、

どこの会社でも起きていると思います。

 

1.=================

自分でやった方が、早いし、

たぶんずっと上手く行くと思っているので

人に、任せられない。

 

だが、

同時に、一方で、

全部、自分でしてしまうのは、

組織が大きくなっていかないので、

よくないことだとも、

重重に自覚もしているので、

その葛藤の中で、

半ば、いやいや

でも、自主的に、人に任せる決断をしている。

 

中間管理職の葛藤中の、「そうせい」。

 

でも、葛藤しているだけ、

素晴らしいと思う。

 

 

あるいは、逆に、

 

2.=================

もう正直、実務のことは、さっぱり、

流れも何もかも、まったくわからないので、

物事に対して、「自分の意見がない」。

 

それ故に、提案に対して、

反論など、さらさらできず、

そうせい、そうせい

丸投げでお願いしちゃう~!」

 

という心境である。

「思った通りに頑張ってごらん!

見守っているよ!」という、

いい意味での、

そうせい」からは、

ほど遠い意味合いでの

丸投げそうせいです。

 

もう、なにしろ、業務内容がわからないので、

仕事はすべてやっておいて、

ということです。

 

かと思えば、

 

 

3.=================

自分より、できない部下に対しては、

 

「なんでも好きなようにやっていいぞ」、

と心情的に言える。

 

(でも、そういう部下は、提案もしてこないので、

実際は「そうせい」、というチャンスはあまりない。)

 

ただ、自分より、切れる、能力のある部下には、

なんだか心情的に、「そうせい、そうせい」とは

素直に言えず、

ついつい、なるべくその部下が

主導権を握らないように、

上司であるにもかかわらず、

邪魔をしてしまう。

そうするな、そうするな、と言ってしまう。

 

この3番タイプが、実社会には

非常に、多いように感じます。

 

 

 

毛利 敬親への、世間の一部での評価は、

上記の2番にあてはまっている、という方も

いるようです。

 

「自分の意見がないから」ゆえに、

そうせい、そうせい」と言っていた、という見方です。

 

ですが、

晩年に、部下であった吉田松陰の門下生になって

学習したエピソードから、

私は、この方が、

本当に自分に自信がある、

器の大きな男だったのではないかと

思いました。

 

こういうことは、

できるようで、できないことです。

 

よっぽど、自分に自信があったり、

知識欲が、

ちっぽけな俗世間的なプライドを超越したり

していないと、

できるようで、できない行動ではないでしょうか?

 

 

さて、そうは言っても、

他人の自主制に任せるのが

裏目に出る場合も、やはりあります。

 

例えば、決められたことを、

一生懸命、きちんとこなしていこうとする

健気な素直な女の子集団に対しては、

何でも細かく決めてあげた方が、

わかりやすい場合もあるかもしれませんね。

 

その場その場の、状況によって臨機応変にしてね、

というよりも、

どんな状況であれ、

「何時何分から何時何分が休憩です」、

「数値目標はこうです」、など、

「短期的な、わかりやすい近視眼的な細かい目標」と、

そのための「ルール設定」をすると

安心する場合も、多いかもしれません。

 

自由になんでもしていいよ、

自主性に任せます、というと、

公園にいきなり放たれた、

雌の子犬ちゃんのように、

逆に動けなくなってしまう事も

あるかもしれないです。

 

枠組みを決めてあげるのが大事なようです。

 

 

シンガポールでは、官僚が優秀で、

不正もないので、ルールがすべてです。

非常にルールも細かく、

「常識に基づいて判断」という概念や、

「融通を利かせる」という発想や、

いわゆる「フレキシビリティ」がありません。

 

国民全員が、設定されたルールに基づいています。

どうしても、この期間にこれをどうにか

処理しなくては、と例えば私が思っていても、

初めから、それを乗り越えようとはしないで、

「塩見さん、ルールでNOだからNOだよ」

と言われてしまいます。

「だれか、関係者を知らないの?

誰かに事情を話してみよう、

きっとわかってもらえる」、と言っても、

Singapore is not like tha~t.

シンガポールって、そんなかんじじゃないんだよ~、

ということで、初めから交渉はあきらめています。

 

何か、実施するときも、大枠だけ決めて、

あとは、随時、責任者の判断で、というと

困惑がちです。

 

責任者というのは、そもそも、誰なのか、

複数いたりすると、わかりにくい、一人に決めてほしい、

じゃあ、その人が休みの時は、誰?

などなどを、全部を書きだして、決めると、

安心します。

 

ケースバイケースで、という設定だと、

非常に、納得がいかないようです。

 

ですので、ありとあらゆる状況を想定して、

すべて、BLACK & WHITE にして、

細かく、書き出すと安心することが多いようです。

シンガポール人は、

そうされることに、慣れているのだと思います。

 

この時には、Yes,

この時には、No,

 

紙に書いて、Memoとして、社内で通達してほしいと、

つまり、細かく細かくルール設定をして、命令してほしいと、

このように言われることも多かったです。

え~こんな、当たり前のことも

紙に書いた方がいいの~?っていうことも

書いた方がいいと言われます。

 

 

グレーゾーンがあって、そこは、

しかるべきものが、

しかるべきように、

良きに計らえ、

とかいうのが通じてきたのは、

単一民族の日本だからこそ、

だったからかもしれませんね。

 

わるくないですね。

 

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA