2016年のシンガポールの不動産動向

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

 

2016年3月11日の現地記事を元に

2016年のシンガポールの不動産動向

簡単な言葉で概要を書きます。

 

皆さまのご自身でのご判断をもとに、

ご参考でご覧くださいませ。

~~~~~~~~~~~~~

【不動産取引件数は増加しているが、

不動産価格は下降傾向】

 

2014年と2015年の2年間で

不動産の取引件数は、

10.4%増加しました。

 

特に活発だったのは、2015年の8月。

 

取引は活発でも、価格は落ちていて

1sqftあたり、S$3.29。

(平米と円でなじみがある形で

計算して表すとすると、

93平米で、

1シンガポールドルが81円で計算した場合、

266,490円)。

 

2015年の1月と2016年1月を比較すると、

賃貸料は6.3%下降しているとのこと。

その原因は

 

■ 家賃がすでに高すぎる。

そういった実感をもとに、

賃貸料が下がってしまうと、

ローンを支払えないオーナーさんが

物件を手放すので

売買価格も下降する予測。

 

■ 供給過多になっている。

2015年に新しくできた住居スペースは、

48,000部屋、

そして、2016年には51,000部屋が

追加供給される予定。

 

■ 需要減少傾向にある。

外国人駐在員数が減少傾向。

(絶対数は減っていないが、

増えていない。

特にEPという労働VISAを

とれるマネージャー以上の人数が

2011年をピークに、

それ以降大きく増加はしていない。)

 

金融やガス、石油関連企業の

リストラにより、シンガポール経済を

楽観視しない傾向が強まっている。

 

外国人駐在員も、コンドミニアムではなく

公共団地を借りる傾向も出てきている。

 

■ 短期賃貸契約の増加

上記の通りのいくつかの理由により、

賃貸料が減少したことに加えて、

賃貸期間が1年未満の短期契約も

増えている。

そのせいで、

オーナーのキャッシュフローが

以前に比べ、不安定になりがち。

(不動産取引件数の増加は、

この短期賃貸契約数の増加にも

起因している。)

 

■ AirBnbの登場

日本でも最近話題の

外国人旅行者向けの民泊のエアビー。

 

シンガポールでも、

長期賃貸契約をしてくれる

テナントさんを見つけられないオーナーさんが、

AirBnbを始めているそうです。

(AirBnbは、シンガポールでも、

法的にはグレーゾーン)

 

とは言え、2016年の今後は、

世界経済が落ち込まない場合は、

シンガポール不動産市場も、

回復すると見ている

市場Watcherが多い。

 

~~~~~~~~~~~~~

以上が記事です。

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

日本の不動産投資ならスルガ銀行!スルガ銀行の正しい使い方徹底解説セミナー
無題1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA