JKT48 (ジャカルタ48)に学ぶ駐在力

皆さま こんにちは!

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

AKB48が日本で大成功して、

海外でもその姉妹グループとして初めて成功したのが、

インドネシアのJKT48でした。

 

その後、SNH48が上海で成功しました。

シンガポールでは、

オーチャードのマンダリンホテルの

一等地の近くに劇場があったのですが、

撤退しました。

 

そして、今年2016年中に、

◆ タイ バンコクにBNK48
◆ フィリイン マニラにMNL48
◆ 台湾 台北にTPE48

が活動開始するそうです。

 

3文字の空港コード(BKK)とは違うけれど、

似ていますね。

これから世界の空港の数だけ

広がりそうですね。

 

JKT48が、

インドネシアのジャカルタで、

現地の人々に相当人気があるらしい」

と聞いたことはあるものの、

実際、どんな感じで活躍しているのか、

ちょっとこちらの動画をご覧ください。

 

 

このJKT48のメンバーは、

ほとんどインドネシア人なのです。

 

ファッションや表情や、

全体的な雰囲気が、

とても日本人アイドル的で、

全員日本人にさえ見えますね。

 

日本人アイドルで

全員JKT48を形成しているのではなく、

現地の女の子に、

Japan KAWAII】要素を入れています。

 

例えば、メンバーサイトで一番最初に出てくる

Ayana ちゃんは、

JKT48オーディション時は、

若くて素朴でういういしいインドネシアの女の子↓ですが、
アヤナちゃん

Japan KAWAII要素を取り入れて↓

アヤナアフター

このような感じ↑に☆彡

 

日本人の2名のメンバーは例えばメンバーサイトでは

このように、列挙された写真に、

さら~っと溶け込んで入っています。

無題1

仲川遥香さんと近野莉菜さんが

JKT48の中の日本人2名ですが、

現地語を話してメンバーたちを指導し、

リードしているということで、

本当に素晴らしいなと思います。

 

このような役割をさら~っとやってこなして、

0を1にもっていくのは、

素晴らしいと思います。

 

言葉を学びコミュニケーションを直にして、

上下関係なく、

「日本のトップアイドルのAKB48」を伝えて

基準値を上げて、夢を掲げて

メンバーを引っ張っているのだと思います。

 

これは、海外展開を考えるときに

形式として当然考えられる組織なのですが、

「当事者として行動できる人材」を探したり、

その環境を整えるのができないことも

多かったりするのではないでしょうか?

 

そういった意味では、

海外駐在員の星のような

素晴らしい働きぶりのJKT48

日本メンバーのお二人だと思います。

ジャカルタではバラエティーにも出ているし、

小さい子もダンスをまねているし、

日本にはCD逆輸入盤があります。↓

 

JKT48は、とても年若く、

チームJの17名のうち、本日現在

16歳のメンバーが2名 ☆彡

17歳 2名、
18歳 4名、
19歳 1名、
20歳 3名、
21歳 2名、
22歳 2名、
24歳 1名、

です。

インドネシアの女の子の若さと、

もともとの華奢なラインが、

AKB48以上にJapan KAWAIIアイドルに

はまっています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

JKT48劇場が入っているショッピングモールは、

fX Sudirmanという名前で、

Plaza Indonesiaや

Mandarin Orientalホテルのある

ゴールデントライアングルから車で15分のところ。

 

とても高いすごいブランドモールというよりは、

ローカルの人気店舗も入ったモールです。

イスラム教徒さんの被るヒシャブや

衣装を売っているお店が、

このモールで一番利益を上げているそうで、

JKT48劇場と同じフロアに

あったりします。

DSC_1947

 

 

Japan KAWAIIが

東南アジアに広がって、

 

かわいい女の子が多くなったら

世界平和に近づきますね。

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA