すしざんまいと、舛添都知事

ビジネス関連ブログ

皆さま、こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

「ますぞえ要一」
と確かひらがなで、
私は投票日に書いたのですが、
今回のすしざんまい
移転に関しての対応は、
ちょっとショックでした。

物事にはいろいろな
いきさつがあると思います。
いろいろ事情もあるのだろうし、
そこを細かく説明しないで、
顔色一つ変えずに言い切って、
話をぶった切るのも、
一つの手ではあるのでしょうか。

それにしても、言う言葉が、
「証拠はあるんですか?
担当者と話した録音テープとか、
そういった証拠はあるんですか?」

ですって。

東大卒業?

なんだか、小学生が
大きな声で喧嘩しているときに
「何年何月何日何時何分何秒に言ったんですか~っ!」
「おまえの母ちゃん、出ベソ~」
とか言っていますけれど。。。
これと同等くらいのびっくりワードです。
録音テープなんか、
ないに決まっているけど、
そんなこと「お役所」の方が言って、
相手をふさぎこむなんて、
「おまえの母ちゃん、出ベソ~」
な小学生より、センスがない。

もうちょっとセンスいいかんじで、
できなかったのかしら。

すしざんまいは、
マレーシアにも、たくさんあって、
ローカルのスタッフさんが、
しゃいませ~!」と迎えてくれて、
お寿司をガラスドアの向こうで握って、
お客様たちもローカルの方ばっかり。

とても浸透しています。

サーモンは、とっても人気で、
マレーシア人もサーモンを食べる前に
「WOOOOOOうううううう~」と、
おいしさに震えながら、
その油の乗った生の魚のおいしさを、
たっぷりのしょうゆと、
たっぷりのわさびを混ぜた液体に
どろどろどっぷり浸して食して、
大変な満足げな顔。

わさびを入れれば入れるほど、
日本食通と思っているみたい。

ドロドロになるまでかき混ぜている。

でも、生のお魚のおいしさを

ローカルの人々は楽しんで、

こんなに混んでいるんですよ。

無題

皆さまもよくご存じだと思いますが、
お寿司は、現地の方に人気のある、
マヨネーズをたくさん使ったものや、
SUSHI以外の一品料理
(例:UDONなどなど)も
品数多くそろえて、
工夫が凝らされて、
成功されていらっしゃいます。

パスタ三昧という系列レストランや、
北海道アイスクリームなどもあり、
がっちりと現地の方の
心を掴んでいます。

日本のすしざんまい
工夫いろいろされていますよね。

ネームタグに、
「○○県出身」とか、
「趣味 ゴルフ」とか書いてあります。

だから、お寿司頼むとき、
あんまりドキドキ怖くありません。

食べる順番を気にしたり、
大将のお顔色を見ながら
いただく必要もなく、
気軽に自由に頼みやすいし、
すしざんまい、だ~いすき!です。

大トロなんか、特に、
すしざんまいの大トロが
最高においしいと思っています。

すしざんまいの大トロが
おいしいせいか、
それとも、木村社長の、
かわいいお顔に、滑舌の悪さが、
人の良さを表して、

ご本人は怒っているのですが、
見ているこちらは、
気分が悪くなったり
不快になったりもしないせいか、
なんだか応援したくなります。

私は、今回の件、

いろいろな意味で、きっと

すしざんまいに「吉」をもたらす、

そんな気が致します。

きっと、

築地市場の小山の大将を

抜ける時がきたのかも。

こちら

こちら

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.