• 金. 9月 24th, 2021

今日は、いつも頑張るシンガポール
今月(2021年5月)に発表した、
新しい目標、
シンガポール グリーン プラン2030
(短縮してグリーンプラン)が具体的なので、
その内容をここに列挙していきますね。

地球環境問題の関連用語が学べたり
目標に対してどのように取組むか
個人単位でも勉強になったので要訳しますね。
※カタカナ英語のところは環境問題の
関連用語で日本でも使われているので、
そのままにしておきますね。

◆私たちの国の信念
法律と人種の調和
重んじる
公平な実力社会

建国50年以上がたつが、
大事なことは、

サステナブル(持続可能な社会)の開発」です。

◆世界的な季節変動で
海面上昇が起こっている中、

低地の島国のシンガポールにとっては
特に脅威です。

シンガポールはガーデンシティで
世界でも最も自然に配慮した国です。
国の3分の1が木に覆われています。

◆高温多湿なので病気が増えないように
公衆衛生を重んじ都市環境を整えてきました。

水は、すでに、すべて一滴も無駄にせず再利用しています。

何年も前から、石炭火力発電はやめています。
化石燃料に助成金を出さず、
CO2排出に課税しています。

◆こういった環境問題への
10年スパンでの取組みを

シンガポールグリーンプランとして
今後、強化します。

シンガポール728 square KMの小国で、
その小さい面積の中で防衛、産業、住宅と
重要インフラを供給しなくてはいけないです。
大きな国には、天然資源や大きな土地や、
気象条件がそろっていて
資源の再利用していけますが、
シンガポールのような小国は
制限があります。
それ故、大国と同じように、
CO2排出ゼロを宣誓するのは非常に難しいです。

◆でも私たちは、過去にも、こういった
国家的な挑戦に取組んできました。
今回も制限を
戦略的な機会に変えて
テクノロジーのパイオニアになって
サステナブル(持続可能な社会)の開発
の為の政策をとっていきます。

◆私たちは同じ問題に直面している
世界の他の都市のアイデアを参考にして、
生ける実験室となりえます。

◆私たちのいくつもの行動の結果によって、
CO2排出量の宣誓をレビューしながら、
調整しながら、
CO2排出ゼロ
できる限り早く達成しましょう。

自然公園を50%増やして
200ヘクタールにする。

◆すべての家庭から
徒歩10分以内に

 公園がある状態にする。
木を100万本増やし、
 78,000トンのCO2を減らす。

◆緑が増えることによって
野生動物
人が衝突する可能性も出ますが、
NGOと協力して共生していきます。

リサイクル率を高めた循環経済で

CO2排出ゼロを目指す。

水はリサイクル水だけになっています。

同じように、ゴミを宝に変えます。
焼却されたゴミを新しい砂に変えて
建設に使います。

ゴミ分別を改善し汚染を減らし、
2030年までにシンガポール
リサイクル能力を築き上げます。

◆埋立地に送られる廃棄物を
 2030年までに30%削減します。

◆その為に2026年までの5年間
 20%を削減する目標にします。

2030年までにMRT
ロンドンや
ニューヨークなどの
大都市と
同程度に網羅します。

新しいコンセプトの都市
(例えばTengah地区)を開発し、 
初めて車のない
公共団地タウンセンター
にします。
道路を地下に通して、
地上は公共交通機関、アクティビティ、
緑地の為に解放します。

◆ウォーキングやサイクリングや
アクティブモビィリティを推進します。
サイクリングネットワークを拡大します。
 (2030年までに1,320KM)

道路を再編成して可能な限り
歩道
増やします。

◆これらによって、移動に占める、
バスとMRT(地下鉄)の
公共交通での
割合64%を、
2030年までに
75%
までに増やします。

◆このような環境に優しい習慣を
社会に根付かせるのには時間がかかる為、
若い時から学校で教え込みます。
エコ管理責任プログラムを、
小学校から高校まで導入します。
そのプログラムを通して、
学校からの
CO2排出を
大幅に削減します。

2030年までにいくつかの学校は
炭素中立(カーボンニュートラル)
にします。

◆ジュロンレイク地区の
新サイエンスセンターを
これらの教育目的に使います。
どのようにCO2排出削減をするのか、
学生が学ぶことができるようにします。 

◆これらの責任ある決定を下し、
家族や友達への波及効果を作ることは、
カリキュラムの重要な部分として、
サステナビリティ(持続可能な社会)
行動教育において
私たちの価値観の範囲を広げます。 

◆すべての学生に
命とサステナビリティについて

理解してほしいと思っています。

シンガポールの地理的な制約によって、
再生可能なエネルギー手段は限られます。
水力発電ができるほどの
大きな川は
ありません。
太陽光発電風力発電ができるほどの
土地や海の面積もありません。
これらよりももっと、
エネルギー効率が良く環境にいい、
エネルギーを使うように努力します。

化石燃料の中でもっとも環境的に
クリーンな天然ガス
移行しました。

太陽エネルギー開発
2025年までに
4倍にします。
そのために、
HDB(公共団地)の屋上に

ソーラーパネルを設置中です。

2030年までに、
太陽光エネルギー

現在の5倍になります。


◆アジア地区から電気や水素を輸入して
グリーンエネルギーを取込みます。

◆水の研究・開発をして、

海水を)淡水にするために
必要なエネルギーを
半分にします。

◆今年2021年中に、
貯水池に浮かせた
ソーラーパネルにより
国内の水道はすべて、

太陽光エネルギーで動きます。

◆Tuas Nexus地区などのゴミ処理場で
消費するよりも、
より多くのエネルギーを
生成します。

すでに世界最大のバイオディーゼルの
プラントを設置しました。
それをさらに拡大予定です。

航空のハブであり海路のハブである
シンガポール国際的な2つのゴール
満たすために活動的で重要な役割を
果たしていきます。

   航空面では、燃料効率を
 2021年から2050年まで
 毎年2%ずつ改善していきます。
 2020年からのカーボンニュートラル
 同様に増加させます。
 
 海運については、国際運送時の

 温室効果ガス排出を、
 2050年までに、
  2008年比で、
 最低でも50%減にします。

2030年までに
 HDB(公共団地)タウン
使われる
 エネルギーを15%減らします。

   よりよいLED光
  太陽光エネルギー

 大幅に使うことで、これを達成します。

◆公共団地だけではなく、すべてのビルで
2030年までに
80%をグリーン化します。

ジュロンレイク地区のような
エコ フレンドリーな地区を、
デモ プロジェクトで作って拡大します。

シンガポールの都市環境は
電気自動車、EVが走る理想都市です。

◆私たちは2040年のビジョンを
宣言しました。

 内燃機関エンジン
(ガソリンやディーゼル)車は
廃止します。
 すべての車がクリーンなエネルギーで
 走ります。
 
そのために、2030年からは、

クリーンエネルギーの車だけ
登録許可ができることになります。
電気自動車の充電ポイントを
2030年までに、
現在の28,000箇所から

60,000箇所に増やします。
   このインフラ整備のために、
 民間部門の
能力を引き出します。
 車税も変えてEVの購入や維持が
 容易になるようにします。

◆これらのすべての努力(産業、
住居、商業施設、民間の移動手段)
によりエネルギー消費量を年間で、
800メガワットアワー以上、
減らします。

◆これが各世帯で2030年までに
使うエネルギーとなり、国内での
温室効果ガス排出を、2030年までに
年間で、300万トン減らします。

サステナビリティは重要度を増し、
消費者動向も
サステナブルな製品やサービスに

向いてきています。

これはいいことで、
新しい成長機会
雇用創出を作ります。

私たちは炭素と燃料効率の面で、
1番となることで、
新しい投資となる道を探しています。 

◆私たちは、2019年に幅広い炭素税
導入しました。
その税を、企業が温室効果ガス
削減するための価値あるプロジェクトに
投資しています。

◆政府は、特に中小企業向けの
新しい、
企業サステナビィリティ プログラム
これから導入します。

◆私たちは炭素の取引とサービスの、
進んだハブになります。 
これは何十億ドルにもなるプロジェクトです。
新しくて多様な雇用を生み出し、
アジアや全世界における
グリーン投資

リーディング センターになることが
私たちのビジョンです。

◆研究、技術革新、2025年企業計画の下で
国内で成長した技術革新により、
シンガポールで研究開発する企業を
惹き付け、アジアや世界中に、
サステナビリティの新しい解決法を
開発します。

◆これは、
炭素回収利用低炭素水素の貯蔵などの
脱炭素技術と、
エネルギー効率強化の解決法と

サーキュラーエコノミー
を含みます。

ジュロンアイランドはこのモデル地区で、
サステナブルなエネルギーと
科学公園に変わります。

海面上昇については、
新しい解決方法を開発し、
海岸線について研究中です。
海岸線を守るために防御するものを
East Coast, Lim Chu Kang,
Sungei Kadut, Jurong Island
に沿って配置します。

◆赤道から緯度1度のシンガポールは、
常に高温多湿です。
ですが、温度を上げたくありません。
都会の熱は私たちの周りにあります。
例えば、エアコンの後ろに立って
感じる熱などです。
緑を増やし、ビルのファサードに
涼しい塗料を使うことで、
熱の上昇を和らげることができます。

◆国内での食糧生産を増やします。

30x30 目標」を宣言しました。
2030年までに必要な栄養の30%
国内生産します。

その為に、活気のあるアグリフード業界
コミュニティと提携します。

グリーンプランは、国を通じて
シンガポール人同士関わりあう
生きた進化するプランです。
たくさんのアイデアを利用して、
行動に移していきます。

◆私たち一人一人全員が参加し
シンガポールが変貌する時を
つかみましょう。

1965年にシンガポールが独立国家になって

まもなく、
リー・クアン・ユー元首相は
言いました。

100年前、ここは干潟、沼地だった。
現在、近代都市になった。
10年後には大都市になるだろう。
怖じ気づくな。」と。

そして干潟は大都市になりました。
私たちはこの大都市を
世界的なサステナビリティ都市に
変貌させていきます。

私たちのグリーンの輝きは
世界と次世代を動かします。 
明るい緑の多い将来に向かって
一緒に進みましょう。

スポンサードリンク

~~~~~~~~~~~~~~~

言葉の強さや語呂で遊んだ、
プレゼン目的のプレゼンではなく、
現実的な具体策が並び、
最初と最後に本当にわずかだけ
短めに歴史を振り返って
国民を鼓舞していますね。

 

こちら

こちら

ご依頼やお問合せは
メールのinfo@shiomi.asiaで、
お気軽に。




 


 
  

スポンサードリンク


   


 

 

 

 

 




 

 
 
 


 
 
 





 

 

スポンサードリンク

jumpinghorse

大卒後新卒でシンガポール航空のCAになったのがきっかけでその後12年間シンガポールに居住しました。現在は月の半分海外、半分東京に。Facebook⇒ https://www.facebook.com/shiomi.yuki   インスタ yuki.shiomi 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.