• 土. 9月 25th, 2021

皆さま こんにちは。

東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

1月にマレーシアのランカウイ島に行きました。

前回のクアラルンプールツアーに

ご参加いただきましたお客様も含めて

複数名でご一緒に参りました。

アジアのリゾート地として、有名でご存知の方も

大変多いと存じますが、書かせていただきますね。

ランカウイは、

細長いマレー半島の東側。

スポンサードリンク

首都のクアラルンプールの北西です。↓

成田空港にいつもの午前11時台のJAL

クアラルンプール(以下KL)便で、

KLに行くまでに7時間です。

KLトランジットをして、1時間でランカウイに着き、

ホテルに着いたのは午後10時でした。

【夜のホテルロビー】

DSC_1533

【朝になったら・・・】

DSC_1542
ブッフェラウンジ
DSC_1547
ロビーラウンジ
DSC_1549
ロビーバルコニーのモーニングサン

今回のホテルはシェラトン系列の

Century Langkawi Beach Resortです。

敷地が広くて、コッテージ風のお部屋からフロントまで

スポンサードリンク

カート移動します。

お部屋も木のメゾネットタイプで、

古いけれど趣があって素敵に感じました。

ランカウイは夜は街灯も少なめで、

11時すぎになるとお店も閉まっていて、

ホテルのレストランも閉まっていて、

道路沿いのフードコート的なところで、

ナシレマ的なもの↓

無題1

は、販売されていました。

ただ、慣れないうちは、

夜11時すぎのお食事は、

準備しておいた方がいいかもしれないですね。

タクシーは、ホテルアレンジの運転手さんでも、

道を知らない方もいらっしゃる様子でした。

ですので、機転がききそうな、

気の合うタクシーの運転手さんがいたら、

その方のコンタクトを聞いて、

1日ブックして回ってもらうのがおすすめです。

(1日ブックして、約1万円程でした。)

ホテルのプールです。

DSC_1757

こんな風景を自分のスマホで撮れました。

プールの先に、広大な海が広がり、

リゾートムードは100点でした。

日本人の方にはここではお会いしませんでした。

欧米の方々が多かったです。

プールの水に浸りながらバーで飲んでいたら、

最高のホリデーですね。

DSC_1750

もしもファミリーなど年齢層や趣味の違う方々で

お過ごしであれば、

疲れたチームはホテル敷地内でゆっくりして、

活動チームは街や近隣の島に出かけて、

夜、合流してもいいですね。

2016年4月には、ランカウイ島に
St.Regisもできるそうで、
楽しみですね。

DSC_1746

では、続きをまた明日、書かせていただきます。

こちら

こちら

スポンサードリンク

jumpinghorse

大卒後新卒でシンガポール航空のCAになったのがきっかけでその後12年間シンガポールに居住しました。現在は月の半分海外、半分東京に。Facebook⇒ https://www.facebook.com/shiomi.yuki   インスタ yuki.shiomi 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.