承認欲求を満たそう!

皆さま、こんにちは。
東南アジアコンサルタントの塩見有輝です。

今日は、
SNS時代の承認欲求」について
書きたいと思います。

ネットを開くと、毎日毎日
何億人もの男性も女性も
様々なアピールをしています。
それから、逆に、
そういう「承認欲求が強い振舞い
に対して
批判コメントもたくさんあります。
嫌悪感を抱く方が多いです。

そして、どちらかというと
承認欲求が強い人
≒ 人間的に未熟な人」であり、
慎ましやかにしているのが大人、
という論調が、
日本では常識的にあるように
感じます。

私は、それに対して、
少し違うなと思うことがあります。

承認欲求をコントロールして、
冷静なポーズを取りながらも
実は心の中で「私に気づいて!」
と相手に望み続けているならば、
そういうマインドの方が、
不健全ではないかな、
と思います。

 

ところで、皆さまは、
仕事をしているとき、
どんな気持ちでしていますか?

自分でお仕事している方も、
会社で働いている方も、
何のために働いていますか?

大事な家族の為に
収入を上げるためですか?

 

私は、あの人に
ほめられたいとか、
まわりのみんなに、
「すごい!さすが塩見さん!」
と思われたい、
と思って働いていました。

 

でも、そう思うのは、
そんなに、
いけないことなのでしょうか?

「塩見さんはほめられたくて
頑張っているんでしょ?」

ずっと昔、人にそう言われた時、
やけに悲しく感じたことがあります。

 

それはまさしく図星でした。

私の場合はこの仕事をしたら
収入が上がりそうで燃える、
というのではなくて

認められたい、

認められたい、

そういう思いがあって
私は今まで頑張ってきました。

そう思う気落ちは、
「家族の為に頑張りたい」という気持ちより、
尊さレベルが低いのでしょうか?

その時は人に図星でそういわれて
それが自我の強い未熟人間だと
そう言われているようで、
なぜか悲しく感じましたが
今は、違います。

「その通りです。」と
堂々と答えたいと思います。

そして

「じゃあ、あなたは、
何のために
一生懸命働いているの?」と
聞きたいです。

「お金のためですか?」

 

 

SNSの場面ではどうでしょう。

若い女子は
数千円払ってホテルの夜プールに行って
水着写真を撮る。

熟女チームはドレスを着て
美魔女を気取る。

スマホの加工処理技術は、

日に日にすごくなっていって、

お下劣な表現を使うなら、

SNSは、まるで

田舎の風俗店」!

みたいになっています。

(実物と全然違うんだもん。)

そういうちょっとした滑稽さに、
気が付かずに100%楽しんでいる人、
滑稽さに気づきながらやっている人、
滑稽で馬鹿馬鹿しくてしていない人、

そういう方はそのままでいいと思います。

でも、

自分の中にも承認欲求があるけれど、
それは認めずに、
慎ましやかにしながら、
私に気が付いて!」という
「察してゲーム」をしているのなら
それこそ、不健康ではないでしょうか?

潜在的に欲求があるなら
自分の満たしたい方法で
満たせばいいと思います。

それに、
だんだんステージが上がっていくと
自然に、
気持ちが変わっていきます。

例えばSNSでこんなことを
以前の自分が投稿していたなんて
すっごく恥ずかしいかったな!
と感じたりするようになってきます。

仕事面でも、
いろいろな立場を経験するにつれ、
承認欲求の強さが
タチの悪さだと気が付いてきます。

人が離れていくとき、
自分のことばっかりの意識だったと
振り返ったり、

認められたくて頑張る方向が、
考え方が偏屈すぎたり、
狭すぎたりしているせいで、
かんちがいして、
全然、求められていなかった
とんちんかんな方向だったりすると
たちが悪かったな
と、反省したりします。

また、
社長様方の中には、
ホームページの自分の名前を
あえて画像処理して、
その方のお名前でネット検索しても
何も出てこないようにしているんだ、
と教えてくださった方もいます。

だんだんとステージが上がっていくと、
自然に、
その時にとっての無駄な場所で
自分をアピールしなくなっていくようですね。

でも、
自分にまだ
承認欲求があるうちは、
それを満たしていくのが
いいと思います。

漠然とした、
自分のスキルアップのために頑張る
という気持ちの強さよりも、
「ほめられたい!」
「認められたい!」
そんな気持ちが
あなたに10倍のエネルギーを
くれるはずです。

 

 

↓ 応援クリック頂けたら嬉しいです。 ↓
にほんブログ村 経営ブログ 海外進出支援・海外支援へ
にほんブログ村

こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA