海外オンチひつじの日本人

タイトルを見て、
出た出た、海外かぶれの人、
出た出た、海外自慢の人、
はいはい、旅行好きなリア充自慢の人、

そんな風に思わずに聞いていただきたい。

日本人が海外ネタに
弱すぎているので、
しっかりしてほしいのです。

 

私が最初にショックを受けたのは、
3年前、
HSBC銀行の口座を持っている人と話した時だ。

OOOOOOMGOMGOMGOOOOD

「有輝ちゃん、英語得意やろ。
これ訳して~。」

そのずっと年上の中小企業の社長さんは
都合よく、私を自動翻訳機のように使う。

そしてHSBCからの手紙の写メが
ラインで送られてきた。

”Your account has been closed.”

「あなたの口座は閉鎖されたって書いてあるよ」

「え、なんでや?」

「なんでって、
絶対に閉鎖の前に何か連絡きてるはずだよ

「おお、来とった、来とった、英語でわからんわ」

「取引しないで放っておいたからだよ。
連絡もしなかったからだよ。
もう閉鎖しちゃったって。

そもそも、

なんでHSBC口座開設したの?
脱税?

「いや、セミナー行ったら、
お金持ちはみんな、持ってるっちゅうから」

「え~。何その理由。それいくらかかったの?」

25万くらいやったかな。」

OOOOOOMGOMGOMGOOOOD

口座開設に25万円かけて
その後、何も利用せずに閉鎖。

人によっては、閉鎖をするために
10万円の手数料を
再度、日本語の外部サイトに払って!
閉鎖手続きしてる。

ねえ、みんなしっかりしようよ。
何をしているの?

外貨という言葉にほんとに弱いんだから。

口座には外貨で10万円分入れて、
利息が日本よりいいからって
ちょくちょく残高チェックしていたり。
そんなに急に利息なんか1円も付いていないのに。

HSBC銀行は実在するから、
まだ、とてもまともな案件だけれど、
マイナーグレーすぎる場合も、
実在しない案件もある。

 

まるで狂った羊の群れだ。

羊の脳を熟知した羊飼いに
笛を吹かれて
自ら喜んでジンギスカンになりにいく。

海外オンチを直して、
もうちょっとしっかりしませんか?
目を覚ましてほしいセミナーをします。

9月30日(日)に

有楽町にいらしてください。

無料のご予約はこちら→http://www.sunward-t.co.jp/seminar/2018/09/30_ek/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA