シンガポールのSARS対策はどうだったか?新型コロナウィルス対策の参考になるか?

ビジネス関連ブログ

2002年11月に香港から始まった
SARS⁽サース⁾は、
終結宣言が出た2003年7月迄
世界32か国で8096人に感染し、
774人を死亡させました。

シンガポールの例を見ますと、
2003年3月に感染者が出て、
それから238名が感染し
2003年7月までに
33名死亡しました。

今日は、
シンガポールの政府が
SARSとどのように闘ったか

を書こうと思います。

SARSも数か月で終結したように
今年2020年の、
新型コロナウィルス

猛威を振るうのは
数か月かと思いますが、
その間は、
体力が落ちている場合なら
海外旅行は避けたいですね。


現在、複数の航空会社で、
キャンセル料なしで、

フライトをキャンセルできます。

例)
キャセイパシフィック航空
通常はキャンセルした場合、
キャンセル料は4万円と
決まっているチケット 

コロナウィルス猛威の為、
無料でキャンセル可能

*航空会社によって違いがあります。
*予約した旅行代理店か航空会社に
電話で確認してみてください。
*ネットに例えば
「〇月〇日までに
キャンセルする場合は無料」
と書いてあっても、
その日付を過ぎていても、
状況がアップデイトされて

キャンセル料無料の場合も
あるので随時確認して下さい。

*中国(香港-マカオも含む)
発着路線は、
キャンセル料なし
が多い。

ホテルに関しても、
通常規定と関係なく、
キャンセル料なしでの
事前キャンセル
を、
ハイアット初め
各ホテルが対応中
ですので、
確認してみてください。

2003年のシンガポールは、
SARSがあった5か月間弱、
シンガポールの国民は団結し、
SARSと闘う姿
がTVで流れました。



随時、何が起こっているか、
それに対して
政府がどんな対策をしているか、
情報が開示されていて
国民はパニックにならず、
お互いに励ましあっていました。



感染者が出た公共団地のブロックは
一時的に即座にブロックされて
テープが貼られて出入り禁止に
なってしまったりしましたが、
中の人(SARS患者でない人)も
騒ぎまくることもなく、
周りの人も、「頑張れ!」と
外から声をかけたりしていました。

最初の感染者が出てから、
タントクセン ホスピタルを
SARS患者専用に指定。

学校閉鎖(10日間)
学校に消毒材散布
卸売青果市場の閉鎖
空港と港から降りてくる乗客全員を温度スキャナーで体温チェック



アーミー(軍人)は1日2回体温チェック


タクシーとバス運転手も1日2回体温測定して、高体温でなかったことをステッカーで表示
フードセンターの屋台で働く人に体温計が配られ、1日2回測定が義務付けられる。環境省スタッフが抜き打ち検査をして、測定していない場合は、ライセンス停止される。
全家庭に「一緒にSARSと闘おう!」という冊子が配られる。英語、中国語、マレー語、タミール語で書かれて、全国民が良く理解できるようにされている。
1日2回、体温測定をするなど、自分と家族をどのようにSARSから守るかの教育冊子。


学校で体温計と測定記録ノートを配布。1日体温2回測定


感染者が出たら、その人の行動履歴をチェックし、そこで関わった人は、発症していなくても10日間の自宅待機。
⇒ウェブカメラを自宅に設置されて、ウェブカメラで監視される。
発症して、治癒しても、その後14日間は、自宅待機でウェブカメラで監視される。
一部の例外を除き、基本的に病院への、お見舞い禁止。

などを実施しました。
SARS患者の看病にあたる、
医療関係者に対しては、
国民が、感謝の意を
様々な形で表していました。

紙いっぱいに医療従事者へ書かれた感謝の気持ち

この2003年のSARSの経験を活かし、
2020年新型コロナウィルスでは、
シンガポールはパニックならずに、
国民が自衛できるように、
各省庁とメディアが動いています。

シンガポールは2020年1月28日から
武漢のある湖北省に、
14日間以内に滞在した人の入国とトランジット禁止
湖北省が発行したパスポート保持者の入国とトランジット禁止
を実施開始しました。

これに違反すると罰則があり、
*10,000シンガポールドル(約80万円)の罰金
*6か月の刑務所入り

があります。

新型コロナウィルスの感染者が出た
セントーサ島のホテルでは、
そのお部屋をお掃除したスタッフも
症状はなくてもすぐに隔離されています。

シンガポールでも、
マスクを入手するのに行列ができ
夜の10時まで行列が絶えず、
2020年1月29日現在、
マスクは咳やくしゃみにより
菌を人にうつさない為のもの。
咳とくしゃみの症状がない人は
マスクする必要なし。
という医師のメッセージを
TVで流しています。

また、新型コロナウィルスは、
現在(2020/1/29)の段階では
SARSよりも現在は感染力が弱いと
シンガポールでも発表されました。
が、毎日状況が変わるので
この見解が変わる可能性もあるとも
付け加えられています。

武漢のシンガポール人の
武漢脱出
については
2020/1/29現在は
中国政府と検討中とのことで
予定日は決定していませんでした。

日本は武漢の日本人を
すでにチャーター便で
帰国させていて、

その部分は
シンガポールより速く、
ありがたいと感じました。

※上記写真 TBSニュースより引用

ご質問はメールのinfo@shiomi.asiaか、
こちらのライン@で  お気軽に。

 

こちら

こちら

コメント

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.